« 兄弟での飲み会と隣のしの図書館 | トップページ | 外付けのハードディスクが故障した »

2013年10月11日 (金)

カセットデッキの保守作業

2013-10-11(金)未明に雨、晴れ、のち曇り、のち晴れ

 カセットデッキの手入れをしました。

 LPレコードのデジタル化を行っていましたが、カセットテープに録音してあるものもデジタル化したいものがあります。LPとかCDでの入手などが難しいものです。カセットテープを入れて再生させ、直接SDカードやUSBメモリに録音する機器(それほど高くない機器)も入手してあったのですが、出力がmp3ファイルだけでした。CD化もしておくことを考えるとWAVファイルにしたいと考えました。で、ステレオのカセットデッキと、先日から使っているデジタル録音機を使うことにしました。
 ところが、カセットデッキが若干不調です。再生中にノイズが出るのです。どうも、テープ種類とかノイズリダクションの種類を検知するスイッチの接触不良で不安定になっているようでした。(全面の表示がちかちか、フラフラと変化しています。)

 ということで、カバーをはずして手入れに挑戦してみました。

Dsc03850a

 カバーをはずしてみると、中はガラガラですね。基板が一枚と、右の上の方に、全面パネルにくっつくようにしてメカ部分があります。モーターがふたつ(キャプスタンドライブ用とテープ巻き取りや早回し用)とヘッドだけみたいな感じです。他のコンポと大きさを合わせるためもあるから、ガラガラでも、この大きさにしてあるのですね。

Dsc03851a

 カセットテープケースの切り欠き部分が切り欠いてあるか無いかで検知するのは、上側に付いている銅色のベロみたいなところで行います。これがスイッチになっています。このスイッチの接点部分が酸化などで接触が不安定になるようです。

Dsc03852a

 スイッチの接点間に、付箋紙のようなざらざらした紙を細く切った物を挟んで、紙を動かして接点を磨きました。何か、昔のコンピュータ周辺機器のリレーの接点を磨いたことを思い出しました。

 何回か繰り返して磨いてからテープを再生してみたら、大分調子が良くなったようです。これで、カセットテープの音楽のデジタルファイル化、CD化の準備が出来ました。

 それにしても、このカセットデッキも「ん十年」前のものですが、メカ部分や基板部分は何の問題もなく動いています。

|

« 兄弟での飲み会と隣のしの図書館 | トップページ | 外付けのハードディスクが故障した »

オーディオ」カテゴリの記事

故障、修理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58364072

この記事へのトラックバック一覧です: カセットデッキの保守作業:

« 兄弟での飲み会と隣のしの図書館 | トップページ | 外付けのハードディスクが故障した »