« 林檎の新ものが出はじめた。 | トップページ | 二回目の東京オリンピックと原子力発電所事故と »

2013年9月11日 (水)

タイムトラベルものはロマンスが似合う

2013-09-11(水)未明に小雨、曇り/晴れ、夕方いちじ雨がぱらついた

 暫く前に、SF短編集「たんぽぽ娘」を買いました。「本(たんぽぽ娘)を買った」 「たんぽぽ娘」はタイムトラベルものとか時間ものに区分されるようです。実は、まだ「たんぽぽ娘」を読み終わっていません。買うと安心して読まないというか、或いは読んでしまうのが勿体なくて、なかなか読まないというのか、言い訳は沢山ありますが読んでないのは事実です(汗)。持っていれば、いつでも読めるという安心感があり、持っていないのを優先してしまいます(これも言い訳)。

 ということで、、SF短編集を図書館で借りて読んでいます。時間もの/タイムトラベルものというと、一時期、タイムパラドックスものが流行ったというか、沢山書かれた時代があったと思います。ミステリで言うところの密室殺人もので、密室トリックを考え出すのが流行ったのと同じでしょうか。
 ただ、こういうトリック、ロジックに力が入ると、そちらを巧みに書くことに気を取られて、小説として面白いかどうかは難しいときもあります。

 そういう意味で、時間もの、タイムトラベルものにはロマンスが似合うようです。さきのたんぽぽ娘もその範疇でしょう。本家のH・G・ウエルズのタイムマシン?だって、難しい理屈は、あまり出てこなかったような気がします。冒険と、少しロマンスの香りがちりばめられていたような気がします。

Tokinomusume 「時の娘」ロマンチック時間SF傑作選

Tokiwoikiru 「時を生きる種族」ファンタスティック時間SF傑作編

 上記どちらにも、ロバートFヤング(たんぽぽ娘の作者)の短編が入っていますが、どちらもロマンスがメインに入っていて、しかも難しい局面を乗り越えてロマンスが成就するのが、安心して読めます。

 そんな、最近の読書傾向です。

|

« 林檎の新ものが出はじめた。 | トップページ | 二回目の東京オリンピックと原子力発電所事故と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58176963

この記事へのトラックバック一覧です: タイムトラベルものはロマンスが似合う:

« 林檎の新ものが出はじめた。 | トップページ | 二回目の東京オリンピックと原子力発電所事故と »