« 二回目の東京オリンピックと原子力発電所事故と | トップページ | 藻が増えて、夏の賑わい、夢の跡 »

2013年9月13日 (金)

太陽光発電で原子力発電がなくせるか

2013-09013(金)晴れ

 昨日、原子力発電所のことに触れたので、その続きで、一つの感想を、、。買い物に出たときに通る道で見かける看板があるのですが、それを見る度に思い出します。

 (まあ、それほど知識もない個人の感想なので、独断と知識不足に彩られ、間違いの多い感想かもしれませんが。)

Dscn1065a

 太陽光発電システムの広告です。原発ゼロへ、と書いてあるのですが、太陽光発電を増やすと、原子力発電がなくせるのでしょうか。直接的には無理なような気がします。回り回っては、減らせるのかもしれませんが、、(風がふくと桶やが儲かる、、的に ← もう少し短いつながりかもしれませんが 注1)。

 太陽光発電が増えれば、火力発電の燃料節減にはなります。しかし、発電所(火力、または原子力の)そのものは減らせないと思います。なぜなら、太陽光発電は、人的に制御できないからです。発電を増やしたくても、夜になれば発電量は減るからです。その時には、火力、または原子力の発電所が余分に活躍するわけです。
 原子力を減らして火力にしておき、増えた燃料費を太陽光発電で節減する、、という形なら、上記注1の形になって、原子力を減らせるとは思いますが。でも、使用電力を減らさない限り、現在の「火力+原子力」の量の発電所は減らせないように思います。

 あと、太陽光とか風力の発電量が、現在の原子力発電と同じくらい、、全電力の20とか30%になってきたら、電力システムの安定性の面でどうなるのか、心配な面もあります。天候、気象に左右されるとすると、狭い日本の中に配置されたものでは、比較的一度に同じ条件が来るからです。例えば、全世界にちりばめてあれば別ですが、日本内であれば、夜は同じ時に来ますから。

 まあ、専門家が考えてくれていると思うので、門外漢が口を出す話でもないかもしれません。でも、原子力発電所だって、あれだけの専門家とお金をかけて作ったにしてはお粗末なことになっていますし、怖いと思う気持ちは重要なのかも知れません。

 そんなことを思いながら歩いています。

|

« 二回目の東京オリンピックと原子力発電所事故と | トップページ | 藻が増えて、夏の賑わい、夢の跡 »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58185713

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電で原子力発電がなくせるか:

« 二回目の東京オリンピックと原子力発電所事故と | トップページ | 藻が増えて、夏の賑わい、夢の跡 »