« 明日はドック健診 | トップページ | 明日は FHPPC オフ会 »

2013年9月 5日 (木)

Nokiaの携帯電話事業がマイクロソフトに売却される

2013-09-05(木)未明は激しい雷雨、朝からは小雨/曇り/晴れ

 新聞とかWEBで、題記のニュースが流れ、ブログや某巨大掲示板などでも話題になっています。Nokia携帯電話好きとしては、ショックではありますね。いつ頃からか、そういう話題はあったので、突然感はありませんが、携帯電話では巨人といわれたNokiaも変わったものだという感想はあります。事業的な話とか、今後のNokiaの(マイクロソフトの)携帯電話が、どの様なものになっていくかは、私には分かりませんが、、。

 さて、個人的に言うと、ショックとはいうものの現状での売却劇は、それほどのショックではありません。何故かというと、Nokiaの携帯電話がWindows Phoneに変わったときから、あまり欲しい携帯電話では無くなったからです。多分、3Gで使える間は、今までに買った携帯電話を使い続けていくと思います。持っている台数を考えると、時間的(今後の期間的)な話だけで言えば、今後買う必要はないくらいです(携帯電話システムが変わって使えなくなれば、どうしようもないですが)。

 欲しいと思えない理由は、いくつかありますが、、

 第1は、現在使っている使い方(自分で用意したアプリも含めて)を、ゼロから再構築するのは面倒だからです。
 第2は、最近の携帯電話が、殆どアイフォーンタイプ(大きな液晶、キーボード無し)で、同じようなデザインしかないからです。私はキーボード付きが、かなり好きです。

 こういうと、古いものにこだわるお年寄り、ということになってしまうのですが、逆に言うと、今まででも充分な機能になっていて、新たな機能とか使い方なんて現状ではプラスされていないともいえます。メーカーは目先のデザインとか、CPU性能をうたって買い換えを期待しているわけですが、、。

 今日の新聞記事を見ながら、そんなことを考えました。まあ、独断と何とかに満ちた見方かもしれませんが、、。

|

« 明日はドック健診 | トップページ | 明日は FHPPC オフ会 »

ニュース」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

自分もショック少なくて驚きましたね。
Symbianを止めた時はかなりしんどかったですが、今回はある意味既定路線だからでしょうか。
プレイヤーとしてのNokiaはいなくなりますが、当時のNokiaが見ていた未来にやっと周りが追いついてきた感じはします。
#アイフォーンタイプが増えるのと同時に、日本的ビジネスモデル(補助金&契約縛り)がますます幅を利かせるようになってしまったのが残念ですw

投稿: あやまどり | 2013年9月 5日 (木) 22時53分

そうですね。私も、Symbianを止めた時のショックの方が大きいです。
#最近の携帯電話が欲しくもないことや、キャリアの契約のわかりにくさから、キャリアの契約を弄る(機種変も含めて)気はなくなってしまいました。最低限の通話契約のみ、データ通信はデータ専用SIM、という形です。
SBM 2回線の「契約時の機種」は、いまだに705NKとX02NKのままです。

投稿: masa | 2013年9月 6日 (金) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58134417

この記事へのトラックバック一覧です: Nokiaの携帯電話事業がマイクロソフトに売却される:

« 明日はドック健診 | トップページ | 明日は FHPPC オフ会 »