« HP200LXを、新たに入手した | トップページ | ギターの弦を交換した »

2013年6月28日 (金)

市立図書館と公民館図書室

2013-07-28(金)晴れ/曇り

 当市の市立図書館の蔵書は、市立図書館と各地域の公民館図書室に配置されています。そして、公民館図書室に配置された図書は一定期間毎に入れ換えられているようです。それら全ての本は、図書館の蔵書検索システムで検索できて、おいてある場所も分かりますし、どこの場所(図書館、公民館図書室)からでも借りることが出来ます。だから、どこから利用しても(或いは、どこへ行っても)同じだと思っていました。

 ところが、先日、そうではないことが分かりました。面白い事が分かったのです。それは、貸し出しの予約をしている本で知ったことです。
 あるとき図書館の蔵書検索システムで予約した本は、当初36人目くらいでした。10ヶ月経って16番目くらいになりました(注1)。で、別の本を見るため公民館図書室に行ったら、その本が棚にあるのです。あれ?私も予約しているのに、なぜ棚にあるの?と思って聞いたら、公民館図書室独自の図書室文庫なのだそうです。その地域の人の希望が多い本ということで、その図書室に置くために、その地域の方から寄贈された本は、しばらく、そこの図書室文庫に置くらしいのです。(注2)  もちろん、そこに行って借りれば、誰でも借りられますが、、。

 ということで、予約順位16番目だった本を借りることができ、その次の予約順位15番目くらいだった本も、その図書室の予約順位2番目で予約できました。公民館図書室も、その地域の人のために努力しているのだなあ、と思いました。また、実地に足を運んでみることも大事だなあと思ったのでした。

注1:本の貸し出しは2週間までです(次の予約があると延長できない)。転送の時間とか、次の予約者が取りに来るまでの日にちもあるから、平均1.5~2週間/人とすると、20人減るには30~40週かかります。

注2:図書館に寄贈すると、蔵書にするものは直ぐにシステムに登録されますから、システムで検索することができます。図書室文庫は、図書室で個別に管理されているようです。どこの公民館図書室にもあるのかどうかは不明ですが、、。
 
 

|

« HP200LXを、新たに入手した | トップページ | ギターの弦を交換した »

一般」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/57683854

この記事へのトラックバック一覧です: 市立図書館と公民館図書室:

« HP200LXを、新たに入手した | トップページ | ギターの弦を交換した »