« 「プレイバック '70フォーク夢」の演奏予定 | トップページ | ギターの練習と今週末のサークル内発表会 »

2013年4月 9日 (火)

Python: 2chビューワ st2ch 表示の大きさを弄る・続

2013-04-09(火)晴れ

 久々にPythonスクリプトを眺めたというか、弄りました。暫く使わないと忘れますね。

 携帯電話関連の情報を得るために、時々は某巨大掲示板をみることがあります。通常はPCでのビューワアプリ「Jane 2ch」で見ますが、携帯電話で見るときはNokia 携帯電話のPythonのアプリ「st2ch」でみます。「st2ch」はbuzzafiさん作の、Pythonスクリプトによるアプリです。st2chは大分前のアプリですが、便利に使っています。

 st2chについてはこちらです。「http://www9.atwiki.jp/st2ch/

 st2chはデータをダウンロードしてから見るので、データを保存したいときに便利です。そのデータはPCにコピーすると「Jane 2ch」で見ることが出来るので、旅行などで長いことPCが使えない場合のデータ取得に使っています。

 さて、当初はN95(X02NK)で使っていましたが、E52で使ったり、液晶が長く大きくなったタッチパネル携帯電話のNokia5800XMやNokia C5-03 で使うため、表示の調整が必要になりました。使うフォントや、文字表示の大きさによって、若干の調整が必要になります。

 以前にNokia5800XM用に弄ったときの記事は次の通りですが、今回はそれをベースにした記事内容です。(なお、弄ることについては、以前、作者の方にも了解いただきました。)

 st2chを使う(4) 定義ファイルとまとめ・編
   (スクリプトファイル、設定ファイル例もここ)
 st2chを使う(3) エラー対応ほか・編
 st2chを使う(2) フォントと表示の大きさを弄る・編
 st2chを使う(1) 「5800XMで使う」編

 (1)まず、スレッドタイトルの表示が短く、追い番が見えなかったので、C5-03の横表示の時のスレッドタイトルの表示を長くしました。これは、リストを見たり説明テキストを見て、設定ファイルの中の「BKITA2=」の値を大きくすることで出来ました。
 BKITA2=420、とかBKITA2=500などにすると丁度良くなりました。

Sscr50012a 表示が短いとき

Sscr50013a 表示を長くしたとき

 表示を長くするとスレッドタイトル名が全部読めるようになりました。
 

(2)文字を大きくすると、枠からはみ出るのを修正する。

Sscr50008a

 バックが黒いところと白いところは別のフィールドですが、文字を大きくすると表示が被ってしまいます。これは枠の幅が固定値になっているためで、設定ファイルでは直せなかったので、中のgraphic表示の数字のところに変数を使用し、それを設定ファイルで設定できるようにしました。

Sscr50010a

 左右の項目がきちんと分離して表示できるようになりました。

(3)その他の枠のところも、調整を行いました。

 今までのままでも使用するのに支障はないのですが、これで、どの携帯電話で使用しても表示がすっきりとしました。

---------------------------------------------------------------

 「st2ch_m043.py」  修正後のモジュール

 「st2ch_m043.txt」  修正内容の簡易説明

 「st2ch_m_5800XM.conf」  新しい設定ファイル例
 「st2ch_m_X02NK.conf」

-----------------------------------------------------------------

|

« 「プレイバック '70フォーク夢」の演奏予定 | トップページ | ギターの練習と今週末のサークル内発表会 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/57139793

この記事へのトラックバック一覧です: Python: 2chビューワ st2ch 表示の大きさを弄る・続:

« 「プレイバック '70フォーク夢」の演奏予定 | トップページ | ギターの練習と今週末のサークル内発表会 »