« 厚い氷、、寒さを実感した | トップページ | 明日から、何回か更新できない予定です。 »

2013年1月 7日 (月)

HP200LX:Pocket Quicken の代わりを考える

2013-01-07(月)曇り/晴れ

 暫く前に、HP200LXが全部駄目になったら、代わりにNokia携帯電話を使えないかと、DOSBoxの導入とテストをしました。一応、DOSが動いたので、DOSの上でやっていることは何とかなりそうでした。また、HP200LXの使いやすい予定表やデータベースは、DOSの上でのコネクティビティパックで出来ることを確認しました。

 一つだけ移行できないアプリがあります。それが、Pocket Quicken です。Pocket Quicken は家計簿とか出納帳というより、財務アプリ、或いは資産管理に使えるアプリです。私は、これで全ての口座(お財布とかクレジットカード、銀行口座、チャージ式買いものカード、pasmoなど)を一括管理しています。カテゴリ毎の収入/支出の管理、口座毎の残高管理、トータルの残高管理などが行えます。色々なリポート作成(集計結果のこと)が出来ます。また、データをエクスポートしてCSVファイルにしてから、EXCELやACCESSなどにつないでいます。

 このアプリの代わりになるものがないのです。DOSの時代に、DOS用 Quicken を購入しておけば良かったのですが、残念ながら持っていません。そこで、現在の処理フローを書いてみて、どこかへつなぎこむことが出来ないか、検討してみました。

 その結果の図が下図です。

Qkndia01a

 緑でくくった部分がHP200LXのPocket Quicken からCSVファイルまでの部分、赤でくくった部分が、今後こうしたらどうかという処理です。

 即ち、口座毎のCSVファイルを作り、そのCSVファイルに収入や支出を記入します。それを全口座分マージして、従来の処理につなぎます。こうすれば、若干、手間は増える(*1)ものの、概ね同じ管理が行えます。

 *1:口座間のお金の移動の時、2ファイルを修正しないといけない。
    Pocket Quicken だと、片方に記入すると、相手側へは自動的に
    記入される。

 各口座のCSVファイルは、下図のようなファイルです。下図はpasmoのファイルです。1件1行で記入します。

Scrn0043a

 このファイルの簡易集計を見るにはXX.EXE(ぺけぺけEXE)という、CSV集計アプリをつかいます。XX.EXE(ぺけぺけEXE)は、VECTORのDOSアプリのところにあります。

 XX.EXE(ぺけぺけEXE)でみると、下図のようになります。

Scrn0053a

 一番下の行に集計が出ます。これで、残高が分かります。

 次は、このCSVファイルへの記入を簡単に、そして間違いなく記入するツールを用意すする必要があります。とりあえずは、2つのツール(VZ Editor のマクロ)を用意してみました。
 次回は、そのツールの話です。

 さて、色々準備を進めていますが、現実問題としてHP200LXから他のマシンに切り替えることがあるかどうかは不透明です。可能な限り、HP200LXの延命を図って使い続けるでしょう。その方が、使いやすいからです。でも、準備として色々やるのは楽しいので、代替が出来るところまでは、色々やってみようと思っています。
 

|

« 厚い氷、、寒さを実感した | トップページ | 明日から、何回か更新できない予定です。 »

PDA」カテゴリの記事

VZ、DOS、DOSアプリなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/56491255

この記事へのトラックバック一覧です: HP200LX:Pocket Quicken の代わりを考える:

« 厚い氷、、寒さを実感した | トップページ | 明日から、何回か更新できない予定です。 »