« ようやく、年賀状を出した | トップページ | この時期の古墳公園は寂しい »

2012年12月27日 (木)

詰め替えたインクカートリッジの品質

2012-12-27(木)晴れ

 昨日出した年賀状は、最近の風潮の通りPCのプリンターで作成しています。古いプリンタを使用しているため、(新品の)インクカートリッジが、もうどこにも売っていません。カラーカートリッジは昨年買ったものを未使用で持っていたので、今年(と、うまくすれば次回)の年賀状が作れそうです。しかし、モノクロのカートリッジが心配だったので、詰め替えたカートリッジを購入しました。幸い、年賀状は、使用中だった純正カートリッジで足りました。

 純正のカートリッジを長持ちさせるため、プログラムのリストなどは、詰め替えたカートリッジで印刷していました。まあ、普通には読めるのですが、やはり品質は、純正とは違うようです。自分のプリンタの、しかも一つしか使っていないので、一般的にはどうなのか知らないのですが、、。

 どこが違うか、、表などの線が、純正だと直線ですが、詰め替えたものだと少しギザギザしています。表の線ぐらいだと良いのですが、若干、印刷が出ないところがあったりします。この影響で、VZマクロの作成で罠にはまってしまいました。参考にしたリストの行の、一番下の部分が出ていなかったのです。だから、"i"(小文字のアイ)に見えていたものが、実は"j"(こもじのジェイ)だったのです。
 「&j」 というコマンドが 「&i」に見えていたため「&i」でテストして、動かないと悩んでいました。最終的にはPCでリストをみて分かったのですが、、。

 逆に、日本語の印刷なんかだと、少しぐらい抜けても分かるから、リストより年賀状の方に使った方が良かったのかな、、などと思った日でした。

 

|

« ようやく、年賀状を出した | トップページ | この時期の古墳公園は寂しい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

微妙に違って印字されるのは互換インクでノズルが微妙に詰まってしまうんですかねぇ
当方もインクを詰め替えてますが往年のBJC-210Jなのでカートリッジ自体が生産完了で現用のカートリッジが最後ので推奨限度を遥かに超える十数回もインクを詰めております(いつ印刷できなくなってもおかしくない)
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2012年12月28日 (金) 17時14分

リサイクルするカートリッジ側の品質なども絡むのではないでしょうか。多分、もっと良い品質のものもあったりして、品質にばらつきがあるような気がします。それでも、入手できないよりは助かっています。

投稿: masa | 2012年12月28日 (金) 19時22分

詰め替え済のカートリッジだと業者によるバラツキが大きいかも知れませんね
モノクロなら使い切った純正カートリッジに自分で互換インクを詰める方法の方が印字品質は保たれるような気がします(カラーだと色味が違ってしまって調整が甚だ面倒)
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2012年12月28日 (金) 20時16分

今使っている純正のカートリッジがインク切れしたら、試して見ようと思います。確かに、その方がリサイクルカートリッジの品質が良いかもしれませんね。

投稿: masa | 2012年12月28日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/56406428

この記事へのトラックバック一覧です: 詰め替えたインクカートリッジの品質:

« ようやく、年賀状を出した | トップページ | この時期の古墳公園は寂しい »