« Nokia携帯でDOS 14ドットフォントが使えない | トップページ | 体感では冬といいたい日もあるけど »

2012年11月28日 (水)

DOS用の14ドットフォント

2012-11-28(水)晴れ

 先日、Nokia携帯電話のDOSBoxで、14ドットフォントを使って25行表示を出来ないかとテストしたわけですが、その時14ドットフォントを探しました。14ドットフォントって、意外と出回っていなくて、結局昔から持っていたものを使ってテストしました。
 この、昔から持っているフォントというのは、パソコン通信のフォーラム全盛時代、HP100LX/HP200LXで日本語表示をするために作成されたものです。HP200LXの中にあったものを使いました。

 これだけでは完全なテストにならないので、その頃(パソコン通信のフォーラム全盛時代)のFDをかき回して、ツールを見つけて、14ドットフォントを別に用意してみました。結局、DOSBoxでは、14ドットフォントで日本語表示は出来ませんでしたけれど、、。

 せっかくなので、HP200LXで使って比較してみました。

下の画像は、昔から持っていたフォント(FONT14ZN.FNT)を14行表示に使ったところです。フォントエリア一杯に作られているらしく、14行だと行間が少なくて、漢字が多いと見にくいかもしれません。

Scrn0041a

 下の画像は、今回作った14ドットフォント(ゴシック系のフォント)です。これは、同じ14行でも行間が空いて見やすい感じがします。ただし、その分小さく作られているということで、弱ってきた目には辛いかもしれません(大きな違いではないのですが)。

Scrn0040a

最初のものを12行で使うと行間があいて見やすくなります。行(の多さ)を取るか、行間を取るか、、ですね。

Scrn0042a

 上記のは、いずれもゴシックフォント系、あるいはボールド処理がされて、若干線が太いフォントになっています。HP200LXでは、太めのフォントが視認性が良いです。が、携帯電話の小さめの液晶(私のは大きくても4インチ)では、線が太いと線と線がくっついた感じ(つぶれた感じ)に見えるかもしれません。携帯電話の小さめの液晶では、明朝系の線の細い、目一杯大きめのフォントが良いかもしれません。
 携帯電話のDOSBoxでつかっている16ドットフォントは、明朝系の線の細いものになりました。
 

|

« Nokia携帯でDOS 14ドットフォントが使えない | トップページ | 体感では冬といいたい日もあるけど »

VZ、DOS、DOSアプリなど」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

folome で拝見しました。Lotus 1-2-3 R2.5J DOS オリジナルDISKお譲りできますが...。

投稿: | 2013年6月21日 (金) 20時52分

ありがとうございます。ぜひ、おゆずりください。(あ、手が出る値段だと良いのですが。)

 左上の「メールを送信」からメールを戴けますか?← この1行、削除 

 2度手間をおかけするのも心苦しいので、メールさせていただきました。 ← この1行、追加

投稿: masa | 2013年6月22日 (土) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/56211456

この記事へのトラックバック一覧です: DOS用の14ドットフォント:

« Nokia携帯でDOS 14ドットフォントが使えない | トップページ | 体感では冬といいたい日もあるけど »