« Nokia携帯電話のDOS画面で25行表示させる | トップページ | ASCIIフェアに行ってきた »

2012年11月24日 (土)

BlueTooth キーボードでの工夫

2012-11-24(土)雨、のち曇り

 携帯電話でDOSを使う件を延々とやっていますが、キーボードも悩みの種です。携帯電話やモバイル用小型キーボード(BT キーボード)には無いキーがあったりして、PCのソフトを使うときに困ります。
 一番顕著だったのが、F01~F12キーが無いことです。大体のソフトがF01~F10、シフト+F01~シフト+F10あたりをメニューに使っています。だから、下手をすると終了メニューも出せなくて終了できないこともあります。

 VZ EditorもF01~F10、シフト+F01~シフト+F10を使っているのですが、この辺は設定ファイルの書き換えで大幅に変更できます。そこで、今回のDOSBox用では、
Alt+J、Alt+Kと組み合わせて、qwertyuiop の10個のキーを各々F01~F10、シフトF01~シフトF10に割り当てました。

 このままでは、qwertyuiop がどのキーか瞬間的には分からないので、キーボードに工夫をしました。

Dsc03680a

 キーの上側に、数字のラベルを貼りました。これで、かなり分かりやすくなりました。

 数字キーを使わなかったのには理由があります。数字は「Fnキー+英字」なので、「何とかキー+数字」ということは、実際は「何とかキー+Fnキー+英字キー」と3つのキーを同時に押すことになるかもしれないからです。
 つぎはぎ、つぎはぎで来ましたが、DOSソフトやVZ Editorが、概ね使えるようにはなってきました。
 

|

« Nokia携帯電話のDOS画面で25行表示させる | トップページ | ASCIIフェアに行ってきた »

VZ、DOS、DOSアプリなど」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/56182784

この記事へのトラックバック一覧です: BlueTooth キーボードでの工夫:

« Nokia携帯電話のDOS画面で25行表示させる | トップページ | ASCIIフェアに行ってきた »