« 香港「3」のSIMのリチャージを行った。 | トップページ | 花粉症なのか? »

2012年10月12日 (金)

Nokia携帯電話でHP200LXのアプリを、、「コネパク」で日本語入力

2012-10-12(金)晴れ、のち曇り

 先日、Nokia5800XMの上でコネクティビティパック(以下、コネパク)も動き、日本語表示も出来ました。ATOK8やWX2も動いたので、コネパクの上での日本語入力を試してみました。一応、入力できるのですが、色々と問題があり、結局解決できていません。

 コネパクを立ち上げ、FEP(ATOK8、またはWX2)を起動すれば入力は出来ます。

Scym0268a ATOK8、予定表

Scym0269a ATOK8、メモ帳

 結果的に入力できるのですが、変換途中の文字が見えません。ATOK8の場合は、一番上に赤い矢印が並んでいるところがシステム入力エリアみたいです。しかし、コネパクのFEPが、ATOK8をMS-KANJI APIのFEPとして認めていないようで(そういうメッセージが出ます)、変換途中の文字がわたらず表示されないようです。エンターを押せば、入力されて表示されます。メモ帳は直ぐに表示されます。が、予定表は、カーソルを別の枠に移さないと日本語が表示されません。
 以上は、WX2も同じでした。

 あと、ATOK8の場合は、DOSのテキストエディタなどで一度使った後でないと、コネパク上で起動したとき画面が崩れます。

Scym0271a 崩れたメモ帳の画面

 これは、一度使った後なら発生はしません。

 入力に冠しては、基本的にはWX2も同じ感じでした。どちらを使うかは、好み次第です。(変換精度、変換の速さだけでなく、システム起動の速さなども考慮して、、選ぶことになります。)

 WX2での画面も撮ってみました(同じですけど)。

Scym0273a WX2、メモ帳入力画面

Scym0274a WX2、予定表入力画面

 どちらのFEPも、変換途中が表示されないので入力が面倒ですが、使えないことはないです。ちょっと、すっきりしないままですが、この件はこの辺までとなりそうです。
 

|

« 香港「3」のSIMのリチャージを行った。 | トップページ | 花粉症なのか? »

VZ、DOS、DOSアプリなど」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55875460

この記事へのトラックバック一覧です: Nokia携帯電話でHP200LXのアプリを、、「コネパク」で日本語入力:

« 香港「3」のSIMのリチャージを行った。 | トップページ | 花粉症なのか? »