« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

Python: PyStnWeather_003_1に更新しました

2012-09-30(日)晴れ、のち風雨(台風17号)

 天気予報情報を、Nokia携帯電話の待ち受け画面に表示するPythonのアプリ「PyStnWeather」を PyStnWeather_003_1に更新しました。

 変更内容は、本日の天気予報「暴風雨」のサポートです。今朝、携帯電話の画面を見たら、天気予報内容がおかしくなっていました。

Scxx0059

 これは、有ると分かって処理している天気予報内容とは違うデータが受信されている為のようです。早速、データを使用させていただいているWEBサイトをみたら、「storm 暴風雨」でした。今まで無かったので、処理の中に入っていませんでした。

 どういう表示内容にしようかと考えて、「暴風、雨」を生かし、絵文字もふたつで表すことにしました。最初、「嵐」にしてアイコンも一つにしようと思ったのですが、最適なアイコンがなかったので、上記のようにしました(雨も強いというイメージのアイコンがなかったので)。

Scxx0062  Scxx0061

 絵文字使用の場合です。左が待ち受け画面、右がhtml文書に出力した画面です。風のある雲と傘のマークで「暴風・雨」のイメージにしています。若干、曇りのマークと紛らわしいのですが、まあ良いかなと決定しました。

Scxx0063  Scxx0064

 絵文字を使用しない場合の画面です。「嵐」より「暴風・雨」の方が感じが出ているかな?と思います。
 ドキュメントは後になりそうなので、モジュールだけ貼り付けました。

--------------------------------------------------------------
  「PyStnWeather_003_1.py」   
  「PyStnWeather_v0_3_1_SelfSigned.sis」   

 ドキュメントも含めたモジュールセットを「Python スクリプト 雑記」の
 「19.2 天気予報コム 天気予報版」に貼り付けました。(2013-01-18)
--------------------------------------------------------------
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

Nokia携帯電話は、VZ Editorの夢を見るか? その5

2012-09-29(土)晴れ

 Nokia5800XM の上で動いているDOSBox_s60で、VZだけではなく、色々なコマンドやバッチファイルのテストをしてみました。SED、JGAWK、SORTF、JPR、CATなどのコマンドファイルや、タグスケを利用して作った本の管理表バッチファイルなどを動かしてみました。

Scym0244a_2  (出納帳データ集計)

 金銭出納帳として使っているHP200LXのPocket Quickenの出力データを処理して、一部のデータを1月~12月の表形式で表示するバッチファイルを動かしてみました。結果をVZエディタで開いたところです。問題なく処理されました。殆どが英数字なので、(日本語表示が出来なくても)VZで開いてもきちんと見えます。
 

Scym0246a (DOSコマンドライン画面)

Scym0247a (本の管理表画面)

 こちらはタグスケを利用して作った本の管理表バッチ結果をVZで開いたところです。こちらも処理はOKですが、本の題名は日本語なので読めません。でも、F10によるタグジャンプなど、処理はきちんと動きました。

 ということで、日本語表示以外は問題なく動きました。小型のキーボードにF1~F10のキーがなくてVZが使いにくい件も、VZ.DEFファイルで別のキーに割り当てれば良いことがわかりました。例えば、F10のタグジャンプを [ESC]Gに割り当てると、 [ESC]Gでタグジャンプします。

 良いところまで来ているのですが、日本語表示の問題が残ったままになっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

久しぶりに、綺麗な虹を見た

2012-09-28(金)

 久しぶりに綺麗な虹をみました。

 今日は概ね晴れていたのですが、空の一部には黒い雨雲がかかったりしていました。午後に出かけるときには、特に山の方(北の方向)は雲だけでなく霧のようなものもかかっていました。そして外に出ると、家の近くは晴れているのですが、顔に霧雨のようなものがかかります。風で飛ばされてきた雨のようでした。

 北の方面が細かい雨で、南側が晴れている、、虹の出やすい条件です。で、車で出たときに見たら、綺麗な虹が見えました。左端の方から右端の方まででて、色の濃い綺麗な虹でした。こんな虹を見たのは、本当に久しぶりでした。

 オズの魔法使い(ミュージカル版)の、「虹に彼方に  虹の彼方に」を思い出してしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluetooth キーボードのキートップ表示と入力文字の件

2012-09-28(金)晴れ/曇り、ちょっとキツネの嫁入り

 昨日の記事で、携帯電話用のBluetooth キーボードのキートップ表示と入力文字が異なって嫌だと書きましたが、その後のテストで使用法の誤りと判明しました。

 昨日の記事 「携帯電話用に、大きなBlueToothキーボードを買った

 誤りというのは、Nokia携帯電話のWireless Keyboardドライバの言語選択が適切では有りませんでした。私がNokia5800XMにインストールしているNokia携帯電話のWireless Keyboardドライバは、新たに別のキーボードを接続したり、久しぶりに接続したりすると、言語選択画面が出ます。

Scym0243a

 あまり気にせず、デフォルトでチェックが入っている一番上のUKを選択したままにしていました。これを、毎回USに設定したら、キートップ表示と入力文字が一致しました。

 気がついたきっかけは、一ヶ月ほど前のオフ会で入手した小型キーボードです。型名はTK-FBP029EBK です。最後がEBKになっているのは、英語版キーボード、黒の意味です。それなのに、なんで一致しないんだろうと思ったのです。それで、文字の違いを見ると

Dsc03659a

 ポンド記号が入っています。ちょっと、違うのかなと思い、USを選択してみたのです。これで、手持ちのBlueToothキーボードをNokia携帯電話で使っても、問題なくなりました。

 これで気がついたのですが、数年前コザックさんに、余計なお手間を取らせてしまったのかなと気がつきました。コザックさんがKKJConvを開発されたとき、Freedom Mini Keyboard対応でキー入力を特別扱いしていただいたことがあります。今回の件の使用法を正しくしていれば、特別対応は必要なかったのかもしれません。

 もしそうだとすると、「申し訳ありませんでした」 > コザックさん

 新しい発見があった日でした。どこまで行っても、新しい発見があるものです(単なる勉強不足だという指摘がありそうで、、(汗))。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

携帯電話用に、大きなBlueToothキーボードを買った

2012-09-27(木)晴れ

 Nokia携帯電話用に、BlueToothキーボードの大きなものを買いました。今までも、Nokiano折りたたみ式キーボードとか、色々な小さなキーボードを持っていました。

 今までのものの一覧写真はこちら「FHPPC オフ会 2012年(第20回) その2

ただ、色々と不満点も有りました。
 第1は、フルキーボードではないことです(大きさではなく、キーの数が、、)。例えば、F1~F12キーがありません。今回の、DOSBox上のVZのテストなどでは、F1~F10キーのテストが満足には出来ませんでした。

 第2は、一部の記号キーが、キートップの表示と入力される文字が相違することです。多分、英語キーボードではないからでしょう。

 (注;この点については使用法の問題もありました。こちらを参照して下さい。
  注追記 2012-09-28)

 第2の点については、Nokiaのキーボードは、もちろん問題ないわけですが、折りたたみというのは、実際にキー入力するときには意外と打ちにくいものです。それにF1~F12キーは無いですし、、。 ということで、普通の大きさのBlueToothキーボード、英語配列版を買うことにしたわけです。

 最初の候補は「TK-FBP013EWH」でしたが、既に販売終了で、WEBを探しても売っているところは見つかりませんでした(中古も含め)。

Btkb_013_2 「TK-FBP013EWH」

 
 ほぼ同じ大きさの「TK-FBM023EBK」は、まだ販売中で、良いなと思ったのですが、「ここのサイト(ROKU STUDIO さん)」の記事でキー配置のことを知り、キーボードの拡大写真を見てやめました。

Btkb_023 TK-FBM023EBK

 このキー配置はないでしょう。Zの列が右にずれています。これは、設計不良品ではないですかねえ。どこかの設計で作られたものを、単純に持ってきて売っているのか?と思ってしまいました。

 ということで、候補は「TK-FBP030EBK」になり、早速注文して、早々に届きました。これにして正解だったようです。中途半端に小さくしてないこと、キー間が充分あるので、タイプしやすいです。

Dsc03657a TK-FBP030EBK

Dsc03658a

 隣のキーに触ってしま  うことが無くて楽になりました。今後、使うときはこれになりそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

月齢10日あたりの月

2012-09-26(水)晴れ

 夕方、水無川沿いを歩いていて、ふと空を見上げると東の空60度のあたりに、半月より丸くなった月が白く見えます。この時間に、この方向に見えるのだから上弦の月で、概ね月齢10日あたりの月みたいです。あと5日もしたら満月になって、中秋の名月と言うことになるのでしょう。さっき,Lunar Calendarで見たら、中秋節は30日でした。少なくとも、中国の農歴では30日のようです(中国の農歴と日本の旧暦(?)では、一日位ずれるのもあるから要注意です)。

Dscn0684a

 横を見ると、土手にはススキ、、、?ではないみたいですが、似たのが風に揺れていました。ススキは、穂の部分があっさりしていてはかなげですよね。これは、車の掃除に使うはね箒みたいに賑やかです。でも、ま、いいかと思って写真を撮りました。

Dscn0686a

 その近くには、そろそろ季節も終わりかと思いますが、曼珠沙華の花が咲いていました。見るのは、今年初めてかな。昔は家の周りでも沢山見たのに、最近は見ることがありません。何故かと考えてみたら、畑や空き地が、どんどん宅地になり、庭など家の周りも舗装した家や、砂利を敷き詰めた家が増えたからみたいです。

 住むのに必要な家は建てるしか有りませんが、こんなに農地がなくなって大丈夫か?と思いながら歩いた日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

Nokia携帯電話は、VZ Editorの夢を見るか? その4

2012-09-25(火)曇り

 さて、前回の記事で、Nokia5800XMのDOSBoxでvzまで起動したところまで用意しました。で、日本語表示などを出来るように、、と試行してみました。

 参考にさせていただいたのは、「tamsan's リストア記録」さんの「この辺」とか、DOSBoxやFreeDOSの日本語化の記事です。
 現状の結論としては、日本語表示に成功していません。ちょっと、行き詰まっています。

やったことは以下の通りです。

dosbox.conf のautoexecセクション
------------------------------------
s60map e:/data/premapper.txt
mount c e:\data\dos
c:
path z:\;c:\;c:\vz\;c:\font\

c:\fontnx.exe /p=\font\
c:\vesapat.exe /jp
#c:\dspvv.com
c:\dspvv.com hs=off
chej vt
------------------------------------

font.ini
-------------------------------------
[CODE]

[FONT]
;04GZN16X.FNT
guri19x.fnt
;guri16x.fnt

LXZN16X.FNT
;lps_0819.fnx

;KANJI16.FNT
---------------------------------------

fontフォルダにはフォントとfont.iniを入れました。

Scym0237a 起動したDOS画面

Scym0239a VZのファイラ画面

Scym0240a 開いたテキスト画面

 上の画面のように、文字が表示されません。色々なフォントにしたり、フォントドライバやディスプレイドライバを色々変えたりしてみましたが、今のところ成功していません。フォント関連(ドライバなども含め)について知識が不足しているので、手探りでの試行錯誤です。本当に表示できるものなのか、駄目なものなのかも不明です。

 キーボード入力についても、入力できないものがあったりして、実際問題としては実使用は無理かななどと、弱気になっています。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

Nokia携帯電話は、VZ Editorの夢を見るか? その3

2012-0-24(月)晴れ/曇り

 先日、Nokia携帯電話E52で試したDOSBox_S60では、スクリーンが320X240で小さくて、文字を扱うアプリでは使い物にならないことが分かりました。手持ちで一番画面が大きいのはNokia5800XM(640X360)なので、それで試すことにしました。

 インストールは、「その1」で書いたとおりです。
 そのあと、dosbox.confの中のスクリーンサイズの行を編集して修正します。

devicescreenwidth=640     ← 320から修正します
devicescreenheight=360     ← 240から修正します

これで、dosboxをクリックして起動するとdosが立ち上がります。ただ、画面全体の中に 320X240 で表示されますから、表示は小さいです。

Scym0230a (dos画面)

Scym0232a (VZのファイラー画面)

Scym0241a (テキストファイル画面)

 やはり、表示が小さいですね。それに、さらにキーボード入力で問題があります。それは、次の表示を大きくしたところで書きますが、まず表示の大きさの対策です。

 dosbox.confのpanoversizeを指定します。

panoversized=true     ← false をtrueにします。
pagestepx=160
pagestepy=120

 これで、表示は大きくなります。

Scym0233a (dos画面)

Scym0235a (VZのファイラー画面)

Scym0236a (テキストファイル画面)

 これなら、使えそうですが、もう一つ問題があります。画面の下の部分の3行くらいが表示されないのです。すぐ上の(テキストファイル画面)の図でいうと、下のファンクションキー部分が表示されていません。テキストファイルをクローズするときの確認メッセージも表示されません。

ふたつの問題

(1)キーボード入力
 Nokia5800XM用アプリのVirtual Keyboardは、dosbox_S60のReadMeにも書いてありますが、Signしたものでないと動きません。即ち、Install serverをオンにして無理矢理入れたものではキー入力できません。ところが、Symbian Open Signed Online ではサインできません。それは、Virtual Keyboardの中のUIDが私のものではないからです。

 対策としては、BlueToothキーボード を使うしか有りません。

(2)下3行くらいが表示できない。この点は、今のところ対策が分かりません。もっと、大きな画面のものなら大丈夫かもしれません。たとえば、640X360 ではなくて 640X480 800X480 などです。

 この辺の問題はおいといて、日本語化を試行してみたいと考えています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

OPERA Mini 7 に入れ替えた。

2012-09-23(日)

 DOSBox_S60のテストで、DOSBox_S60をインストールしたり、VZ関連のファイルをコピーしたりしてC:メモリが逼迫してきました。そこで、OPERA Mobile をアンインストールしたり、OPERA Mini をC:メモリからE:メモリに移したりしました。
 そのとき、OPERA Mini の最新版をダウンロードしてインストールしたら OPERA Mini 7 になっていました。今まで入れていたのが OPERA Mini 5 Betaですから、随分上がっていました。

Ssce0195

 見た感じは OPERA Mini 5 Beta と似ているような気がします。まあ、違いが分かるほど使っているとは言えないのですが、、。とりあえず、いざというときの為に入れています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たばこ祭り、2日目、、残念ながら冷たい雨

2012-09-23(日)雨、のち曇り/寒いくらい

 たばこ祭りも2日め、しかも日曜日で本当なら盛り上がるはずの日ですが、朝から寒いくらいの気温で、しかもかなりの雨が降っています。昨日は半袖で歩いていたのに、今日は長袖で、しかもその上に薄い上着(ウインドブレーカみたいなやつ?)を着て丁度良い感じです。

 天気が良ければ、子ども連れの人達が沢山出て露店も賑わうのでしょうが、冷たい雨では客足が伸びないですね。ましてや、かち割りとか冷たい飲み物とかは悲惨な感じ、、。それでも、午後からは雨も少なくなり、夕方頃は曇りになっていました。19時半からは花火の予定で、それは何とか実施されました。見るころは雨が上がっていましたが、花火を用意する方達は大変だったでしょう。

 仕掛け花火は市役所前の水無川で行われますから、行かないと見えません。が、弘法山(実際は、その手前の権現山の上の公園あたり)から打ち上げられる打ち上げ花火は、家の二階の窓から見えるので、少し楽しみました。若干小さくしか見えませんが、風や雨を気にしなくても良いのだけが取り柄です。でも、隣の畑が宅地になって家が建ったら見えなくなります。

Dscn0683a

 デジタルカメラで写してみましたが、小さくしか写らないので迫力が有りませんでした。でも、家の外の道路で見ている親子連れの声が聞こえてきます。子どもは、結構楽しそうです。

 晩秋のような感じ(寒いくらいなので)の日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

たばこ祭り、1日目、、PB'70FDの演奏も、、

2012-09-22(土)曇り/晴れ、朝方は寒いくらい

    (題名中の名称が違ってましたので修正しました。PBF'70FD → PB'70FD 2012-09-23)

 今日、明日はたばこ祭りの日です。散歩、運動を兼ねて、家から水無川沿いを秦野駅まで歩いていきました。駅の少し手前から市役所のあたりが、一番賑やかです。

 Dscn0670a

橋の上から市役所方向を見ると、露店や人通りが賑やかです。

Dscn0671a_2

 その露店や歩行者天国です。市役所は歩行者天国の終わりのところなので、若干人が少ないように見えますが、もう少し向こうは歩きにくい位です。浴衣の女性も沢山歩いていて賑やかです。まあ、匂うがごとく、、という形容句が似合う人は少な、、あわわ、口が(手が?)すべ、、。

Dscn0674a

 時間を気にせず歩いていったのですが、市役所の横のステージでは、ちょうど「プレイバック ’70フォーク夢」のグループの演奏が始まりました。

Dscn0678_2

 1曲目は40年以上前の曲で、彼らのオリジナル曲「恋の空中戦」でした。今日の曲目構成のメインは40年以上前のグループサウンズ(ワイルドワンズ、ランチャーズ、美空ひばりとブルーコメッツの曲など)でしたが、最後は坂本 九の「明日があるさ」でした。懐かしく聞いてきました。

Dscn0677a

 賑やかな格好の方々も楽しんでいました。お祭りだから、色々な格好が出来て良いですよね。

Dscn0680a

 駅前の方の橋の上には御輿が飾ってありました。前に乳母車をおいて写真を撮っている親が多くいました。

 帰りは途中まで、無料のシャトルバスでもどり、そこから歩いて帰宅しました。沢山歩きましたが、今日は涼しい日なので助かりました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

たばこ祭りは近い、、タバコの葉

2012-09-21(金)晴れ/曇り

 今日は恒例の、2ヶ月に一度の兄弟との飲み会に行ってきました。そのとき、秦野駅前のホテルビルの1F(お店があったり、ベンチが有ったりする空間)に入ったら、たばこ祭りの前には恒例になっている、たばこの木(木ではなく、草ですね)が飾ってありました。

Dscn0662a

 当地でも、たばこは、もはやここでしか見られなくなりました。

 ところで、少し東京よりの市の飲み屋で飲み会を行っていたら、たばこのセールスキャンペーンを行っています、とかで若い女性が回っていました。話を聞きたかったけど、最初に「喫煙者はいません」と言ってしまったので聞けませんでした。

 今日は、少したばこに関係のある日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

弘法山の景観

2012-09-20(木)晴れ

 最近、歩くのが少なくなっているので、スーパーへ行ったついでにスーパーから弘法山方面へ歩いてみました。暑いとはいえ、一時期のじりじりとした暑さというのはなくなっているようです。

Dscn0664a_2

 弘法山方面です。真ん中左寄りで 山が切れているように見えるのは、ゴミ焼却場の煙突です。間もなく完成の予定で工事中のところです。

 今年初めの「1月26日」の写真では、このような感じでした。

実際の工事現場まで行ってみました。

Dscn0665a

 手前側が清掃工場の建物、その向こうに煙突が見えます。

 この工場建設には反対運動もありました。私は以前は、どこかに建てるのは必要な施設だし、、と思っていました。でも、こうやって目の前にしてみると、せっかくの観光資源が少し目減りしたような気もしてきました。近隣都市からハイキングなどに来る弘法山の景観がが悪くなったからです。
 では、どこに作れば良いのか?といわれると、難しい問題です。この場所は、以前も清掃工場があり、土地の買収の必要がないところだからです。土地の買収が絡むと費用の増大になるし、別の問題も出てくるからです。

 そんなことを考えながら歩いた日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

Nokia携帯電話は、VZ Editorの夢を見るか? その2

2012-09-19(水)雨、のち曇り

 さて、E52でDOSやVZまで動きましたが、文字表示が小さくて読むのが困難です。そこで、dosbox.conf のpanoversizeのパラメータを編集してみました。

devicescreenwidth=320
devicescreenheight=240
panoversized=true     ← false をtrueにします。
pagestepx=160
pagestepy=120

 これでDOSBoxを起動すると文字が大きくなりました。

Ssce0200

 上図のように大きくなります。これは、全画面の一部 (縦、横の各々が半分のエリア)を、全画面に拡大しているからです。ただ問題は、スクロールして全てを見るということが出来ませんでした。文字は綺麗に読み取れるのですが、、。

Dscn0645a

 VZのファイラー画面です。これも、一部しか見えていません。

Dscn0648a

 テキストファイルを開いたところです。現状では、日本語部分が化けています。

 さて、ゲーム(それも、画面の小さな)なら良いのでしょうが、VZでテキストファイルを見るには、320X240の画面では辛いようです。
 E52でのテストはここまでとして、5800XMあたりで試してみたいところです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

Nokia携帯電話は、VZ Editorの夢を見るか? その1

2012-09-18(火)晴れ/曇り、夜から間欠的に強い雨

 先日、HP200LXの修理を受け付けていた方が、修理受け付けを終了したと知りました。首折れしたHP200LXの修理をお願いすることを考えていたので、少しショックでした。何か代替を、、と書いたのですが、コメントで色々な修理について教えていただいたので、自力で手持ちのHP200LXを修理したりして、何とか逃げ切り(残りの人生と手持ちのHP200LX
のどちらが長いか、、)を考えた方が良いかなと悟りました。

 さて、それはそれとして、何か考えてみるのも悪くはないかなとも思っています。他にも、そういう方もいらっしゃいますね。携帯性を考えると、使うマシンは携帯電話です。Android携帯でDOS、VZ Editorを動かそうとしている方がいらっしゃいました(めざらさんに教えて戴きました)。

 ブログサイトはこちらです。
   「tamsan's リストア記録」の「AndroidでVzの4 まとめ」あたりです。

 Android携帯を買って試そうかとも思ったのですが、その為だけに買うのも、と思い、Nokia S60携帯電話で何とかならないかと考えました。

 昔、Nokiaのコミュニケータと呼ばれる携帯電話でDOS画面を見た記憶があるので、WEBを探したらありました。 DOSBox_S60です。サイトはこちらでした。

  「DOSBox s60 Port Project Homepage
  「Down Load

 ダウンロードして試してみました。作者はE51でテストしたとのことなので、E52で試しました(画面の大きさとかキーボードが同じなので)。

--------------------------------

 ます、ダウンロードしたものをインストールします。

(1)ダウンロードした「dependencies」の中の全部のSISファイルをインストールします。いくつかは、既にインストールされているといわれるので、そのファイルのインストールはキャンセルします。
 また、いくつかは証明が期限切れになっているので、携帯電話の日時を過去へ戻すか、All Files化のInstallserverをオンにします。私はInstallserverをオンにしてインストールしました。

(2)新しい方のs60dosbox(rc2)をインストールします。(これも期限切れになっていると思います)

(3)同梱のpremapper.txt と dosbox.conf を C:\DATA ディレクトリにコピーします。

(4)C:\DATA\DOS ディレクトリを作成し、その中にDOSのアプリなどをコピーして入れます。

 本当は、premapper.txt と dosbox.conf を必要に応じて編集するのですが、上記のようなディレクトリ構成にすると作者と同じなので、とりあえずは同梱のpremapper.txt と dosbox.conf でテスト出来ます。

 即ち、このようなディレクトリ構成になります。VZディレクトリには、VZ関連のファイルが入っています。

Dscn0654a

 さて、メニューフォルダのDOSBoxアイコンをクリックするとdosが立ち上がります。一発で立ち上がりました。凄いですね。

Ssce0197

 まずは、ここで問題が出ます。キー入力が上手くないのです。一部のアルファベットと数字しか入力できません。作者のpremapper.txt では、T9入力(マルチタップのキー、つまり普通の携帯電話のキーですが)を定義していますが、私のE52では上手く動きません。
 「2abc」のキーでは、2とaしか入力できません。*や#のキーとの併用でbやcも入力できるはずなのですが、うまくいきませんでした。

 そこで、dosbox.conf の中のautoexec セクションに下記2行を追加して、立ち上がりと共にVZが起動されるようにしてみました。
-----------------------
cd c:\vz 下記注参照
vz
-----------------------

注:dosbox.conf の中のautoexec セクションで、「C:\DATA\DOS」ディレクトリを「C:\」としてマウントしているので、DOSの中では、C:\VZと書きます。

ファイル名入力窓が出ているのでエンターを押すと、VZのファイラーが立ち上がります。

Dscn0650a

ファイルを選択してエンターを押すと、ファイルがオープンされます。

Dscn0652a

 VZでテキストファイルをオープンした画面です。一応、アルファベット(上記の通り一部ですが)や数字は入力できます。

 キーボード入力についてはBTキーボードが使えましたので、BTキーボードを使うと英字も全て入力できました。

 ということで、問題点を挙げると

(1)まだ、日本語の表示や入力が出来ない。

(2)画面の表示文字が小さすぎて、実用にならない。

(3)キーボードにファンクションキーがないので、VZのメニュー操作がうまくいかない。

などです。それでも、DOSもVZも動いたので、色々試してみたいと思います。

 うまくすれば「その2」があるかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

ギター合奏合宿練習 その2

2012-09-17(月)曇り、間欠的に大雨

 今日も朝から、昨日続きギターの合宿練習です。まあ、やることは昨日と同じですが、段々曲想がついて、合奏らしくなってきました。 
 練習の合間に外を見ると、間欠的に豪雨になっています。ちょっと、心配しながら練習していましたた。

 でも、そろそろ左手の指先が痛くなってきました。最後まで持つか心配でしたが、何とか、だましだまし、最後まで練習しました。

 最後に、各自、使っている楽器の弦交換してお開きです。本番のときに良い音が出るように、今回の合宿の最後に交換することになっていました。それに、全員いるときに交換すると、自分の楽器だけの交換で済むからです。

Dscn0661a

 弦の交換風景です。後は撤収して家に帰るだけです。昨夜の夕食のビールもおいしかったし、夜の2次会も楽しかったし、良い合宿練習でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

ギター合奏合宿練習

2012-09-16(日)曇り、いちじ雨

 (当日は更新の環境が無かったので、帰ってからのアップです。)

 今日から一泊で、ギター合奏をやっているサークルの合宿練習です。普段の練習のときは集まりが悪いので、なかなか仕上げの段階に進みません。そこで、本番を一ヶ月後くらいに控えて、合宿練習です。
 最近は、合宿場所も近場(車で出発して30分以内)なので、往復が楽になりました。昔は遊びも兼ねていたので、随分遠くへも行きましたが、練習を重視すると近場が便利です。それでも、この場所はハイキングやトレッキング、川辺でのバーベキュー等に大勢が来る場所なので、ちょっとは気分が変わってよい場所です。

Dscn0659a

 練習場所の様子です。この施設には、我々しかいないので静かで練習にはもってこいの環境です。練習は、1コマは「45分練習・15分休憩」と決めて、で夕食までとか、明日は昼まで、明日の午後は撤収までやることになりました。

Dscn0655a

 練習場所の窓から外を見ると、こんな風景が続いています。左の方には川が流れており、河原ではバーベキューの人達が大勢います。

Dscn0657a

 練習場所の近くの家の犬です。練習の合間に見て雑談していました。背中の模様がホルスタインの牛みたいな模様だと、みんなでワイワイやりました。右の方に寝ている犬も、同じような模様です。

 今日は、曇りから雨模様ですが、涼しくて楽な日になりました。かなり練習できた日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

プールも、すっかり緑色になった

2012-09-15(土)晴れ

 久しぶりに運動公園内を歩きました。というか、通りました。運動公園~駅を往復する散歩の途中に公園内を通り、プールを眺めたのですが、すっかり緑色になっていました。まだ、営業を終了して2週間は経たないのですが、、。

Dscn0653a

 色は、よく見えませんが、綺麗なときは底が見えます。綺麗な緑色になってしまって、底が見えるより木や空が映っています。

 この光景を見ると、夏も終わったなあと感じます。セミの声も随分と少なくなりました。当然、ミンミンゼミはいなくて、ツクツクホーシが鳴いています。

 さて明日は、芸術の秋ということでギターサークルの合宿練習が行われます。普段、長時間やらないから、明日は指先が痛くなりそうです。頑張らなくっちゃ、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

電力料金

2012-09-14(金)晴れ、夜いちじ雨

 値上げ後の価格が一部反映された電力料金請求書が来ました。どういう価格になっているのか確認してみようとしました。一応、お知らせの紙には書いてあったのですが、書いてないことも含めての確認です。今回は旧料金と新料金の混在(日割り計算と書いてありました)なので、その辺も含めてです。

 今回の条件:9月請求分は、旧料金の範囲21日間(8月11日~8月31日)、新料金の範囲11日間(9月1日~9月11日)、使用量172Kwh(第1段料金分 120Kwh、第2段料金分 52Kwh)です。
 比較は、7月分、8月分請求書と行いました。

 新旧の料金を適用する料金計算の考え方には2つあります。

(1)初日からは第1段料金分120Kwhまで使う、それ以後の日には第2段料金分を使ったものとして計算する。

(2)第1段分も第2段分も、8月と9月の日数の比率に分ける。

図にすると下図のようになります。

Dscn0641a

 それぞれの方式としたときの第1段料金、第2段料金の値上げ率を計算してみました。

Dscn0642a

 (1)方式では、第1段料金の値上げ幅が膨大になるので、今回の計算は(2)方式だと思います。まあ、どういう方式をとるかは、色々かんがえかたがありますし、どちらが良いかは難しいところです。上記条件数値の場合は、 (2)方式の方が安くはなります。  殆ど同じみたいですが、(1)の方がわずかに安くなるみたいです。使用量や検針日によって変わるから、どちらがよいかは一概には言えないようではあります。

 さて、お知らせの紙には、第1段/第2段/第3段料金の新旧の絶対値は書いてありましたが、値上げ率は書いてありませんでした。今回こうやって計算してみて、なるほど、うまいなあ、、と思いました。
 まず、最初に適用する第1段料金が目一杯の値上げ率(8%近い率)になっていて、第2段料金の値上げ率は低いのです。ただし、第2段料金は元々高いので、率は低くても値上げの絶対値は大きくなります。そして、平均すると値上げ率は小さく見えるのですね。

 まあ、考え方や計算に間違いがあるかもしれませんが、一応、この数値で計算すると請求料金と同じになるので、大丈夫かなとは思います。やはり、自分で確認してみないと分からないこともあるなあ、と思いました。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

iPhone5が発表になったようですね

2012-09-13(木)晴れ

 新しいiPhoneが発表になったようですね。新聞夕刊に書いてあることくらいしか知らないのですが、、。でも、iPhoneを開発している人達は大変です。よほど、凄いものをつくる/凄い機能を盛り込まむ、等をしないと、皆に満足してもらえないでしょうから。そういう意味で、今回のものも従来の延長と思われてしまうではないかな。やはり、初代iPhoneが出てきたときのようなサプライズ、インパクトはないでしょうから。

 大きな液晶、薄くなった、軽くなった、LTEサポート、、、などは、「そうだよね、そうでなきゃ新型としてみないよね」と、言われてしまいそう。ただ、実際は買い換え時期にも入っているし(前の機種からの期間としても、所有者の買い換え需要気分からも)、まあ売れるのではないでしょうか(と、思います)。が、買い換えだと、全体としての台数は増えないなあ。

 私も、以前から一度使ってみたいなとは思っているのですが、iPhoneだと便利、、というような使い方がメインではないし、パケットも3MB迄なら基本料金のうち、というような従量制で安く使っているのでは活用できそうもありません。やはり、その人の使い方の一番の目的は何か、というところで、その人に便利な機種は決まるのでしょう。

 とはいえ、使ってみるだけでも、、という気持ちはあります。でも、最新型は高いから安くなった旧型を入手するか?、でも、使ってみるなら新型だろう、、とか、ちょっとは悩んでいる日です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

弘法山ネタの現象とメタボの華麗なる関係

2012-09-12(水)晴れ

 先日、ドック健診があり受けてきました。新たな大きな問題指摘はありませんでしたが、少しショックを受けた内容がありました。それは、、、お腹周りの長さを測ったときに、「少しメタボですね」といわれたことです。80cmを越えてしまったようです。人生で初めて言われた内容でした。確かに、お腹を撫でたときに、ぷっくりとしたふくらみが目立つようになってきたなあ、、とは思っていたのですが。因みに、体重が8kgも増えていました。

 概ねの原因ははっきりしています。それが、「上記題名」の内容です。夏でも食欲とか食事は変わりませんでした。しかし、昨年以前に比べて歩く回数が減りました。特に、夏に近づいてからは、熱中症も怖いしと長時間歩行がへりました。今年のブログを見ても、弘法山ネタは随分と減っています。

 1時間以上の歩行(それも弘法山方面だと坂道の上り下りがあって運動になる)が週3~4回あったものが殆どなくなったのに、食べる量は同じ、、、こうなるのは目に見えていたわけです。ここで、食べる量を減らすより運動を増やす方に改善するべきですね。暑くて歩くのが健康に良くないときは、市営プールで泳ぐことにしました。
 スイミングスクールの1回、市営プールなど自由な泳ぎ2回の計3回を3日で連続して行ったら、お腹のぷっくりが少し減ったような感じがしました(まだ、そういう気がするだけかもしれませんが)。

 継続して続けるのが重要ですね。そんなことを再認識した日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

電波時計が大幅に進んでいる、、??

2012-09-11(火)晴れ

 手持ちのFM/AMチューナには電波時計がついています。コンセントを挿したスタンバイ状態では、常に時計が表示されています。時々、標準電波で時刻校正されますから、正確な時計として重宝していました。

 で、先日、腕時計の時刻が正しいかとチェックすると、腕時計が13分ほど遅れています。腕時計は機械式時計なので、また清掃と調整が必要か、費用がかかるなあ、、とがっくり来ました。でも、念のため掛け時計や目覚まし時計をみると、腕時計と合っています。携帯電話も持ち出してチェックしたら、結局、FM/AMチューナの時計が進んでいることが分かりました。
 みると、標準電波受信OKのランプが点灯していません。今年に入ってからも、何度もランプは確認していますから、何ヶ月も受信できていないと言うことはないはずです。なぜ、こんなに狂ったのか、原因はいまだに霧の中です。アンテナの起き場所を調整したあと、強制受信させたら、直ぐに補正されました。

 マニュアルには、電波が受信できなくても月差+-15秒とありましたから、1年でも2分くらいです。だから心配していなかったのですが、これからは複数の時計を参照しないと心配です。

 それにしても、何故だろうかと、いまだに首をひねっています。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

2012年のたばこ祭りは9月22、23日

2012-09-10(月)晴れ

 今年もたばこ祭りが近づいてきました。街のあちこちでポスターやら、お知らせが目につきます。

Dscn0640a

 市役所の入口の上にある幕が目につきます。当日は、市役所前の道路に出る露店、市役所西庁舎(上図の本庁舎の西側)の駐車場で行われるコンサートなどが楽しみです。

 時々書いている「PB70FD(プレイバック’70フォーク夢)」の人達も出演するとのことでした。
  「「プレイバック '70フォーク夢」の出演予定(2012/9/2現在)

 後は23日の夜、締めくくりに行われる花火も楽しみです。花火は、打ち上げ花火は弘法山で、仕掛け花火は市役所前の水無川で行われます。弘法山であげる打ち上げ花火は家の2階の窓から見えるので、家で見るか市役所前へ行って仕掛け花火も見るか悩んでいます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

今更の夏の名残? 線香花火

2012-09-09(日)晴れ

 日中は暑いとはいうものの、そろそろ秋の気配が身近に忍び寄りつつある今日この頃です。さて、近年、夏に経験していない事項が多くなりました。今年で言うと
 ・スイカを食べていない。
 ・かき氷、或いはシャーベットを食べていない。
 ・屋外プールに行かなかった。
 ・海に行かなかった。
 ・花火をしなかった。
などなど。かろうじてトウモロコシは食べたのですが、やっていないことが多すぎます。

 ということで、気が抜けた頃の話になってしまうのですが花火をしました。

Dsc03653a

 というか、15年~20年近く前の線香花火が残っていたので、処分を兼ねて家の前で夕涼みをしながら線香花火をしました。一束(6本)だけやってみました。

Dsc03655a

 湿気で駄目になることもなく健在でした。若干、時季外れではありますが、一応今年は花火をやったということになりました。まだ残っているから来年もかな。

 あと出来そうなのは冷えたスイカとシャーベットあたりですが、歯に染みそうで躊躇しています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

薬入れ

2012-09-08(土)晴れ

 100円ショップへ行くたびに、つい眺めて、ついでに結構買ってしまうものに薬入れがあります。薬入れ、即ちピルケース、またはタブレットケースというのかな。

Dsc03651a

 まあ、昔で言えば印籠でしょうか。今日も、散歩の道筋を変えたら、100円ショップがあったので、つい買ってしまいました。なぜ、買い換えるかというと、段々薬が増えてくるので、大きくしないといけないのです。
 種類としては、1日分のケースと1週間分くらいのケースが必要になります。1週間分のケースは、いつも背負っているリュックに入れておくものです。

 内科系の薬というのは、一度処方し始めると、なかなか減らすということが難しいですね。本当は処方結果を見て変更、中止、増量などの調節が必要なのですが、調子が良くなったのか変わらないのかも分かりにくいし、調子の悪いのは年のせいかもしれないし、、、。

 それでも、暫く前に紹介状で別の病院に移ったら、そこの担当医の方は、検査結果や様子を見て薬も整理していきましょう、、と仰っていました。先日、ひとつ減って気分が良くなりました(あまり多いと、服用するとき、結構不安になったりもしますから)。

 段々、笑い話になるような薬の量に近づいているこの頃です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

先日のBTキーボードは便利そう

2012-09-07(金)晴れ/曇り

 先日のFHPPCオフ会で入手してきたBlueToothキーボードを使ってみましたが、便利そうだと気がつきました。

 先日の記事「FHPPC オフ会 2012年(第20回) その2

一つ一つのキーの大きさとか、全体の大きさとかが、HP200LXに似ていて、親指入力が楽に出来るというのもあるのですが、もう一つ便利な点がありました。Commndキーがあって、これが携帯電話(私が使っているのはNokiaの携帯電話ですが)の左オプションキーの働きをするのです。大きなキーボード、特にWindowsマシンを意識したものにはCommandキー(或いはWindowsキーか)があるのですが、小さなキーボードにはついていませんでした。

 アプリ起動時に左オプションキーがないとアプリに入れないものがあります。キー有りの携帯電話では関係ないのですが、タッチ携帯(Nokia5800XMなど)では、左オプションキーが押せない(ハードキーがないうえ、画面にキーが表示されないから)ため動かせませんでした。唯一の回答はNokiaのBTキーボードでした。NokiaのBTキーボードには、左右オプションキーがあるのです。今回入手したキーボードにも左オプションキーになるCommandキーがあったので便利に持ち歩くキーボードになりそうです。

 (このBTキーボードの型番は、先日の記事(上記参照)のコメント欄に書いてあります。)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

夏夢の跡、、というのは、ちょっと早いかな

2012-09-06(木)晴れ/曇り、夕方から雨

 気温としては、かなり高い日が続いていますが、体感的には真夏は過ぎたという感じが強くなりつつあります。真夏の時期に比べると、何となく涼しさが混じっているのですね。直射日光の強さも違うからかもしれません。

Dscn0639a

 寂しさが漂う原因のひとつに、夏休みも終わり、プールも店じまいして子どもの声が聞こえない(賑やかでない)事も関係しているかもしれません。プールも終了して4日、まだ水は綺麗ですが寂しさが漂います。

Dscn0638a

 セミは、まだまだ鳴いていますし、木を見ると一杯留まっています。でも、元気がありません。普通なら逃げる距離にカメラを近づけても動きません。もう、外に出て一週間近くになるのかなあ。

 そんなことを考えながら歩いた運動公園でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 参加報告

2012-09-05(水)晴れ

 一昨日書いた「大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日」の参加報告です。暑くて外を歩くのは嫌でしたが、色々と興味があったので行ってきました。興味というのは、今回行われる場所がアムトランス社のショールーム兼試聴室なので、そこのシステムで聴くとどんな感じかというのが一番です。今までは、ミニコンポ的なシステムでしたが、今回のシステムはかなり力の入ったシステムです。

 それと、アムトランス社や、そこの製品にも興味があったからです。アムトランス社は、外国のオーディオ機器や真空管を扱ったり、オーディオ用の抵抗やコンデンサを開発、販売している会社です。音質にこだわりがあり、それらの部品を開発してオーディオメーカや個人に販売しているとのことでした。

 場所は秋葉原の昌平橋近く、川を挟んで秋葉原とは反対側にありました。

Dscn0629a

 少し早めに行くと、こんな感じで参加者が集まりつつありました。右側の方が、元・ケンウッド音質マイスターの方です。

Dscn0630a (会場の左側)

Dscn0631a (会場の右側)

 会場の左右の側にもアンプやターンテーブルなどがおいてあり、そしてアムトランス社の製品などが展示もされています。

Dscn0632a (システム全体)

Dscn0636a (最下段のメインアンプ)

 今回使用したシステムです。(以下は、うろ覚えで書いているので間違いがあるかもしれません。) スピーカは、かつてのウエスターンエレクトリックのスピーカと同じ内容のもの、CDプレーヤはayon(アイオン、オーストリアの会社)、LPのターンテーブルはガラード、アーム、カートリッジはイケダ(だったかな)、昇圧トランスはルンダール(スエーデンの会社)、メインアンプは真空管式(KT88使用)でした。プリアンプに相当するところはアムトランス社の製品で、パッシブコントローラ(アンプが入っていないものです。セレクタと、同社の抵抗を使ったアッテネータによる音量コントロール機能の製品です)が使用されていました。

 色々なCDやLPの音楽を聴かせていただきました。とても素敵な音でした。今までのケンウッドショールームでの音も良い音でしたが、それとは別の雰囲気です。ゆとりがあり、ふうわりとした雰囲気に包まれる感じでした。残念ながら私には、それ以上は分からないのですが、とても楽しく聴きました。

 途中、途中で、アムトランス社の社長がシステムや、社長の思いを語って下さいました。抵抗やコンデンサなども、音にこだわった製品を開発しているとのことで、今までにない色々な工夫をした製品を製造販売しているそうです。オーディオも、最近は元気がないのかなと思っていたのですが、頑張っているところは頑張っているようです。

 このショールームも、最近は音を聞く場所がなくなりつつあるので、若い人にも聴いて貰いたいと維持しているとのことでした。最近は、イヤフォンで聴くスタイルか、スピーカを使うとしてもPC用の(アンプ付き)スピーカが多くなってしまったけれども、こういう音も聞いて欲しいとのことでした。しかしながら、今日の参加者を見ても、かつてのオーディオマニア(即ち、今見ると老人に近いひと)ばかりという現状です。

 そんな、大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)でした。

 次回は 11月7日(水)ケンウッド・ショールームでの予定です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

HP200LX機でやっていることの代替方法を考えないといけないのかな

2012-09-04(火)晴れ

 先日の記事(FHPPC オフ会 2012年(第20回) その2)に戴いたコメントで教えて戴いたのですが、今までHP200LXの修理を行なって下さっていた矢澤さんの修理受付が終了になっていました。内容を見ると、HP200LXの各部も材質的な劣化が始まっていて、修理しても継続使用の保証ができないからのようです。
 後で修理(首折れ)をお願いしないと、、と思っていたのがあるので、ショックを受けています(修理受付終了と、材質の劣化による故障の頻発の両方に)。

 色々なことをHP200LXで行っており、直ぐに切替が聞くというものでもありません。従って、何とか使えるものを大事に使い、その間に自分で首折れ修理に挑戦しないといけないことになりそうです。どのマシンも似たような時期に入手していますから、予備機も劣化が進んでいるとすると、現用機が10年持ったから2台の予備機で20年はもつ、、とは言えないところが辛いですね。

 運良く予備機で一生を過ごせれば良いのですが、駄目なときは色々な方法で代替を計らないといけません。今考えているのは、携帯電話、普通のPC、DOSかWindows98のDOSモードで動くPC、で何とかならないかということです。同じような使い勝手にはなりませんが(少なくとも携帯性に置いては、まったく駄目ですが)、やっていることだけは処理できないかなと考えてみる予定です。

 それにしても、発売から19年くらい、私が買ってからでも16年はたっていますから、よく使ってきたなと思うのと合わせて、そこまで使えるって凄いマシンだなとも思います。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日

2012-09-03(月)晴れ、ときどき曇り

 さて、JVCケンウッド・ショールームで2ヶ月に1回行われている「大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)」は9月5日(水)ですが、今回は趣向を変えて行うようです。

 秋葉原にある、アムトランスという、真空管や抵抗などオーディオ関係の部品を扱っている会社のショールームで、同社システムを借りて行うとの案内がありました。

案内の概要は下記のとおりです。

-------------------------------------------------------------------
9月5日の大人の音楽講座が迫ってきました。

今回は秋葉原のアムトランスという会社のショールームで
真空管アンプと往年の名機ウェスタンのシステムで音出しします。

開始:18時30分

アムトランスのショールームの地図は下記などで確認してください。

http://www.amtrans.co.jp/information/index.shtml

アムトランスのショールームは下記です

〒101-0063 東京都千代田区
神田淡路町 2-10-14 ばんだいビル1F/2F
03-5294-0301

--------------------------------------------------------------------

ということで、真空管アンプや昔のスピーカに興味のある方には面白いのではないかと考えています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

FHPPC オフ会 2012年(第20回) その2

2012-09-02(日)曇り、ときどき雨

 昨日のオフ会記事の続きです。昨日書いた、オークションの謎の物体Yは、みんながうすうすと思っていたとおり、HP200LXだったそうです。メンバが現用予備で何台か買ったうちでデッドストックになっていた新品ですね。やはり、腹を決めて入札した方が、幸せの女神の前髪をつかんだということでしょう。

 さて、私もひとつ落札してきました。

Dsc03644a

 BlueToothキーボードです。下は大きさ比較用の携帯電話です。今回のキーボードは、正解でした。とても使いやすいのです。
 

Dsc03647a

 上側に開いたカバーに携帯電話を載せて、両手でもって親指入力すると、HP200LXでの入力と同じ感触です。キーボードのキーの大きさや感触も、かなりHP200LXに似ています。

Dsc03649a

 現在、BTキーボードは5ヶになりました。真ん中のNokiaのは、Nokiaの携帯電話に一番合っていますが、机に置かないと入力できません。
 下のふたつは小さくて持ち歩きには便利ですが、長文入力には向きません。右上は、キーの大きさや感触が今2くらいです(キーが小さいし、ゴムでふにゃふにゃだから打ちにくい)。左上の今回のが、これからは一番使うキーボードになりそうです。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

FHPPC オフ会 2012年(第20回)

2012-09-01(土)曇り/晴れ、のち曇り、いちじ雨(かなりの雨?)

 今日はFHPPCオフ会が代官山で行われる日です。オフ会は19時からですが、せっかくなのでお昼過ぎに出て、新宿のヨドバシで色々見てからいくことにしました。今日は、秦野も東京も雨が降ったようですが、運の良いことに歩いているときは降らないで、助かりました。

 さて、FHPPCオフ会も第20回だそうです。13人くらいだったかな。まあ、母体がHP95LX/100LX/200LXのフォーラムのオフ会としては、まずまずではないでしょうか。因みに、来年は20周年ということで、もう少し大々的にやりたいですねという話でした。

 いくつかの写真で雰囲気を載せてみたいと思います。

Dscn0619a (開始直前の様子)

 一番右が、当フォーラムでは有名な恵梨沙さんですね。

Dscn0617a

Dscn0618a

 立食パーティ形式の料理です。みんなお腹いっぱい食べても、若干余りました。

Dscn0622a

 中央の可愛い参加者は文市(あやち)さんの娘さんで、1才未満のときから参加しています。最初は人見知りしていましたが、途中からは慣れてくつろいでいました。

Dscn0623a

 最近は、持ち寄るマシンの話題は少なくなりました。そんな中で珍しいものが出ていました。オープンパンドラとかいうマシンだそうです。HP200LXと並べて写真を撮りました。

Dscn0624a

 こんな感じのマシンです。UNIXで動くのかな、とにかくゲームをやる、、ということにこだわったマシンだそうです。でも、電池も持つらしいし、キーの感触も良く(HP200LXの感触に似ている)、ちょっと興味をそそられたマシンでしたが、今から入手は出来ないとのことでした。

Dscn0625a

 恒例のチャリティオークションです。持ち寄ったものをオークション形式で売って、売上金は寄付に回ります。BlueToothキーボードが多かったです。あと、2つは梱包のままで中身側辛いまま行いました。謎の物体Xと謎の物体Yです。分かるのは電気製品である、、ということくらいでしょうか。それでも、謎の物体Yは3000円を超えて競り落とされました。なお条件は、帰宅後開封ということで、最後まで分かりませんでした。何だったんだろう。実は、みんな、「あれではないかな?」と思いつつ、入札したのですが、、。真実は今のところ闇の中です(笑)。

 楽しいオフ会でした。来年もぜひ参加する予定です。

 注:FHPPCはfolomyの中で、FHPPCフォーラムとして続いております。オフ会の募集もその中で行われています。
  folomyはこちら
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »