« 大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 | トップページ | 大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 参加報告 »

2012年9月 4日 (火)

HP200LX機でやっていることの代替方法を考えないといけないのかな

2012-09-04(火)晴れ

 先日の記事(FHPPC オフ会 2012年(第20回) その2)に戴いたコメントで教えて戴いたのですが、今までHP200LXの修理を行なって下さっていた矢澤さんの修理受付が終了になっていました。内容を見ると、HP200LXの各部も材質的な劣化が始まっていて、修理しても継続使用の保証ができないからのようです。
 後で修理(首折れ)をお願いしないと、、と思っていたのがあるので、ショックを受けています(修理受付終了と、材質の劣化による故障の頻発の両方に)。

 色々なことをHP200LXで行っており、直ぐに切替が聞くというものでもありません。従って、何とか使えるものを大事に使い、その間に自分で首折れ修理に挑戦しないといけないことになりそうです。どのマシンも似たような時期に入手していますから、予備機も劣化が進んでいるとすると、現用機が10年持ったから2台の予備機で20年はもつ、、とは言えないところが辛いですね。

 運良く予備機で一生を過ごせれば良いのですが、駄目なときは色々な方法で代替を計らないといけません。今考えているのは、携帯電話、普通のPC、DOSかWindows98のDOSモードで動くPC、で何とかならないかということです。同じような使い勝手にはなりませんが(少なくとも携帯性に置いては、まったく駄目ですが)、やっていることだけは処理できないかなと考えてみる予定です。

 それにしても、発売から19年くらい、私が買ってからでも16年はたっていますから、よく使ってきたなと思うのと合わせて、そこまで使えるって凄いマシンだなとも思います。
 

|

« 大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 | トップページ | 大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 参加報告 »

PDA」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

矢澤さんの修理が終了してしまったのは残念です。
おっしゃるとおり、今後は自分で修理しなければなりますね。

しかし、首折れだけでしたら、「首折れの修理法」
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_5418.html
のようにすることで、ほぼ問題なく使えると思います。

また、プラスティックの劣化が問題でしたら、3Dプリンターで同じ形状のものを作れそうです。強度が必要なパーツもOKのようです。問題は、いくらくらいかかるかですね。
http://www.ijet.co.jp/index.html

3Dプリンターで200LXの外装を作ってもらえば、私の「初夢」も「正夢」になるかも知れません。(初夢:new200LXを作れないでしょうか?)
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/new200lx-3447.html

もっとも、今のところはヤフオクなどで200LXの入手が可能ですから、200LXの劣化のことは、あまり心配しなくても良いように思います。

私自身は、200LXの代替のことは考えずに、使っていくつもりでいます。

BlueSky

投稿: BlueSky | 2012年9月 5日 (水) 00時22分

そうですね。私もHP200LXからは離れられないだろうなと思っています。自力修理に挑戦して手持ちのものや、オークション、Thaddeusなどでの入手などで使い続けようと思います。

金属板とは良いアイデアですね。私も外側にはるほうがよいと考え、壊れた電池版を切って、上と横にはろうかと思っていました。劣化を考えると金属板のほうが良さそうです。BlueSkyさんの方法や矢澤さんの方法を参考に挑戦してみます。

投稿: masa | 2012年9月 5日 (水) 09時24分

ヒンジ部を外側から補修するというアイディアは、ここからいただきました。
そのほかにも、各種の補修方法が提案されています。

How to repair a HP 100LX, 200LX or 1000CX Palmtop
http://www.hermocom.com/en/knowledgebase/hplx/repair

BlueSky

投稿: BlueSky | 2012年9月 5日 (水) 10時12分

本当に残念ですね。
貴重で詳細な修理情報はウェブに残しておいて欲しいとお願いをしておきましたが,矢澤さんの一存ですから何とも。インターネットアーカイブには,2010年9月25日時点のページが保存されているので,一応まだ安心といえば安心なのですが…。

わたしの場合,VZ Editor が使えないとキーボードがあってもベタ打ちになってしまうので,なかなか代替が難しいです。Androidのdosboxでの試みをK.TAMさんが進めているので,とても注目しています。
K.TAMさんのブログ→ http://ktam.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/androidvz8inch-.html

投稿: めざら | 2012年9月 5日 (水) 11時53分

めざらさんのサイトもときどき訪問させていただいています。

>VZ Editor が使えないとキーボードがあっても
 そうなんです。最低限VZが使えればなぁ、、、

私がそう思うのは、電子辞書を見るときです。
 電子辞書あるいはポメラみたいな機種で、最低限VZが使えればなぁ、、、
 いろんなことができるのになぁ、、、
 、、、と思います。

BlueSky

投稿: BlueSy | 2012年9月 5日 (水) 20時54分

さすがに、今からDOSが動くマシンをゼロから開発して、、というのは無理でしょうから、HP200LXのボードを使って、キーボードと液晶をつけて動くように出来ないかという夢はみますけど、、。大きさや形やキーボーの感触は多少違っても、今動いているアプリが動けば良いかなと、、。

投稿: masa | 2012年9月 6日 (木) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55581871

この記事へのトラックバック一覧です: HP200LX機でやっていることの代替方法を考えないといけないのかな:

« 大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 | トップページ | 大人の音楽講座(旧・音質マイスター講座)は9月5日 参加報告 »