« FHPPC オフ会が近い | トップページ | 散歩途中の写真 青空、大きな木 »

2012年8月24日 (金)

文字のパターン認識範囲?

2012-08-24(金)晴れ

 街なかを歩いていると、幟旗(のぼりはた)形式の宣伝(の旗)を、よく見かけます。旗には宣伝文句が印刷されているわけですが、薄い布への印刷なので片面印刷です。従って、片側から見れば正しく見えますが、反対側から見れば裏返った内容になっています。そんな時、いつも文字の認識に関して、面白いなと思うことがあります。

Dsc1036a

 これは、正しい側から見たものです。で、反対側からみると

Dsc1035a

 これが反対側です。このとき、裏返っているにもかかわらず「食品売場」や「あ」の文字は、直ぐに読めます。しかし、「さ」は、どうしても「ち」にしか読めません。「あさ」と言うことが分かっているにもかかわらずです。(「ち」だけに注目して、向こうから見ると、、と考えてみて、やっと「さ」の文字であると見えてきます。)

 これは、裏返った「さ」が、「ち」の文字パターンに一致してしまうからでしょう。一致したパターンがなければ、裏返った文字でも直ぐに正しく読めるのに、面白いものですね。歩いていて幟旗を見ると、いつも確認してしまいます。変な癖がついてしまいました(笑)。

 

|

« FHPPC オフ会が近い | トップページ | 散歩途中の写真 青空、大きな木 »

一般」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55498991

この記事へのトラックバック一覧です: 文字のパターン認識範囲?:

« FHPPC オフ会が近い | トップページ | 散歩途中の写真 青空、大きな木 »