« Python: PyStnNews2 個別銘柄の株価表示を複数にしてみる | トップページ | エコカー補助金 その後6 »

2012年8月 6日 (月)

Nokia5800XMにNokia Emailをインストールした(された?)

2012-08-06(月)曇り、いちじ雨(かなりの激しい雨)

 さて、今までは持ち歩いていたものの余り活用していなかったNokia5800XMや、Nokia E52の環境を弄ってみています。今回は 5800XM に Nokia Email をインストールしました。インストールしたというより、インストールされてしましました。

 今まではEメールのメールボックスを作成していなかったので、作成しようとしたら Nokia Email のインストール画面に行って、これをインストールしないとメールボックスを作成出来ませんでした。

Scym0204a

 最後の二つが Email setting wizard とEmailです。従来のメールの画面からフォルダ追加を指定すると、 Email setting wizard が立ち上がるようです。で、新しいメールボックスを作成しようとすると、Eメールアドレスとパスワードを聞いてきます。二つを入れると、サーバアクセスに行くのですが、Eメールアドレスを考えて入れないとサーバアクセスが失敗して、それ以上進めません。このサーバアクセスは、メールサーバ情報を取りに行っているようです。hotmail とか gmail などは問題ないと思うのですが、プロバイダによっては落とし穴にはまります。私は落とし穴にはまりました。

 私はasahi-net のメールを使っていますが、メールアドレスは exampleアットマークasahi.email.ne.jp というようなものです。これを入れたのですが、このアドレスは別名アドレスなので、このドメインのサーバに行っても、情報は取れないようで、設定が進まないのです。実は、このとき入れないといけないのは、プロバイダ契約したときに与えられたIDや、本来のドメインです。私の場合は、例えばww4n.kknアットマークatson.net というような内容です。こんな内容はすっかり忘れていました。

 正しく入れると、メールサーバの情報は自動的に設定されます。昔みたいにPOPサーバやSMTPサーバの設定を入れることは不要です。楽になったといえば言えるのですが、上記のように落とし穴にはいると、抜けるのは大変です。

 また、送信と受信を別のプロバイダのサーバでやっているようなケースは、後で修正することを考えつかないと出来なくなります。簡単になるのと、難しさを内包するのは紙一重だなあと感じました。

 とりあえず、受信できました。あ、あと、設定を見直したほうが良いかもしれません。自動同期が設定されたままだと、パケット代がかさむかもしれません。私は、自動同期はオフにしました。

 

|

« Python: PyStnNews2 個別銘柄の株価表示を複数にしてみる | トップページ | エコカー補助金 その後6 »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55366192

この記事へのトラックバック一覧です: Nokia5800XMにNokia Emailをインストールした(された?):

« Python: PyStnNews2 個別銘柄の株価表示を複数にしてみる | トップページ | エコカー補助金 その後6 »