« 毎回、地下通路で迷う | トップページ | 駅前の向日葵 »

2012年8月 8日 (水)

Nokia 5800 XMのファームを更新した V60 その2

2012-08-08(水)曇り

 先日、Nokia 5800 XMのファームを更新して、その後少し使ってみました。

  先日の記事「Nokia 5800 XMのファームを更新した V60

 まあ、あまり違いは分からないのですが、違い/違わないところを分かったことだけ書いています。あとで、どうだったかな~と思ったときに参照できるように、自分のメモ代わりです。

(1)ブラウザ
 一番変わったのはブラウザでした。マルチタブというかマルチページというか、複数のページを開くことが出来、それらを一覧で見て切り替えることができました。だから、ページを追加して開いていけば、前に見たページに戻るのも簡単になりました。

Scym0205a  Scym0206a

 左が複数のページを並べて表示して切り替える画面です。左に少し見えている白いところが前に見た画面で、真ん中がこれからURLを入れて表示しようとする新しい画面です。画面を左右にこすって、左右に移動させて見ることが出来ます。

 ちょっと、面倒になったのが、ホームのページにブランクページとかブックマークを設定できなくなりました。
 「デフォルト」 --- oviのページ
 「ユーザ定義」 ---URLを指定
 「ユーザが、今見ていたページ」---今見ていたページ
が選択範囲です。だから、ブラウザを開くと、まずインタネットアクセスに行ってしまいます。パケットを無駄に使うわけです。そこで、上の右の画面のように、ダミーのhtml文書を作成しておき、それを指定することにしました。

Scym0208a

 メニュー画面です。以前より、何となくリッチな気分になった画面です。 一番下の左右に伸びたのは、いつも出ているメニューで、ブックマークや新しいタブなども一発で指定できるので便利にはなりました。

(2)Python 2.0.0
相変わらず、Python 2.0.0とは相性が良くないようです。再インストールして綺麗にしたのですが、ファイルブラウザスクリプトなどでEメモリを開くのが、相変わらず時間がかかるようです(1.4.xに比べて)。

 また、listboxで表示した一覧表はスクロールできません。1.4.xのように、まったく動かすことが出来ないのではなく、裏ではスクロールされているが、画面更新がされない、、というような動きです。

Scym0209a

 だから、さわったところだけ画面表示が変わるので、上のように何行も選択されたような赤色になってしまいます。

 この件については、スクリプトの中で対策できるか検討してみようと思っています(対策しても、2.0.0は使わないと思うけど(注1)

(注1)前回2.0.0をテストしたときにも、他にもいくつか問題があったからです。使うには、今までのスクリプトを全部手直ししないといけないからです。

 前回でた問題点の件はこちらです「25.Python S60 2.0.0

 

|

« 毎回、地下通路で迷う | トップページ | 駅前の向日葵 »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55383905

この記事へのトラックバック一覧です: Nokia 5800 XMのファームを更新した V60 その2:

« 毎回、地下通路で迷う | トップページ | 駅前の向日葵 »