« 白熱電球を買った | トップページ | Python: PyStationWeather_0_3_0 を作って戴いた »

2012年7月 6日 (金)

Python: 天気予報表示 PyStnWeather2(仮称)の検討

2012-07-06(金)曇り、いちじ雨

 先日、待ち受け画面に天気予報を表示するPyStnWeatherが、表示更新が出来たり出来なかったりで安定しないという記事を書きました。結局、goo mobileに、携帯電話として認識されて携帯板のデータが来たり、PCと認識されてPC板のデータが来たりしているわけです。アクセスした回数の半分がうまくいけば良い方で、成功率が低いです。

 ということで、アクセスするWEBサイトを変えようかと、検討を始めました。goo mobileをやめる理由は、上記のように安定しない事もありますが、その他にも理由はあります。

 ひとつは、変更が多いことです。「天気予報を表示する」というサービス内容は変わらないのですが、システムの変更が多く、そのたびに変更対応が必要になります。まあ、勝手に利用しているんだから文句は言えないのですが。
 例えば、前回だかの変更では、変更前は、お天気アイコンはgifファイルを送ってきていたものが、携帯電話の絵文字コードを送ってくるようになりました。絵文字コードを送ってくると言うことは、キャリアとか携帯電話などを判別して動きを変えているとも考えられます。その辺の複雑さが、今回の原因になっているのでは?と(邪推ですが)思っています。

 ふたつめは、変更を繰り返していることから、バグも持ち込んでいるようにも思います。前回だか、前前回だかの変更の後から、小田原を指定しても横浜のデータが来るようになりました。(PC版では正しいのですが、携帯板をみると、小田原の画面でも横浜のデータが表示されています。天気は概ね同じだから気がつきにくいのですが、気温が違うのでわかります。)

 みっつめは、2日分の天気表示にしてはデータ量が多くてパケット代がかさむことです。本来の天気表示以外のデータが多いのです。

 ということで、使わせて貰うWEBサイトを変えようと思い、新しいアプリの名称として「PyStnWeather2(仮称)」を検討しているわけです。WEBサイトの候補は下記の2カ所です。
  (1)j-walker天気予報
  (2)天気予報コム

 どちらも、余計なことをせず、あっさりとした天気予報表示ですし、PCでアクセスしても同じものが表示されます。その位、割り切ったものの方が使いやすいかもしれません。

 (1)(2)も、goo mobile も似たような表示なので、何とか出来るのではないかと楽観しています。とはいえ、(1)と(2)は一長一短で、どちらもやりやすい部分とやりにくい部分があります。当初は(1)を考えていたのですが、今は(2)で行こうとしています。

 また、改造を簡単にするために、週間表示は諦めて「今日明日」の表示だけにする予定です。今日明日は待ち受け画面に表示されるから嬉しい訳で、週間天気予報はカレンダーの各日の中を見ないといけないので、あっても嬉しさは少ないと思います。いざとなったら、ブラウザに上記サイトの週間天気予報URLをブックマークにしておいて、それを見る方が、全部見えて楽なように思います。

 ということで、PCで天気予報表示させ、そのソース表示のデータをプリントして、検討を始めました。Pythonの仕様を忘れているので、いつ出来上がるかは不安ですが、、。

 

|

« 白熱電球を買った | トップページ | Python: PyStationWeather_0_3_0 を作って戴いた »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

コメント

天気予報コムに対応したものを取り急ぎ作ってみました。
とりあえず現在は動くというだけで、
時間帯によっては上手く動かないかもしれません。
ご参考になれば幸いです。
https://sites.google.com/site/sibelian/PyStationWeather_0_3_0.zip
https://sites.google.com/site/sibelian/PyTaskServer_0_2_6.zip

投稿: Sibelian | 2012年7月 7日 (土) 09時38分

わあ、ありがとうございます。
Pythonや正規表現の仕様を、すっかり忘れているので有り難いです(年のせいか、頭にはいるより抜ける方が多くなって、、)。参考にさせていただきます。

投稿: masa | 2012年7月 7日 (土) 10時23分

今日、動かしてみました。動くときと動かなかった時がありました。午後、早いうちの時はエラーになり、夕方は動きました。
エラー内容は、
forecast.append({'d': dlist[i], 'w': wlist[i], 't': tlist[i], 'p': plist[i]})
のところでpointer がout of range になりました。どのテーブルが足りないのか、print文を入れたのですが、その後は動いています。
単なる推測ですが、降水確率の数が6個の場合が有るのではないかと思っています(明日の最後の時間の降水確率が、まだ入っていないとか、、)。
テストは続けてみます。

投稿: masa | 2012年7月 7日 (土) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55135095

この記事へのトラックバック一覧です: Python: 天気予報表示 PyStnWeather2(仮称)の検討:

« 白熱電球を買った | トップページ | Python: PyStationWeather_0_3_0 を作って戴いた »