« Nokia5800XM用皮ケース | トップページ | 水無川の水の勢いも、意外に強いのか »

2012年7月15日 (日)

PyStnWeather_003_0 と PyStanWeather_J_003_0 を差し替えました

2012-07-15(日)未明はかなりの雨、朝から曇り、ときどきうす晴れ/暑い

 題記のとおり、先日の記事に掲載したPyStnWeather_003_0 と PyStanWeather_J_003_0 を差し替えました。

その時の記事
  「Python: PyStnWeatherのj-walkerサイト対応版
  「Python: PyStnWeather_003_0が出来た

 理由は、、、お恥ずかしい理由ですが、、。
 動かないときの解析用にトレースデータを取る機能を入れてあるのですが、その機能をオン/オフするフラグのデータを、コンフィグ・ファイルから読み込むようにする処理を入れたまままでした。入れたままでも良い、、と思っていたのですが、こういうのは他の方に見せるものではないですね。コンフィグ・ファイルに、トレース機能オン/オフのフラグを記入しないとエラーになって動かないからです。

PyStation.cfgファイルの [PyStation Weather] セクションに
Debug_in  = 0
Debug_out = 0
という2行がないと設定ファイルのエラーになって動かないからです。

 ということで、差し替えしました。ま、現在では使う方もいないと思うので、自分用のメモの意味しかないとは思いますが、、、。

 
   

|

« Nokia5800XM用皮ケース | トップページ | 水無川の水の勢いも、意外に強いのか »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55202108

この記事へのトラックバック一覧です: PyStnWeather_003_0 と PyStanWeather_J_003_0 を差し替えました:

« Nokia5800XM用皮ケース | トップページ | 水無川の水の勢いも、意外に強いのか »