« HP200LX用カレンダーアプリ CAL3 その2 | トップページ | 重し用の石を拾ってきた »

2012年6月 4日 (月)

ドクダミを活用してみた

2012-06-04(月)曇り/晴れ

 裏庭に増えているドクダミは、先日採取して洗って天日干ししました。そのままになっていたのですが、干したのと生の葉を使ってみました。

 まず、生の葉です。2日ほど前から、左の鼻が詰まって気持ちが悪い思いをしていました。更に、その詰まりのせいか、目から鼻に抜ける管も機能していないらしく、涙が抜けないので目の調子も良くありませんでした。
 そこで、生の葉をアルミフォイルに包んで軽くあぶって、どろっとさせたものと、良く揉んだ生の葉を混ぜてから鼻に詰めておきました。2時間ほどそうしていたら、鼻汁が出て鼻が通ってきました。まあ、詰めたものの効能ばかりと言っていいのかどうかは不明ですが、結果オーライのところはあります。それに、あの、臭いの刺激だけでも鼻が通りそうな気はします。
 子どものころ、風邪をひいて鼻が詰まると、親がドクダミを揉んで詰めてくれたのは、それなりに効果があったのだろうと、今感心しているところです。

 さて、次は天日干ししたものです。これは、根から花までを丸ごと採取して洗い、天日干ししたものです。ちょっと干した段階から、あの独特の臭いはなくなります。

Dsc03614a

 水に入れて煎じてみました。味は、、あまりありません。もっと癖のある味かと思っていたのですが、香りのない、味の薄めの麦茶みたいです。むしろ、最近売っている何とか茶より、さっぱりしているかもしれません。これなら、飲むのにも抵抗はありません。
 飲んでみましたが、こちらは即効性はないと思うので、結果(良い結果、悪い結果、あるいは効果無しにしろ)は直ぐには分かりません。原料が無料なので、お茶の代わりに飲もうかと思っています。今日も採取して干してみました。

 因みに、持っている本によると効能は、腫れ物、蓄膿症、尿道炎、利尿、便通、高血圧の予防、水虫だそうです。まあ、即効性を求めるなら購入薬品を使う手もあるのかもしれませんが。

 

 

|

« HP200LX用カレンダーアプリ CAL3 その2 | トップページ | 重し用の石を拾ってきた »

健康関連」カテゴリの記事

植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/54876954

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミを活用してみた:

« HP200LX用カレンダーアプリ CAL3 その2 | トップページ | 重し用の石を拾ってきた »