« Pythonアプリ PyFolder | トップページ | 検査で病院に行ってきた »

2012年6月24日 (日)

Open Signed Online が変わっていた。 その1

2012-06-24(日)曇り、いちじ小雨

 3~4年前に、よく使っていた Open Signed Online のサイトが、大分変わっていました。 Open Signed Online のサイトは、開発中のアプリを、自分の持っているNokiaの携帯電話にインストールできるように、SISファイルに開発者認証のSignを付加するサイトです。

 以前はサイトにレジストしなくても使えましたが、今は、レジストして、ログインしないと使えません。もっとも、レジストは、メールアドレス(gmail、hotmai、lyahoo mailなどのメール以外が良いようです)が有れば1分くらいで終わります。

 新しいURLはこちらです「https://www.symbiansigned.com/signedui/welcome
 もっとも、以前のURLにアクセスしても、こちらへとばされます。

 あと、開発者認証を付加するためにSISファイルを送ったとき(Submit したとき)の、SISファイルのチェックが厳しいようです。
 以前、 Open Sign してインストールしたアプリ2種(下の(1)、(2))でテストしてみました。これらは、いずれも以前は Open Signed Online のサイトで開発者認証を付加できたアプリです。

(1)Ped_2.30.5_beta_3rdEd_unsigned_testrange.sis
(2)PythonScriptShell_1_4_5_3rdEd_unsigned_testrange.SIS

(1)は、最初
「This failed because of Please remove all signatures from your SIS file and try again. Your SIS file has been signed with a certificate which was not provided by TC Trustcenter. Please remove all the signatures from the SIS and resign with your Publisher ID from TC Trustcenter.Please correct the problem and try again.」
といわれて、エラーになりました。
 最終的には、FreeSignerというアプリの「Remove Sign」というメニューの動作でSignを削除してからSubmitしたら、Signを付加することが出来ました。

(2)は
「This failed because of The vendor name you have defined in the PKG file is Nokia. You are not allowed to use Nokia, please use your own company's name.」
といわれてエラーになりました。こういう場合は、どうしようもないみたいです(自分でスクリプトファイルのソースから、Vender name を変えてSISファイルファイルを作るしかないのかな)。

 ということで、UIDがtestrange のもので、Nokiaが作っているものでなければ何とかなりそうではあります。

 さて、新しいサイトの見た目をひとつ、、(クリックすると、もう少し大きくなります)

New_open_sign01_2 

 左側の下側から、自分が使いたい携帯電話のIMEIを追加します。認証を付加するSISファイルのSubmitは右上で行います。
 左上はUIDの申請、取得、管理の画面のタブです。本当に自分がアプリを開発する場合はここからUIDを取得するのでしょう。

 さて、右下に、Download Development Certificate のボタンがあります。ここから、 Development Certificate (cer / key ファイル)が取得できます。
 次回は、これを使って何とかならないか?という話です。

 

|

« Pythonアプリ PyFolder | トップページ | 検査で病院に行ってきた »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

ども、ご無沙汰してます。
元LeonapapaのJijyでございます。
今でもE72使っていて、先日、ちょっとした手違いでフルリセットする羽目に・・・。Orz
久しぶりにやると完全に忘れていて、とんでもなく手間がかかってしまいました。
未だに完全復旧できていません。
(手順をマメにまとめておけばいいのですが、いつも後の祭り。)

Open Signed Onlineは規制が厳しくなってからほとんど使っていませんでした。
さらにいろいろと制約がかかっているのですね。
sisパッケージを作り直すことは難しくないですが、結構面倒ですね。
Development Certificateが使えると面白いですね。

投稿: JijyTadano | 2012年6月26日 (火) 10時26分

こちらこそ、ご無沙汰しています。いや~、凄いハンドルに変えましたね(^^)。
私も直ぐ忘れるので、リセットから復旧させたときは、手順をそのまま、全部書いてあります。(何も考えずに、そのままやれば、とりあえず、有る地点までは設定できるように、、。)年はとりたくないものだ、、などと嘆いています。
Development Certificateは、Free Signerで使うと、インストールできるSISに出来ました。
今日のブログネタです、、。

投稿: masa | 2012年6月26日 (火) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/55043151

この記事へのトラックバック一覧です: Open Signed Online が変わっていた。 その1:

« Pythonアプリ PyFolder | トップページ | 検査で病院に行ってきた »