« うぐいすの声 | トップページ | 黄色い風船 »

2012年4月23日 (月)

その場所でのレシートのチェック

2012-04-23(月)雨

 昔は、買い物をした後に、店を出る前のレシートのチェックをしていませんでした。面倒なのと、何となくかっこ悪いように思っていたのです。でも、家に帰ってからレシートを見ると、間違いがあったりして、「しまった、その場所でチェックしておけば良かった」と悔しがりことが何回かありました。まあ、安い方に間違っているなら、まあ良いか、、で済ませても良いのですが、高い方に間違っていると少し悔しいです。

 その場でのチェックをするようになったのは、上記のようなことが何件かあったのと、あと香港や上海などへ出かけるようになったからです。友人(向こうの人です)と買い物とかレストランでの食事をしたとき、向こうの人はきちんとチェックしていました。たとえば、レストランで最後の支払いの時に、伝票を持ってきたウエイター/ウエイトレスが立って待っていても、きちんと中身を確認してからOKを出していました。チェックするのは、支払う人の権利であり義務なわけです(多く支払ってもいい人はチェックしなくても良いですが)。まあ、ほとんど間違いはないですが、それを確認するのは自己責任なわけです。
 その姿を見て、「なるほど、損をしたくなければ自分できちんとチェックすべきなんだ」と、目から鱗が落ちました。
 そういう点で日本の場合は、殆どチェックしていないみたいに見えるし、買った直後にレシートを(見もせずに)捨てていく人も多いですね。相手を信頼しているんでしょうけど、信頼できる相手でも間違いはありますしねえ。

 ということで、主にスーパーでの買い物ではきちんとチェックしています。点数が多いので間違いが入りやすいかもしれませんし。買ったもの全てが入っているかどうかはチェックしにくいですが、買わなかったものが入っていないか、、は分かりやすいからです。
 先日のスーパーの買い物で間違いを見つけました。ねぎを一本買ったのですが、レシートの中に「ネギ バラ」と「ネギ 束」が入っていました。両方買うわけがないので、さっそく苦情カウンターへ行きました。実は、ほうれん草束も買ったのですが入っていなかったので、その間違いだろうなとは思いました。結論としては、ほうれん草束をネギ束と間違えていました。POS端末の画面上で、ほうれん草束とネギ束は隣同士のキーだったので、押し間違いでしょうという説明があり、差額を返金して貰いました。

 実際に買ったものの方が高かった場合でも行ったかという点については、、、、、多分行ったでしょう(だろうということにしておきましょう(苦笑))。

 

|

« うぐいすの声 | トップページ | 黄色い風船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

三日に一度くらいは食パンを買いに行く店で売り場の棚に表示されていた金額とレジでの金額が違うことが頻繁にあります(POSだし安い方になってるんで指摘しませんが)[594]

投稿: 伍玖肆 | 2012年4月24日 (火) 18時26分

これは、時間経過と共に値段をどんどん下げていて、POSの中の価格は変えているけど、棚の表示価格変更が間に合っていないということですね、きっと。

投稿: masa | 2012年4月24日 (火) 19時40分

消費期限が近いのは割引シールで処理しているので明らかに棚表示の誤りなんですねぇ(それが度々なんですから随分と杜撰な店です)[594]

投稿: 伍玖肆 | 2012年4月27日 (金) 19時39分

そういわれてみると、スーパーなどでも割引シールで処理していますね、これなら2カ所変更はいらないから。
そのお店の間違いも、POSの方が安いから客の怒りを招く訳ではないのが救いですね。

投稿: masa | 2012年4月27日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/54543801

この記事へのトラックバック一覧です: その場所でのレシートのチェック:

« うぐいすの声 | トップページ | 黄色い風船 »