« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

庭の手入れ

2012-04-30(月)曇り/晴れ、夕方から小雨

 やっと、庭の手入れをしました。手入れといっても、草取りと植木の剪定です。今年は天候が変だったせいか、垣根のつげの芽も、余り伸びていませんでした。

Dsc03587a

 今は、草もなく綺麗になっています。我が家の庭は、手入れのビフォアーとアフターの落差が激しいのが難点です。

Dsc03588a

 飾りに植えてあるつげは、まだ黄色の芽が余り出ていませんでした。

Dsc03585a

 表は綺麗になったものの、裏はまだまだ、野草園みたいになっています。蕗も、蕗の薹の時は気がつく前に開いてしまって食べられませんでした。
 伸びてきているので、いずれ採取して蕗の煮付けにする予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

水無川風景、子どもが水辺で遊び

2012-04-29(日)

 駅途中への駐車場へ車を駐めて、駅まで水無川沿いを歩いてみました。少し薄着で歩くと丁度良い、爽やかな日になりました。運動公園横の水無川岸辺には、沢山の鯉のぼりが立てられていて、爽やかな風になびいていました。

Dscn0421a

 市役所付近の川の風景です。すっかり、緑の草が目立つようになりました。先日までは枯れ草色だったのですが、、。

 

Dscn0422a

 子ども達も水辺で遊んでいます。大きな石を抱えていっては投げ込んで、水しぶきが飛んでくると「きゃー」とかいって飛び回っています。もう少し先になると、水の中を走り回って遊ぶ子も出てきます。

 のどかな風景だなあ、、などと考えながら歩いた日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館のリサイクル本を貰ってきた

2012-04-29(日)晴れ、曇り

 図書館へ行ったら、リサイクル本の展示がありました(除籍した本を持ち帰れるようにしているものです)。すでに、何日か前から展示されているので、かなり持ち帰った残りですが、眺めてみて2册ほど持ち帰りました。

Dsc03584a

 読み終われば資源ゴミの日に出すことになるのかもしれませんが、誰も持ち帰らなくても廃棄されるので、ここは持ち帰って読んでみようかと思ったわけです。読むだけなら書庫にあるのを借りればいいのですけど、返却期限を気にしなくても良いのは気が楽です。

 高速道路の渋滞ニュースを聞きながら本を読む、そんな連休の日になりそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

運動公園も緑の風景に

2012-04-28(土)曇り、のち晴れ、のち曇り

 温かいというより暑いくらいの日もあったりして、すっかり春から初夏へ向かう風情を感じます。運動公園をあるくと、桜の木も緑一色になりましたから、新緑の季節、、という感が強くします。何枚か、運動公園の散歩道をうつしてみました。(COOLPIX L23)

Dscn0417a

 タンポポは終わりましたね。

Dscn0418a

 運動公園を一番長く回る(外周の)散歩/ジョギングコースも緑いっぱいです。左側は桜の木です。右の土手の上には(写真では細い木)こぶしの花(多分)が咲いています。

Dscn0419a

 こんなところもあって、ぶらぶら歩くには良いかもしれません。

 

Dscn0420a

 秋には真っ赤になるモミジも、今は鮮やかな明るい緑色です。

 色々な木の緑の下を歩くと、気分がすっきりしてきます。これから雨の季節までは散歩しやすいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

音楽 「いっぱい大好き」

2012-04-27(金)曇り

 24日に、ブックオフで聴いて「黄色い風船」という曲を探した事を書きました。昨日、夕方ブックオフに寄ったときに、流れていた曲が気になってWEBで探しました。最近は、ブックオフでは、本を見つけるより音楽を見つける方が多いみたいです(笑)。
 さて、その曲は 子ども(女の子)が歌っているもので、ママの子どもに生まれて良かったよ、、みたいな歌詞でした。色々な言葉でWEBを探したら、見つかりました。

 「いっぱい大好き(水谷ゆう)」でした。詳細は、この辺で読みました。自分で作った歌を歌っているのですね。

    

いっぱい大好き(水谷ゆう)
    歌詞タイム

 こんな声(子どもの声)で、こんな歌を歌って貰ったら、ママはうれし涙を流しちゃいますね。ハンカチが何枚も要るぞ。いや~、良い歌です。
、、でも、、、パパはどうするんだあ~~。

 なんて、思った日でした。ちょっと、CDを探してみよう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

テレビをつけている店

2012-04-26(木)雨/曇り

 食堂とか散髪店とかその他のお店で、テレビを流しっぱなしにしているお店があります。まあ、高そうなお店ではなくて、比較的安価なお店ですが。手持ちぶさたのお客の暇つぶし用なのか、店員/スタッフも見ているのかは不明です。
 こういうお店は苦手です。入ってみて、そういうお店に当たると、次はなるべく行きたくないなあ、、と思っています。とはいっても、近場に他のお店が少ないとどうしようもないですが。それでも店内が広くて、テレビが関係ないくらいな席があれば、まあ大丈夫です。

 理由は、見たくもない番組を流しっぱなしにされると嫌なんです。勝手に電源を切るわけにも行かないし、、。NHKニュース番組とか天気あたりなら、可もなく不可もなくで良いですけど、他の番組は、最近は何となく無理矢理感がつきまとう様な番組ばかりなので、見ていて辛くなります。多分、視聴率の問題もあって、とにかくチャンネルを選んでもらえるように、、というのが至上命題だからなのかもしれません。あと、ちょっとした時間毎に、コマーシャルで切り刻まれるのも、何を見ているのか分からなくなりますし。
 有線の音楽あたりが無難かもしれませんが、お金がかかるから難しいかな。

 ということで、お店の選択の基準が、昔と変わりつつある昨今です。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

寝る前の牛乳(熱い牛乳)

2012-04-25(水)晴れ、のち曇り/雨

 昨日から今日にかけて体調が今一(心臓が不調)で、今朝病院に行ったら、結局4時間ほど病院にいました。ま、大したことはなかったですし今は大丈夫です。でも、そういうときには健康のありがたさを、しみじみと感じます。
 昨日の記事で、胆道閉鎖症で亡くなった少女を偲んだ歌のことを書きました。その子は、人生を一日にたとえれば、曙か朝ぼらけ(夜明け)からいきなり夜になってしまったようなものです。こちらは、それでも人生の黄昏(?)まできているから、その点は幸せなのでしょう。
閑話休題

 さて、1年ほど前から、寝る前に熱い牛乳を飲むようになりました。骨とか、或いは色々のためにも、牛乳は多少は飲んだ方がよい、、と言われていますよね(世の中では)。それで、以前も飲んだのですが、お腹がゴロゴロしたり、お腹が張ったりするのが嫌でした。子どもの頃は毎朝毎晩、山羊の乳(たまには牛乳)を飲んでいましたから、牛乳にも耐性はあると思っていたのですが、結構お腹がごろごろしました。ある時、違いに気がつきました。子どものころは温かい(熱い)のを飲んでいたのですが、大きくなってからは冷たいのをぐい飲みしていたのです。
 ということで、寝る前にブログを書いたあと、熱い牛乳をゆっくりと飲んでリラックスしてから寝るようにしました。それ以来、あまりお腹には負担になっていないようです。

 子どものころ母親に、冷たいもの(水とか飲み物とか)をぐい飲みするなと言われていたことを思い出しました。お腹に負担になるからです、特に子どもには。 冷たいものは、水であっても噛んで飲めと言われました。若い頃は気にしていなかったのに、親が言っていた年になってくると、なるほど、、と思います。あと、話題はちょっと違いますが、「親孝行、したいときには親は無し」ってのも、親が言っていた年になってきて(親が亡くなってから)実感しました。

 牛乳から、大分話題がそれましたが、そんなことを思い出した日でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

黄色い風船

2012-04-24(火)晴れ/暑いくらい

 昨日、ブックオフへ行って本を探しているときに、ちょっと気になる音楽が流れていました。フォークソングっぽい曲で、ギターの伴奏に合わせて歌っているものです。何となく、じんわりと心にしみ込んでくるような曲でした。早速、夜にWEBで検索(歌詞の一部で検索)したら、分かりました。「黄色い風船」だそうです。

「私は小さな 黄色い風船
 風に揺られて ふわふわり
 ........        」

こんな感じです。途中から少し重い感じのパートが出てきます。

「重い足 を引きずることはない
 痛む体を 横たえることもない
 .........         」

まあ、フォークソングは反戦歌としても使われたから、違和感はありません。

曲の紹介は このサイト
曲の紹介や歌詞(1番のみですが)は このサイト
あたりが分かりやすいと思います。

 ここを読んで背景が分かりました。胆道閉鎖症で亡くなった少女を偲んで書かれた曲だそうです。背景が分かって聞くと、少し涙がにじんできます。最後の方の、「ママとうたおう、パパとおどろう、、、、、おうちに帰ってふわふわり」 なんてあたりは、ちょっと、、、じんわり。

 そういえば大分昔にも書いたのですが、聞くと涙がでてくる歌がいくつかあります。この歌も、そのひとつになりました。

昔の記事は ここです。ここの 10月27日の「よいとまけの歌」です。

 ちょっと、しんみりした日でした。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

その場所でのレシートのチェック

2012-04-23(月)雨

 昔は、買い物をした後に、店を出る前のレシートのチェックをしていませんでした。面倒なのと、何となくかっこ悪いように思っていたのです。でも、家に帰ってからレシートを見ると、間違いがあったりして、「しまった、その場所でチェックしておけば良かった」と悔しがりことが何回かありました。まあ、安い方に間違っているなら、まあ良いか、、で済ませても良いのですが、高い方に間違っていると少し悔しいです。

 その場でのチェックをするようになったのは、上記のようなことが何件かあったのと、あと香港や上海などへ出かけるようになったからです。友人(向こうの人です)と買い物とかレストランでの食事をしたとき、向こうの人はきちんとチェックしていました。たとえば、レストランで最後の支払いの時に、伝票を持ってきたウエイター/ウエイトレスが立って待っていても、きちんと中身を確認してからOKを出していました。チェックするのは、支払う人の権利であり義務なわけです(多く支払ってもいい人はチェックしなくても良いですが)。まあ、ほとんど間違いはないですが、それを確認するのは自己責任なわけです。
 その姿を見て、「なるほど、損をしたくなければ自分できちんとチェックすべきなんだ」と、目から鱗が落ちました。
 そういう点で日本の場合は、殆どチェックしていないみたいに見えるし、買った直後にレシートを(見もせずに)捨てていく人も多いですね。相手を信頼しているんでしょうけど、信頼できる相手でも間違いはありますしねえ。

 ということで、主にスーパーでの買い物ではきちんとチェックしています。点数が多いので間違いが入りやすいかもしれませんし。買ったもの全てが入っているかどうかはチェックしにくいですが、買わなかったものが入っていないか、、は分かりやすいからです。
 先日のスーパーの買い物で間違いを見つけました。ねぎを一本買ったのですが、レシートの中に「ネギ バラ」と「ネギ 束」が入っていました。両方買うわけがないので、さっそく苦情カウンターへ行きました。実は、ほうれん草束も買ったのですが入っていなかったので、その間違いだろうなとは思いました。結論としては、ほうれん草束をネギ束と間違えていました。POS端末の画面上で、ほうれん草束とネギ束は隣同士のキーだったので、押し間違いでしょうという説明があり、差額を返金して貰いました。

 実際に買ったものの方が高かった場合でも行ったかという点については、、、、、多分行ったでしょう(だろうということにしておきましょう(苦笑))。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

うぐいすの声

2012-04-22(日)曇り、のち雨

 最近、弘法山方面へゆく回数が減ったので、色々な鳥の声を聞くことが少なくなっていました。今日の夕方、家の近くの散歩コースを散歩していたら、綺麗なウグイスの声を聞きました。

 家の近くは市内でも田舎側の場所なので、周りは畑が広がっています。その中を川が流れています。水は、底の方にちょこっと流れているだけですが、川そのものは6~8m幅で、底までは5mくらいの深さがあります。ですから、周りが崩れないように両岸から底の方までは大きな木が茂っています。遠くから見ると、幅の狭い林が延々と繋がっているように見えます。

 そこを通ったら、練習の鳴き声ではなく綺麗な鳴き声が聞こえました。今時ですから、子どもの声ではなく、親鳥の鳴き声ですね。

 弘法山では色々な鳥の鳴き声も聞こえますし、野鳥観測の場所もあります。また弘法山方面へ歩いていこうと思った日でした。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

子ども達の作品

2012-04-21(土)晴れ/曇り

 各公民館のホールというかロビーというか、入口近くの広いところには色々な団体の作品が展示されます。その公民館に登録している団体だったり、その地区の学校とか幼稚園だったりします。例えば、写真のサークルの写真作品だったり、絵の団体の絵画だったりとか、、貼り絵とか、、色々あります。
 今回寄ったところでは、小学校低学年の生徒の作品がありました。絵とか貼り絵とか版画とか造形作品(色粘土かな)などです。

 版画を見たら、昔小学校の頃、みんなで版画集を作ったことを思い出しました。休日に学校に集まって、みんなの版画を刷って閉じて版画集にしたわけです。作りながら、みんなで雑談したり先生と話をしたり、、楽しかったことを思い出しましました。
 昔はパソコンも無かったから、先生は手書きでガリを切ったり(ガリ版原稿を書くこと)印刷したり、、大変ではあったと思います。が、生徒や親からは尊敬されていたから、やりやすかったのではないでしょうか。我が師の恩、、という言葉が生きていた時代です。

閑話休題
 こんなのがあったので、写真を撮ってみました。

Dscn0414a

Dscn0415a

 よく観察して作っていますね。お寿司大好きの子ども達の作品でしょうか。

 ちょっと、昔のことを思い出したり、ほのぼのとして眺めてきた日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

水無川沿いの様子

2012-04-20(金)曇り、のち曇り/雨

 運動公園回りの水無川沿いも、すっかり桜の花が散ってしまいました。しだれ桜は、まだ花がありますが、こちらもかなり葉の色が目立っています。

 写真は(COOLPIX L23)
Dscn0413a

 そめいよしのの桜の木も、まだピンク色に見えます。それは、どうも萼(がく)が残っているので、その色でピンク色に見えているようです。これが、下に積み重なるように落ちると、桜の木も緑色になるわけです。

Dscn0411a

Dscn0412a

 運動公園あたりの水無川の土手には、写真のような花が植えられています。区画毎に、色々な団体が(ボランティアで)手入れをしています。立ててある旗には「しばざくら祭り」「しばざくらの会」などと書いてありますから、しばざくらでしょう(花に疎くてすいません)。

 段々と、春の装いになりつつあるなあと感じた日でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

雑感 カメラとか、、久々にフィルムを買ったとか

2012-04-19(木)曇り/晴れ

 今日、街中を歩いているときに、ふと思いついて、まえによくいっていたカメラ屋でカラーフィルムを買いました。何となく、フィルムカメラで写真を撮ってみたくなったからです。

Dsc03583a

 昨年後半だったか、新しいデジタルカメラ(初級用みたいな最廉価版のカメラ)を買って使っていたのですが、何となくしっくり来ないときがあります。撮影条件にもよるのですが、何となくピントが甘いような、ぴしっとしない写真の時があるのです。まあ、感度も絞りもシャッタースピードも、すべてお任せしか出来ないですから仕方がないのかな。写真投稿サイトに投稿するわけでも、大きく引き延ばすわけでもないですし、ブログに使うには充分すぎるので問題ないのですけど。それに、最廉価版ということや、昔のことを考えると充分すぎる品質ではありますが、、。

 通常の(中級以下の)デジタルカメラで困る点が、もう一つあります。それは、ファインダーがないことです。ファインダーがないと、後ろのモニターを見て写すことになります。その時のスタイルは、手を少し伸ばしてモニタを見ながらシャッターをきるのですが、このスタイルは安定感が今一です。ファインダーを覗き込んで写すスタイルだと、カメラを持った手を顔につけて、脇を締めて写すのでカメラ固定の安定感があります。前に使っていた(今でも持っていますが)ソニーのDSC-FX77はファインダーもあるので、使いやすいときもあります。写した後、モニタでチェックも出来ますし。

 そういう意味で、ニコンの1シリーズのV1に注目して、よく家電店でチェックしています。あれはファインダーがあり、そのファインダーの画像は液晶画像ですから、ファインダー使用の使い方と、モニタでの移り具合のチェックを同時にすることが出来ます。それに、ミラー有り一眼レフより小型なので持ち歩きも便利そうです。使ってみたいのですが、ズームレンズと合わせると10万円では、ちょっと、、、、無理かな(それに、そこまでして撮る目的もないし、、)。

 という葛藤の最後に、そうだ手持ちのフィルムカメラで写真を撮ってみようとなったわけです。フィルムカメラの方が、撮るときに緊張感があるので好きですし、、。ただ、どこを撮りに行くか、、、、それが問題です。結局、機材より、撮りたい被写体が重要かなとも思った日でした。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

雑感、、ギター合奏とか独奏の練習

2012-04-18(水)晴れ、のち曇り

 今夜もギターサークルの練習でした。先日の発表会が終わってから、どうも参加率が悪いです。今日は、まあまあでしたが、また連休もあるし練習の間隔があきそうです。参加者が少ないので恒例のお茶会の後、各人が次ぎに練習する独奏の曲をあれこれ考えていました。
 私は「トロイメライ」とか、「スペインセレナーデ」あたりを考えています。「トロイメライ」は、楽譜をちょっと見た目には簡単そうに見えます。が、綺麗な音できちんと伸ばして、聞いていてうっとりするようにひかないといけないので、その点が大変です。「スペインセレナーデ」は、当分無理じゃないですか、、といわれてしまいました。まあ、何事も挑戦だ~と、とりあえず音は拾ってみようと思い楽譜をお願いしているところです。タルレガ名曲集は持っていて、そのなかに楽譜はあるのですが、先生の使われている楽譜とは違うみたいなので、同じものをお願いしておきました。

 とにかく、頭と指の運動に、暫くは頑張って「スペインセレナーデ」に取り組んでみようかと思った日でした。それにしても、ここのところ合奏の練習がありません。今年の合奏曲演奏は大丈夫かなあ、、とも思った日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

物忘れが、、、仕様を忘れたぞ

2012-04-17(火)晴れ、のち曇り/雨

 昨日書いたペイントアプリのテストの関係で、Pythonで作成した日本語入力アプリ(PyR2KKJ 注1)を久しぶりに使ったのです(注2)が、物忘れがひどいのに愕然としました。

   注1:PyR2KKJ:日本語FEPの無い携帯電話で、ローマ字入力で日本語を入力する
             為の簡易な自作アプリです。詳細はこちらです

   注2:ペイントアプリでファイルをセーブするときに日本語名をつけるために使用
      します。Nokiaの香港版携帯電話など、フォントはサポートされているが
      日本語FEPが無い携帯電話で使用します。

 PyR2KKJでは3つの辞書ファイル名を使用しているのですが、それぞれがどういう内容のものを示しているのかを忘れていることに気がつきました。あれだけ苦労して作ったものなのにと、情けないやら、年相応かとがっくりしたり、、、。
 結局、リリース時に同梱しておいた説明書を読んで思い出しました。やはり、アプリ作成時のドキュメントは大切です。

 このアプリだけは、取扱説明書だけではなく、設計時の基本仕様書も作成してあります。これがないと、バグがあって検討するときにも差し支えます。会社でハードやソフトの開発をしていた若いときに、ドキュメントの大切さをくどいほど言われたことを思い出しました。
 ある時期から世の中では時間短縮のために、(高級言語を使うときには、コメントを記入することで)「リストがドキュメントです」なんて言う人も出てきましたが、後で引き継いだ人は大変です。
 基本仕様書や詳細仕様書で基礎をきちんと検討して設計しておくことや、後のためにドキュメントをしっかりさせておくことも重要だと思います。

 そんなことを考えた日でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

テクノート:メモ書き用ペイントアプリのブログ記事の一覧を追加

2012-04-16(月)曇り

 昨年末に、携帯電話でのメモ書き用に使うためのアプリ、主にペイント/ドローアプリを探して、沢山のアプリのテストをしました。とりあえずは、「Sticky Memo」というポストイット的な使い方をするアプリを常用することにしました。しかし、ポストイット的ということは、メモの数が増えてくると重なってしまい分かりにくくなります。それに、重なっていると目的の記事を探すのも大変です。ファイルマネージャで記事のファイル一覧から探す、、ということが出来ないからです。

 ということで、またアプリと使い方の検討を始めました。そこで、過去のブログ記事を探しやすいように、自分のWEB記事「テクノート」に、過去のテスト記事の一覧を追加しました。

  

「テクノート」 の 「Nokia携帯電話用ペイントアプリ」 の項目です。

 

 こうしておくと、自分のブログ記事が自分のノート代わりになります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

桜は散り、春の祭りが、、

2012-04-15(晴れ、のち曇り)

 桜も、早めに咲いた木は既に葉っぱが目立つようになりました。遅かった木には、まだ花が多いですが、それでも散った花が目立ったり、ガクなどの赤が目立つようになりました。

Dscn0407a

 運動公園の陸上競技場入口の桜は(土曜日の段階では)まだ、花がありましたが、下は花びらのじゅうたんでした。下が白く見えるのは花びらです。ぱっと見た目には、地面も木も雪景色みたいです。

Dscn0410a

 日曜日、駅前の方では盛んに太鼓の音(各町内の太鼓連の人達がたたく太鼓の音)が聞こえます。昔の中心部の町内会毎にあるようなので、あちこちから聞こえてきます。小太鼓がメインで6~8人くらいで打つので、テンテンテンツクツクテンテン、テンテンツクテンツクテンテンツクツクツクテンツクテンテン 見たいに聞こえます。大人の慣れたチームだと、最初はゆっくり始まりますが、直にかなりの速度になり、車の上でずーっとうちながら、街中を回ります。あの速度で、ずっとうちながら回るのは大変だろうなと思います。
 その、1チームの近くでは、御輿が賑やかに担がれていました。

 春を感じた週末でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

香港「3」プリペイドSIMのリチャージをした

2012-04-14(土)雨/曇り

 香港「3」のプリペイドカード(HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM)の期限が切れたのでリチャージしました。期限が4月11日で、リチャージしたのが4月13日だったので、どうなのかと思ったのですが、無事に継続されていました。

 香港「3」のプリペイドカードは、「HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM」が2枚、「3G Int'l Roaming Rechargeable SIM Card」が1枚、生きています。それほど使うわけではないですが、携帯電話やアプリのテストなどの時とか、いつか香港へ行ったときに使おうかと、毎回リチャージしています。欲しい、、と思ったときに買うのも大変なので、継続しておくわけです。1枚あたり、半年に1回100HKD(1100円くらい)で継続できるので、まあ、良いかなと思います。

 ただ、使わないと、どんどんリチャージしたお金が貯まっていくので、何かの折りに使おうと思っているのですが、なかなか使う機会が少ないです。そろそろ、香港にも行きたいなあ、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

桜がピンク色に見えてきた

2012-04-13(金)晴れ、のち曇り、のち雨

 桜の話題が続きますが、、満開になる前に比べて、(遠目に木全体を見たときに)桜の花がピンクがかってきたようです。夕方は曇り空になり、桜の花が映えないかと思ったのですが、かなり綺麗に見えるので何故?と思ったら、かなりピンクがかっているので綺麗に見えるようです。

 近くで見ると花びらの色は変わっていないようにも見えるので、別の要因みたいです。即ち、満開を過ぎると、開いた花の中心とか花びらの落ちたあとの「がく」の部分の赤い色が混じって、全体としてピンク色が強くなったように見えるようです。もう少しすると、葉が出てきて緑色が強くなるのでしょう。

 夕方から雨になりました。これで、更に花も散ることでしょう。間もなく、桜の季節も終わるかなと思った日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

桜も満開、すっかり春の空気

2012-04-12(木)晴れ

 運動公園の桜も満開で、少しずつ散り始めています。桜の花びらが、ちらほらと舞うのもいいですね。
 桜が咲く前あたりまでは、暖かい日も寒い日もありましたが、全般的に空気が冷たかったのですが、今週あたりからは空気に暖かさが加わり、すっかり春の感じです。先週までは冬用のジャンパー(オーバーコートに近い)だったのですが、今週からはひとつ薄手のジャンパーになりました。

Dscn0405a (COOLPIX L23)

 運動公園の南側の散歩道の桜です。少し散り始めるくらいまで開いていますから、本当に豪華に咲いている感じがします。先週末土曜日から、毎日お花見のグループを見かけます。ちょっと先の広場では、今日も賑やかにやっています。賑やかにといっても、昔のような高歌放吟はありませんから、問題ありません。

Dscn0406a (COOLPIX L23)

 運動公園と水無川の間の歩道(散歩道)です。桜のトンネルが1.5kmほど続きます。沢山の人が歩いたり、カメラを構えたりしています。人通りが少ない時を見計らって写真を撮ってみました。

 すっかり春だなあ、、と感じた日でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

本とか感想文

2012-04-11(水)雨

 最近、図書館のリサイクル本を持ち帰って読むことが多いです。子ども向けが多いですが、返却日を気にしなくて良いので気が楽です。先日持ち帰って記事にした本も読み終わりました。
 先日の記事 「本:リサイクル本とかイヤミスとか、、

 この記事の本「海から、、、、」は、
 ・敗戦間近のころ、学徒動員みたいな感じで南方へ船で向かった少年が、
 ・沖縄近くで船が攻撃で沈められて海底に沈んで死亡
 ・その時叫んだお母さんへの言葉を記憶した魚が、さらに小魚に託し
 ・小魚が母親へ伝えに来る
というような内容です。ファンタジー的な仕立てですが、戦争についても考えさせるといったところでしょうか。何となく教育臭が、、云々と言ったのは、その辺ですが、それでも小学校高学年向けで、安心して薦められる本ではあります。だから、感想文課題図書になったのでしょう。

 でも、、、、何となく、これを課題に選んだ人達の狙いというか考えが透けて見え、そしてどの様な内容が書かれるのを期待しているか(すなわち得点ポイントか)わかるように考えてしまったのは邪推でしょうか。課題図書として提示されてしまったのですから、もちろん読み取る感性は必要としても、後は作文あるいは短編小説をどう書くかというような技術の比較になるのでしょう。まあ、コンクールだから、そういうものかもしれないけど。

 従来、感想文とは、対象の本を選ぶところから始まると考えていました。なぜ、その本を選んだのか、その本に何を感じたのかが、重要かなと思ったのですが、対象が決まっていると、その辺の記述が難しくなりますね。

 いずれにしても、昔から感想文は苦手でした。そんなことを考えながら読み終わりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

作って売る方も大変

2012-04-10(火)晴れ、のち曇り

 夜、車に乗ってエンジンをかけようとするときに、キーを挿入するあたりが暗くて見えにくいので、キーライトを買いました。前の車はキー挿入口の周りが暫く明かりがつくようになっていたのですが、今度の車はないのでキーライトで対策です。

Dsc03582a

 100円ショップで(税込み)105円です。ボタン電池2ヶを使うのですが、一応最初から入っています。電池交換の説明もありますが、それを見ると、ネジをはずしてばらすと殆ど部品がバラバラになりそうな感じです。配線なんかなくて、ダイオードの足で直接電池を挟んでいるようなくらい簡単な構造みたいです。
 電池がなくなったら電池を買って交換するより、この製品を買い直した方が安い気がします。

 電池2ヶ込みで105円、これで利益が出るとは、作って売る方も大変です。そう思った日でした。

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

サイフへのお札の入れ方

2012-04-09(月)晴れ

 今日は晴れて、暖かい良い天気になりました。月曜日ですが、運動公園はかなり賑わっていました。休みが土日ではなく、ずれている方々もいますし、桜の満開に合わせて家族サービスで休んだ方もいるかもしれませんし、、。
 そういえば、スーパーでも土日についで、月曜日が結構混んでいるのを見ても、休みの方が多いのかもしれません。

 伊勢の友人から、同期会の宿泊場所の桜の写真を送っていただいたことを思い出したついでに、%題記の件% を思い出しました。サイフへのお札の入れ方です。
 皆さんは、サイフへのお札の入れ方はどの様にされていますか。先日、伊勢へ行ったときに送迎バスの運転手さんが、様々なガイドの他に色々と話していました。運転手さんの生まれた家は神主さんの家だとか言ってました。さて、その話の中に、お札に入れ方の話がありました。

 結論を言うと、財布を開けたときに「手前が高額の紙幣」、「向きは、肖像の頭が下、即ちサイフの奥の方」が良いのだそうです。手前が高額紙幣というのは、手前側から1万円、5千円、千円の順ということですね。どういう良いことがあるのかは聞き忘れました。きっと、お金が回って来やすくなるのでしょう。

 これからは、努めてそのような入れ方にしてみようかと思う今日この頃です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

続・桜祭り 桜は青空が似合う

2012-04-08(日)晴れ

 今日も、移動のついでに運動公園に行ってみました。今日は、若干風が強いときがあるものの、晴れているので桜祭りへの人出が多くなりました。何枚か写真を撮ってきました。
 (写真はCOOLPIX L23)

Dscn0395a

 昨日と同じ場所ですが、今日の方が綺麗です。やはり、桜には青空の日の昼頃が似合います。そめいよしの花は色がうすいので、青空の日の日光で見る方が綺麗です。曇りの日だと、薄く汚れた白い花、、というように見えてしまいます。青空をバックに、日の光で輝く桜は良いと思います。もっとピンクの桜だと、曇りの日でも平気なんですが、、。

Dscn0397a

 駐車場に停めようという車の列が、運動公園周りの道路の溢れます。私は、一番最後に埋まる、ちょっと遠い駐車場に停めて来たのですが、そこですら一杯になろうとしていましたから、このあたりはずいぶん前に満杯です。この列に入ってしまうと、先へ抜けるまで大変です。

Dscn0398a

 今日も、琴の演奏をしていました。やはり桜には琴の音色が似合うようです。でも、演奏していたのは一般受けする曲でした。ロシア民謡(カチューシャみたいな)とか、 フォークソング  フォークダンスの曲(オクラホマミキサーだったかマイムマイムだったか)などもメドレーでやってました。昨日はベテランの方が多かったのですが、今日は若手のメンバーでした。

Dscn0401a

 

広場は、昨日よりも大勢になりつつあります。まだ、お昼直前だったから、シートだけで人がいないグループもいましたが、お昼時になると賑やかだと思います。

 やはり、桜は青空の日の昼頃が良いようです。そして、やはり逆光にならない方角から見る方が綺麗ですね。そう感じながら、桜の下を歩いた日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

運動公園の桜

2012-04-07(土)晴れ/曇り

 各所からの桜の話題が聞かれます。当方の運動公園も、見頃は週明けかなと言う予想に反して、この週末あたりが良さそうです。運動公園では、この週末に桜祭りが行われています。
   写真はCOOLPIX L23)
Dscn0383a

 運動公園の裏側(南側)の桜です。ぱっと見た感じ、満開といいたい咲き具合です。右手の方では大勢が花見で、宴を開いています。昼間は良いですが、夜桜は寒そうです。

Dscn0386a

 こちらは運動公園の北側の道路です。道路の両側の桜は(南側に比べると)若干咲き具合が遅いみたいです。でも、今日明日くらいが良いみたいですね。

Dscn0387a

 運動公園では毎月、コスプレの団体の行事が行われています。今日も、桜の下で思い思いの衣装で撮影していました。

Dscn0389a

 中央の噴水前では桜祭りの色々な行事が行われています。今は、琴の演奏が行われていました。この人数で演奏しているのを聞くと、なかなか聴き応えがあります。何曲か聞いてきました。童謡から歌謡曲までやっていました。風があって、楽譜がめくれて大変そうでした。なお、楽譜は、見ても分かりませんでした。オタマジャクシではなく、文字、数字とかで書くみたいですね。横の方では、次の出番か何かの踊りの団体が準備していました。

Dscn0392a

 何カ所かに露店が出ています。やはり、食べ物が多いかな。

Dscn0393a

 上の露店風景の横にある広場は、かっこうの花見宴会場所です。歌も出ていました。生の声の歌は禁止されていませんから、、。

 桜が開いてからは概ね晴れの天候で幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

免許証は返納できないだろうなあ

2012-04-06(金)

 ひとつ前の記事で、自動車税の一部が帰ってきた事を書きました。受け取りに銀行の窓口へ行ったのですが、その手続きの途中、ふと考えたことがありました。以前も考えたことですが、また思い出したのです。

 それは、運転免許証は、ずっと持っていないとまずいみたいだなあ、、と言うことです。窓口での手続きでは身分証明書がいるのですが、当然のように「免許証を確認させてください」と言われます。
 年をとったら返納したほうが良いとか言われますが、身分証明書としての役割を考えると返納できないだろうと思うわけです。保険証とかですむケースもありますが、写真もついていないし信頼性に欠けるので、代わりにならないケースもあるようです。写真付きと言えばパスポートがありますが、以前、銀行で身分証明書として使えなかったことがあります(今ではどうか分からないのですが)。そういう意味で、一番確実なのは運転免許証です。

 だから、更新できる限りは更新していこうと思います。それと、実際に車を運転するかどうかは別です。運転が危なくなったら車はやめても、免許証は持っていようかと思った事でした。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自動車税の一部が戻ってきた

2012-04-06(金)晴れ/曇り

 2月末に車を入れ替えたのですが車検切れ直前の入れ替えなので、税金とか自賠責のお金は戻りがないものと諦めていました。が、自動車税は年度ごとの課税ですね。葉書が来て、1ヶ月分くらい戻ってきました。いや~、期待していなかったから、ちょっと嬉しいです。もともと自分が払ったお金の戻りだから、得をしているわけではないけど、期待していなかった分の嬉しさはあります。
 ま、ちょっと嬉しかった話でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

すっかり春らしくなってきた

2012-04-05(木)晴れ

 若干、風の中に冷たさも残るものの、寒いというほどではなく春らしい陽気と言って良いでしょう。桜の花も、一気にほころんできました。久々に、県立戸川公園の方へ(車でですが)行ってみました。
 (写真は(COOLPIX L23))

Dscn0376a

 風の吊り橋の遠景です。まだ、山々は緑と言うにはほど遠い感じですが、直に緑になるのでしょう。

Dscn0379a

 駐車場の横、あずまやのある場所の桜は、かなり咲いています。写真にあるような縁台みたいな台では、一人昼寝をしていました。

Dscn0378a

 今まで気がつかなかったのですが、上記桜の場所の一角には、何やら祭ってあります。奥に、石の碑みたいなもの(高さ15cmくらい)があり、その前には様々なものが飾られています。結局、何であるかは分かりませんでしたが、、。

Dscn0380a

 かぜのつりはしです。上は吹きさらしなので、かなりの風がふいています。ま、名前にふさわしいのかな。

Dscn0381a

 吊り橋のワイヤには、写真のようなものが端から端までかなりの数、取り付けられています。一つ一つからケーブルが敷かれているので、何かの検出器でしょうか。最初は、夜になったら表示する表示器かと思ったけど、それにしては小さいし、取り付け場所の配置から見て異常検知器なのかな。ケーブルは、全部管理棟の方に敷かれているようです。

 最後に、運動公園の方の桜を見てみました。

Dscn0382a

 

これは、運動公園の裏側の道路脇の桜です。かなり咲いています。表側も同じようにかなり咲いています。今週末あたりが満開かなとも思ったのですが、週末にかけて気温が下がりそうなので、来週前半くらいかもしれません。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

ギター練習日、今日もお茶会

2012-04-04(水)晴れ/曇り

 昨日の暴風雨が過ぎて、まずまずの天候になりました。ただ、北の寒気が下がって来ているせいか、日差しの割には風が冷たいようです。

 さて、そんな中、今夜もギターサークルの練習に行ってきました。練習場所は会社内施設を借りているので行ってみたら、周りの庭の桜の花がほころんでいます。

Dscn0374a (COOLPIX L23)

 日が落ちているので色が綺麗に出ませんでしたが、桜の花はかなり咲き始めていました。今週末か、来週の初め頃には咲きそろいそうです。

 先々週末に、こじんまりした独奏重奏発表会が終わったので、前回、今回とメンバーの出席率が良くありありません。結局、今日も発表会の時のお菓子の残りでお茶を飲みながら雑談を始めてしまいました。そこへ、先日北海道旅行に行ったメンバーがお土産を持ってきました。

Dscn0375a

 「わかさいも」だそうです。甘くて、お茶には良く合います。そんなこんなで、結局、今日はお茶会・雑談会で終わりました。まあ、こうやってお喋りしてストレス解消も重要な事かもしれません。

 そんな夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

本:リサイクル本とかイヤミスとか、、

2012-04-03(火)晴れ、のち曇り、午後から大雨・強風

 今日は午後から大雨・強風ですね。ニュースによると全国各地で被害が出ているとか言ってました。鉄道の遅れ、運休のほかトラックの横転や建造物への被害で、死者や軽傷者が出ているなど、大型台風並みです。(低気圧の気圧でみれば大型台風並みですね。)

 さて、それとは全く話題が変わるのですが、、、。最近、図書館の出入り口のところにあるリサイクル本の棚から本を貰ってくることが多いです。図書館が処分する本を、読みたい人が持って帰っても良いようになっています。何冊かいただいたのですが、傾向を見ると、少年少女向けの冒険ものが多いようです。大人向けのものは、色々難しい問題があって、つい少年少女ものになるのかもしれません。(色々難しい問題、、というのは、後述のイヤミスの項で書きます。)

Dsc03578a

 先日持ち帰った本を見ていたら、こんなシールが貼ってありました。私たちが子ども頃はなかったような気がします。確かに、第35回(多分35年)だから、それより昔の我々の時代にはなかったんでしょう。

Dsc03581a

 こんな本でした。少し読んだところです。若干、教育臭がしないでもない内容ですが、まあ最後まで読むのに抵抗のない本のようです。小学校高学年に適しているようです。今、図書館や喫茶店に入ったときに読んでします。

 

 さて、「色々難しい問題」と言ったのは、読み終わったときにどんな気持ちになるか、、という問題です。最近の新聞で読んだのですが、「イヤミス」と言われる本があるそうです。イヤミスとは、、読み終わった後「いやな」後味が残る「ミステリー」と書いてありました。推理小説なのですが、筋の中で人間関係や事件や諸々がどろどろとしたもので、読み終わった後に嫌な後味が残るものを言います。どうも、人間としての悩みが残る、、と言うのではなく、砂を噛むような後味のようです。それが、30代以上くらいの女性に人気が出ているのだそうです。最近、どっと売れ始めた本の編集の方(男性)が、「なぜ売れるのかは分からない、この本を良いと言った男性はいなかった」と感想を漏らしたそうです。でも、女性読者に売れているから、出版社としてOKなのでしょう。

 実は、以前持ち帰ったリサイクル本の推理小説が、まさにそのように感じました。シリーズものでしたが、世の中では、かなり売れたシリーズのようです。1冊目を持ち帰って読んだのですが嫌な後味が残り、読まなければ良かった、、と反省したのです。でも、まさか2冊目は違うだろうと思って読んだのですが、30ページくらい読んだところで、「ああ、同じだ、、」と感じて本を閉じました。

 子ども向けは、教育臭がするものはあっても、どろどろした嫌な後味ものはないだろうと思います(そう期待しています)。だから、最近持ち帰るのは、少年少女向けが多くなるのです。他愛もないものが多い、、と言ってしまえば実もふたもないのですが、ユーモア小説と思って読むと、結構楽しめます。長い間読まれている、人間とは何か、、なんて頭を悩ますような本とは違いますけど、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

富士霊園、富士スピードウエイに出かけてみた

2012-04-02(月)晴れ

 4月の声を聞いて、大分陽気も温んできました。風が冷たいと言っても、以前のような冷たさではなく、歩くには丁度良い感じです。日の光が気持ちよさそうだったので、全てを放り出して車で出かけてみました。少し、車を走らせる目的もあります。

 最初は、御殿場の乙女峠へ行って富士山を見ようと思ったのですが、空の下の方は若干、薄雲があるのでやめて富士霊園へ行ってみました。

Dscn0372a (COOLPIX L23)

 富士霊園の中の、中央の道路です。中央分離帯で撮影しています。道路の両側は桜の並木ですが、さすがにまだまだ、ピンク色は見えてきません。当市内の桜より3週間くらいは遅いのが例年です。当市内でも咲く気配は見えないので、まだまだでしょう。

 隣の富士スピードウエイからは、大きな爆音が聞こえてきます。練習とかそういうのでしょうか。見られればいいなと思って行ってみたのですが、勝手が分からず駐車場にも入れなかったので戻ってきました。やはり、案内図を見てからいくべきですね。

 帰ってからWEBで見たら、通常の日は東ゲートから、、と書いてありました。西ゲートまでしか行かなかったので駄目なわけです。
 「仁和寺に、ある法師、、、、(徒然草)」の記述ではないですが、先達(教えてくれる人)が欲しいというか、案内は見てからいくべきですね。

 また、天気の良い日に行ってみようかと思った日でした。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

アクセルとブレーキペダル位置の微妙な感触

2012-04-01(日)晴れ

 車を替えてから、一ヶ月と少したちました。以前の車からは小さくなったり、トランスミッションがマニュアルからオートになったりしているので感触が違うのですが、少しずつ慣れてきました。まあ、比べて色々言ったところで、車が違うので仕方がないことですから、後は慣れるだけです。
 ペダルの位置といえば、一番変わったのは補助ブレーキ(サイドブレーキ)です。従来は左側の手で操作するようになっていたのが、左足で踏むようになりました。即ち、従来のクラッチのペダルの代わりです。でも、これは比較的に直ぐに慣れました。

 そんな中で、まだ若干違和感があるのがアクセルペダル、ブレーキペダルの位置です。最初に、ぱっとブレーキを踏もうとすると、何となくアクセル側にいってしまうのです。まれに、殆どアクセル側にいってしまうことがあります。今日、色々と検証したのですが、多分、昔の車に比べて、アクセルペダル、ブレーキペダルの位置が、3~4cm、左側になっているような感触です。
 前の車がないから比較できないのですが、今度の車はコンパクトカーで、小さい中に色々入っているせいか、右足の先あたりのドアの内側が少し膨らんでいます。以前の車は大きいので、椅子のところから平らでした。その分、ペダルが左側に寄ったのではないかと思うのです。
 以前の車は、ぱっと右足を伸ばすとブレーキの位置で、アクセルはその右、という感じでした。今度の車は、ぱっと右足を伸ばすとアクセル6、ブレーキ4くらいの位置に行きます。その分、ずれているわけです。この辺は、それ以外の要素(椅子の形とか?)もあるかもしれません。
ブレーキをかけるとき、いつも、ブレーキペダルの右4割部分を踏んでいるような感じになります。ブレーキとアクセルの踏み間違いをしないよう、早く慣れようと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »