« 太陽光発電 | トップページ | 天体の話題 »

2012年3月28日 (水)

夕暮れの風景

2012-03-28(水)晴れ

 ギターサークルの練習に出かけるときに、ふと夕空を見上げました。昼間に青空を見上げることは多いですが、ここのところでは、日の入りの頃の空を見上げることが少ないのに気がついたからです。もっと、日の入りが早い頃には、散歩から家に帰るときに見ることも多かったのですが、今の時期は家に入ってしまってから日の入りになるからかもしれません。

Dscn0363a (COOLPIX L23)

 文化会館の駐車場から南西の方向を見た風景です。夕日を入れると、画面に光りの筋が入ってしまうので、太陽は文化会館に隠しました。それで考えてみると、人間の目の光学系の性能は凄いんですね。昼間の空から夜空まで見えるんだし、、。

Dscn0365a (COOLPIX L23)

 夕日に照らされた図書館と体育館です。何となく、どこかの高原のロッジとか、ホテルの風景みたいですね。写真を撮ってみて改めて、なかなかの風景の場所だなあ、、と思ってしまいました。

 日本人は日の出の頃が好きなんだという説を聞いたことがあります。夕暮れの頃を表す言葉は少ないのですが、日の出の頃を表す言葉は数多いからです。
良くは知らないのですが夜明けの頃の言葉だと、黎明、払暁、彼は誰、明け、夜明け、暁、東雲、曙、朝ぼらけ、などとありますね。夕方だと、黄昏、夕暮れ、日暮れ、薄暮、逢魔が時、くらいでしょうか。でも、夕暮れも、ちょっと切なくてなかなかですよね。

 そういえば、かなり遅くまで、東雲(しののめ)を(とううん)で読んでいたのは、恥ずかしい思い出です。あなたは、最初から(しののめ)と読んでましたか?

 

|

« 太陽光発電 | トップページ | 天体の話題 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

天候、気象、季節感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/54336933

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの風景:

« 太陽光発電 | トップページ | 天体の話題 »