« 車の買い換え | トップページ | 柿の実が随分と残っている、、 »

2012年1月 8日 (日)

X02NK 強制リスタートの弊害?

2012-01-08(日)晴れ、ときどき曇り

 昨年の8月に故障して、18,000円もかけて修理したX02NKですが、また故障したかと慌てました。
   故障の時の最初の記事「メイン携帯電話(X02NK)が故障した

 前回の故障は、液晶側をスライドさせてキーを出すと液晶のバックライトが消えるというものでした。今回は、液晶側をスライドさせても、キーロックのオンオフがされませんし、ライトがついたりつかなかったりします。左ソフトキー、右ソフトキーの順に押す方法でも、オンオフできたり出来なかったりします。何より、電源キーで電源が切れません。

 また、18000円くらいかけて修理かと、冷や汗が出ました。ただ、昨日と本日で違うことは何か?と考えてみて、ふと強制リスタートの影響かな、、と考えました。タイマアプリによる強制リスタート(再起動)は、最近はおこなっていませんでしたが、昨日設定して今朝からリスタートさせるようにしたのです。

 リスタートはPythonのスクリプトで、「Z:\System\Program\Starter.exe」を起動しておこなっていますが、本来、これをやって良いのか?という問題があります。その前に、何か起動しないといけないタスクがあったり、止めないといけないタスクがあるかもしれないわけです。
 強制リスタート後と、電源オフオン後の状態では、メモリの空き状態が違います(強制リスタート後の方が多い)から、強制リスタート後では、何か動いていないタスクがあるかもしれないわけです。

 さて、とりあえずの対応ですが、電源オフが出来ないので電池抜きしてオフにしてから、電池を入れて電源を入れてみました。嬉しいことに、ちゃんと動作しました。
 当面は、ときどき、自分で電源オフオンしてやることにして、強制リスタートはやめておこうかと考えています。

 

|

« 車の買い換え | トップページ | 柿の実が随分と残っている、、 »

携帯電話」カテゴリの記事

故障、修理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/53692934

この記事へのトラックバック一覧です: X02NK 強制リスタートの弊害?:

« 車の買い換え | トップページ | 柿の実が随分と残っている、、 »