« 使用していない機器の整理、処分 | トップページ | 今シーズンの蝉の声 »

2011年8月 3日 (水)

JVCケンウッド・ショールーム「大人の音楽講座・オーディオ編」

2011-08-03(水)晴れ、曇り、(東京は夕方夕立大雨)
                    (帰宅が遅いので、次の日の朝のアップです。)

 今夜も、東京有楽町にあるJVCケンウッド・ショールームの「大人の音楽講座・オーディオ編」にきました。17時直ぐに有楽町で電車を降りたら、とたんに夕立の大雨です。駅を出ないで、道路への出口で15分くらい雨を眺めていました。そういう人が大勢いました。傘を持っていても、あの土砂降りの中には出たくないでしょう。15分もすると小振りになったので駅を出て歩き出しました。

 「大人の音楽講座・オーディオ編」も最近は盛況で、今夜も大勢の方が参加していました。

E52p277a

 写真では少ないように見えますが、この後来た方や写っていない方がいるので、実際は大勢でした。
 今回はLPレコード、CD、高音質CDのほか、ネットワークオーディオというかPCオーディオというか、PCを使った音楽も聴きました。PCを使ったファイルでは、通常の44kHzサンプリングではなく、もっと高いサンプリング周波数のものや、44kHzサンプリングのものを倍のサンプリングにするソフトを使ったファイルなどを聞きました。それらを聞き比べたりしたわけです。

 この、「44kHzサンプリングのものを倍のサンプリングにする」というのは、この音には、このような高調波(倍音)があるはず、と付加するもののようです(詳しくは知らないです、間違ってたらごめんなさい)。
 興味深いのですが、この辺に来ると私の今までやってきたオーディオからすると、ちょっと方向が違うので、あまり深入りは多分しないな、と思いました。
 即ち、なるべくあるがままに伝送する、、というより作り出す、という方向だからです。とはいえ、モノを疑似ステレオにするとか、イコライザで周波数領域のレベルを上げ下げする、、というのは今までもあるわけですから、それはありで、今回のは許せないのか?という問題もあります。なかなか、難しいですね。

 色々と興味深い催しでした。終了後は、同級生と近くの飲み屋で飲んでワイワイとやってきました。同級生以外でいつも参加される2人も一緒で、賑やかな飲み会でした。結構飲んで、各自4品のつまみで2100円、有楽町ではいつも、凄く安く上がります。

 

|

« 使用していない機器の整理、処分 | トップページ | 今シーズンの蝉の声 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/52387460

この記事へのトラックバック一覧です: JVCケンウッド・ショールーム「大人の音楽講座・オーディオ編」:

« 使用していない機器の整理、処分 | トップページ | 今シーズンの蝉の声 »