« テレビのアナログ放送終了 | トップページ | 続 「1リットルの涙」 »

2011年7月25日 (月)

当分怖いかな、中国の高速鉄道

2011-07-25(月)晴れ

 昨日の事故(中国の高速鉄道の事故)のニュースを読んで、怖いなと思うと同時に、やはり、、と思いました。一番肝心な、ノウハウの必要なシステム管理部分を独自開発したとあったからです。もちろん、独自開発で悪いことはないのですが、多分、突貫工事的にでっち上げたのではないかと思ったわけです。
 現場とか開発技術者はもっと時間が欲しいと思っても、国家威信をかけたプロジェクトですから計画からの遅延は許されず、多分上層部は聞く耳持たずで進めたのではないかと危惧するわけです。

 障害で止まっている列車に追突なんて、あってはならないし、もっとも稚拙な事故が、いとも簡単に起きたことは驚きです。運用システムなど、設計が悪かったとしか思えません。そして、更に問題は後始末です。今後のために詳細に調査すべき列車も、さっさと壊して埋めてしまったのは、事故原因の隠蔽か?などと思ってしまいます。安全対策の向上も期待できないか?などと思ってしまいます。

 以前、上海に行ったときリニアモーターカーに乗ろうかと思ったときも同じような危惧を感じてやめたのですが、あれも事故の時の救出に問題があって話題になりましたね。ということで、中国の高速鉄道は、あと10年は乗るつもりはありません。

 他の小さな国なんかだと、他国から丸ごと導入するから、まだましかもしれません。中国はメンツ、独自開発にこだわっているから怖いところがあります。中国の友達も、中央部はフェイスが大事だから(メンツが大事という意味)、、と言ってました。

 

|

« テレビのアナログ放送終了 | トップページ | 続 「1リットルの涙」 »

ニュース」カテゴリの記事

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/52305779

この記事へのトラックバック一覧です: 当分怖いかな、中国の高速鉄道:

« テレビのアナログ放送終了 | トップページ | 続 「1リットルの涙」 »