« 言葉 明明後日は、、 | トップページ | User Agent 変更とシリアル番号追加 »

2011年5月 7日 (土)

PUMA Phone の電源スイッチを入れてみた

2011-05-07(土)曇り/寒いくらい

 スタートアップガイドを読んで、何とかSIMと電池を入れ、充電も終わったので電源を入れて弄ってみました。とりあえず、香港「3」のSIMで電話も出来ました。面白い使い方がありそうですが、まだ内蔵アプリの使い方が分からないので、必死にユーザーマニュアルを探してしまいましたた(マニュアルは同梱されていない)。
 色々探した結果、スタートアップガイドに書いてありました。内蔵されたMicro_SDに、PDFファイルで入っていました。印刷したら88ページもありました。じっくり読んで、色々試して見ようと思います。

Dsc03370a

 メイン画面はアイコンが3つしかありません。これはこれで、浄いかもしれません。

Dsc03372a

 左のアンテナ表示とか、右のバッテリー表示が変わっていて面白いです。バッテリー表示は FULL -> HAPPY -> HUNGRY -> LOW と変わるのだそうです。

 画面は感圧式のタッチスクリーンですが、若干慣れが必要な感じです。外部との接続は、充電も、PCとの接続も、ステレオイヤフォンの接続も、すべてマイクロUSBコネクタ部分で行います。側面がすっきりしています。暫く、楽しめそうです。

 

|

« 言葉 明明後日は、、 | トップページ | User Agent 変更とシリアル番号追加 »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/51606684

この記事へのトラックバック一覧です: PUMA Phone の電源スイッチを入れてみた:

« 言葉 明明後日は、、 | トップページ | User Agent 変更とシリアル番号追加 »