« Python [PyTalkTime] の調査と改造 | トップページ | ステータスが全然変わらない »

2011年5月14日 (土)

おおたかどや山の標準電波が再開された

2011-05-14(土)晴れ

 先ほど、ふとFMチューナを見たら、東局の標準電波受信のインジケータが点灯していました。WEBで見たら、、おおたかどや山標準電波送信所が、13日に暫定開始したとのニュースがありました。色々と苦労されているようです。

 数少ない局でカバーできるというのは、動いているときは良いけど、故障すると数が少ないというのは短所になるわけで諸刃の剣ですね。
 電波航法とか通信衛星なんかでもそうで、昔は沢山作らないとカバーできなかったから、一つや二つ故障しても影響は少なかったわけです。新しいのは数局で全世界がカバーできるから、、といっても、数を極端に少なくすることが難しいのが信頼性、冗長度の問題ですよね。

 一局しかないなら、頑張って運用率を高めて貰うしかないです。駄目だったら無いと思ってねっていうことになると、始めから全然ない方が金がかからなくて良いのでは、、なんて言われてしまうかもしれません。はてさて、FMチューナの設定はオート、手動、どちらにしておくなあ。

 

|

« Python [PyTalkTime] の調査と改造 | トップページ | ステータスが全然変わらない »

ニュース」カテゴリの記事

時計、クロック」カテゴリの記事

コメント

13日に復活してましたか

4月26日から記録し始めたのですが受信できなかった日は5月6日7日8日12日でした
そしてどういうわけか17日は起床時には受信できてなくて8AMの自動受信で捉えました
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2011年5月20日 (金) 21時46分

再開後は、ずっとインジケータがついているので大丈夫のようですね。

投稿: masa | 2011年5月21日 (土) 19時58分

40kHzは復活している筈なのに当方の電波時計は時々標準電波受信マークが消えていることがあります;今朝も受信マークなしだったが午前8時の自動受信時刻に窓際に移動しないでいたら受信に失敗したので窓際に置いといたら午後2時の自動受信で受信に成功したようです;感度が低下したのか気象条件なのか40kHzの空中線電力が以前より下がっているのか[594]

投稿: 伍玖肆 | 2011年6月 2日 (木) 18時52分

当方の機器では、比較的長い間隔の受信チェックなので、受信マークは出たままです。手動で強制的に再受信指示しても受信できているから良いかな、、と思ってます。

投稿: masa | 2011年6月 3日 (金) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/51669866

この記事へのトラックバック一覧です: おおたかどや山の標準電波が再開された:

« Python [PyTalkTime] の調査と改造 | トップページ | ステータスが全然変わらない »