« 計画停電と原発  雑感 | トップページ | 停電と電話 »

2011年3月22日 (火)

オール電化住宅

2011-03-22(火)雨

 昨年、良くかかってきた電話セールスですが、今後は暫く来ないであろうと思われるものがあります。それは、、、オール電化にしませんか、というセールスです。

 某電力会社の代理店というか特約店というか、のセールスにのってオール電化にした家でも、しまったなあ、、と思っている方がいるかもしれません。私の場合は、お金をかけてオール電化にしても、あまりメリットを享受しないうちに要らなくなる(自分では使えなくなる、、ここはどこ、私は誰??になりそう)と思ったので、断り続けていました。

 近くで、住宅を建て替えているお宅があります。かなり大きな家に建て替えているのは、多分2世代、またはいずれ3世代所帯にするためだと思います。古い家を壊して、新築を始めたのは昨年末で、もうじき引き渡しでしょうか。
 で、よく外から見るのですが、大小のエアコン室外機が7台ついています。各部屋についているのでしょう。そして、貯湯タンク付きの深夜電力型給湯器です。プロパンガスの取り入れ設備がないから、IH機器によるオール電化キッチンかなと思います。

 昨年、計画・着工した時期で考えると羨ましいような近代(?)住宅でしたが、今となってみると、う~ん、と唸ります。停電されると、煮炊きもできないんですよね。今年の夏どころか、来年の冬も計画停電が噂される状態では、なかなか辛いものがあるのかな、、、などと思う今日この頃です。
 先ほどまで、湯たんぽに足を載せてロウソクの光の中でビールを飲んで、やっと夕食を済ませてから、こんな事を考えつつ、この記事を書いています。

 今までに比べて暖房と灯りに若干不便な生活も、2日間くらいは辛かったです。が、思い切り考えを変えて、子どもの頃を思い出したら、「まあ、いいか」という気持ちになりました。真冬に、家の中に置いた洗面器の水が底まで凍るような中で、囲炉裏とコタツひとつで過ごして来た昔を考えると、真冬でも氷もはらない当地は過ごしやすい気もしています。でも、昔を知らない方は辛いでしょう。良い環境ばかりで来ると、何があっても悪い方にしか変わらないですものね。悪い方を経験していると、多少悪くても、あれに比べれば、、と、精神的に楽になれます、実体は変わらないとしても、、。

 

|

« 計画停電と原発  雑感 | トップページ | 停電と電話 »

一般」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/51190227

この記事へのトラックバック一覧です: オール電化住宅:

« 計画停電と原発  雑感 | トップページ | 停電と電話 »