« Handy Weather を期限延長した | トップページ | E52のAllFiles化は遠い »

2011年2月18日 (金)

PyStnWeather 使用法に制限ができました

2011-02-18(金)未明は雨、曇り、時々晴れ

 PyStnWeather の使用方法に制限ができました。WAPゲートウエイ(WAP アクセスポイント)経由でないと動かなくなりました。詳細は以下の通りです。

 PyStnWeather はHiisiさんのアプリ「PyStationWeather」を、その後のgoo天気のデータ変更に対応させたものです。今までの経緯とかの記事は下記のとおりです。

  「PyStnWeather モジュール差し替えました。
  「Python スクリプト 雑記」のなかの「19.天気予報表示用スクリプト」です。

 さて、上記の記事へのコメントでHiisiさんから情報をいただきましたが、goo天気の仕様が変わったようで、WAPゲートウエイ(WAP アクセスポイント)経由でないとgoo天気の携帯板にいけなくなりました。このため、その他のアクセスポイント経由で使うと動かなくなりました。
具体例で言うと、
 ・705NKのWap Browser のアクセスポイント 経由ですと動きます。
 ・X02NKの Application Connection や Browser Connection 経由ですと動きません。

 今後は、WAPゲートウエイ(WAP アクセスポイント)経由で使うことを仕様とします。

Wap AP以外ですとPC板にとばされるのでPC用のデータは取得できるのですが、下記理由から、このデータへの対応はしません。

 (1)データ量が大きい(今までの3倍になる)。このため、毎日4回ほどの更新で運用するには、(私の場合)パケット代がかかりすぎる(今は2000円の無料通信範囲内で使っている)。
(2)データのエンコーディングや、お天気データの形式が異なるので、結局は全く別物のアプリになりそうである。(エンコーディングでいうと携帯板はShift-JIS、PC板はEUC-JP)

 ということで、自分としてはWap AP経由で使うことにします。実は、今までもWap AP経由だったので、仕様変更に気がつかなかったわけです。
 なお、今後ともgoo天気の携帯板のデータフォーマット変更には対応する予定です(あくまで予定ですが)。

 

|

« Handy Weather を期限延長した | トップページ | E52のAllFiles化は遠い »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/50906311

この記事へのトラックバック一覧です: PyStnWeather 使用法に制限ができました:

« Handy Weather を期限延長した | トップページ | E52のAllFiles化は遠い »