« MMClub新年会 追記 | トップページ | PyMyViewer V.0.02(0)を、やっとPythonスクリプト雑記へ入れた »

2011年2月14日 (月)

契約している貸しサーバエリアのFTPも面倒な手続きが必要になってきた、、

2011-02-14(月)曇り、雨、夜は雪

 ニフティの貸しサーバエリア(有料)を使用しています。最初に使いたくなったのは、旅先からブログへ投稿するときの、写真ファイルを入れるエリアにしたからです。
 ブログへEメールでモブログ投稿すると、添付した写真ファイルはフルサイズに表示されてしまうので、見栄えがおかしくなります。このため、写真ファイルはサーバにFTP転送しておいて、ブログへの投稿はHTML形式で写真のサイズを指定したテキストにします。ブログのHTMLテキストから、サーバの写真ファイルへリンクさせるわけです。
 ブログサイトへの投稿では、写真は実際投稿するまでどのディレクトリにどういう名前で入るか分からないので、HTMLテキストに記入できないのです(まず写真だけ投稿してみて、そのディレクトリとファイル名を読んで、もう一回テキストを投稿する、、なんてのは面倒です)。

 以前pythonで作成したPyResizeJpg、PyMyFTP、Fubuki2htm なんてスクリプトは、上記のような投稿のためでした。

 ということでサーバエリアを借りていたのですが、FTPが面倒になりました。それは、海外からのFTPが規制されたからです。だから、海外からだけでなく、国内にいても香港の「3」のSIMを入れた携帯電話からのFTPができませんでした。

 色々調べたところ、FTP元のIPアドレスを、予め指定しておけば良いことが分かりましたので、携帯電話会社のホストのIPアドレスを調べようとしたら、、、便利なサイトがあるんですね。
 携帯電話のブラウザから下記のサイトをアクセスすると、そのSIMでつないでいる電話会社の(アクセスポイントの)ホストのIPアドレスを表示してくれます。この、IPアドレスを(実際はネットマスクとして、少し幅広い範囲で)、貸しサーバに許可IPアドレスとして設定しました。これで、海外SIMの携帯電話からでもFTPできるようになりました。

  このサイトにお世話になりました。 「自分のIPアドレスをチェックしよう!

 

|

« MMClub新年会 追記 | トップページ | PyMyViewer V.0.02(0)を、やっとPythonスクリプト雑記へ入れた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/50871243

この記事へのトラックバック一覧です: 契約している貸しサーバエリアのFTPも面倒な手続きが必要になってきた、、:

« MMClub新年会 追記 | トップページ | PyMyViewer V.0.02(0)を、やっとPythonスクリプト雑記へ入れた »