« まだまだ赤い木が目にとまる | トップページ | 懐かしいコミックス その2 »

2010年12月13日 (月)

[Python S60 2.0.0] 今回の「概ね最終」まとめ

2010-12-13(月)曇り、のち雨

 [Python S60 2.0.0] を使ってみて、色々と出た問題点を何とかごまかす方法を探ってきましたが、これは今までのまとめです。自分が忘れるので、メモとして書いておくものです。

 それぞれの内容については、今までの記事を参照して下さい。今までの記事の一覧は

  「Python スクリプト雑記」 の 「25.Python S60 2.0.0」 に記述しました。

問題点と結果
(1)(Nokia 5800 XMで使った場合)appuifwのListboxでのリスト画面でスクロールが出来ない。
  → 未解決

(2)sys.setdefaultencoding('utf-8') が実行できない。
  → sysのリロードを行うことで解決

(3)sysのリロードを行うと、以後はprint()関数で出力できない(画面に表示できない)。
  → sys.stdout の控えを取り、リロード後に再代入を行うことで解決。

(4)(Nokia 5800 XMで使った場合)Pythonでの E:メモリへのアクセスが遅い。
   (旧のファームではなかった現象で、新しいファームで発生した)
   (Python 1.4.5 ではそれほど遅くないが、Python 2.0.0 では異常に遅い)
  → 未解決

(5)(Nokia 5800 XMで使った場合) Pythonで作ったエディタなどで数キロバイト以上のファイルの編集画面では、入力タブの表示が異常に遅い。
   (旧のファームではなかった現象で、新しいファームで発生した)
  → 未解決 
  → Python 2.0.0関連ファイルを再インストールすると現象が消えた。
     (2010-12-27 追記)

(6)appuifwのListbox画面で「e32.Ao_lockの)signal()を発行するとPythonごとダウンしてしまう。
  → signal()発行前に、必ずappuifw.text() の画面にすることで解決

(7)sys.argv が使用できない。
  → sys.argvを使った処理を削除する。

 

|

« まだまだ赤い木が目にとまる | トップページ | 懐かしいコミックス その2 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/50293122

この記事へのトラックバック一覧です: [Python S60 2.0.0] 今回の「概ね最終」まとめ:

« まだまだ赤い木が目にとまる | トップページ | 懐かしいコミックス その2 »