« [Python S60 2.0.0] sysリロード後の注意点 | トップページ | 黄金色のイチョウ »

2010年12月 2日 (木)

国際通話、国内通話とも「+国番号..」で発信可能になった

2010-12-02(木)晴れ、のち曇り

 一昨日、SaltyCatさんからの「masa's WonderLand 掲示板」へのコメントで教えて戴いたものですが、SoftBank Mobileの携帯電話では、題記の件が可能になりました(他社については知りません)。

 SaltyCatさんのブログでの記事はこちらです「塩猫の暇つぶし 国際コード変換」。

 即ち、日本国内から電話するとき、国際電話でも国内宛の国内通話でも、ダイヤルする電話番号として 「+国番号 - 相手の番号」で発信できるようになりました。
 例: 国内通話で 03-5555-8888 へ電話するとき
    +81-3-5555-8888 でかかるようになりました。(81は日本の国番号)

 これで、海外への出張が多い方や、海外勤務で日本へ出張する方など、国内外で電話をかける方は、電話帳への登録は全て「+国番号」から始まる番号にすることが出来ます(外国では以前から可能なので、、)。

 国際通話に関しては今年の初め位から「+国番号..」が可能になり、国内通話に関してはその後、可能になったようです。国際通話に関しては、SBMの国際電話のかけ方に記述が成されましたが、国内通話に関しては記述が見あたらないので、はっきりとは分かりません。

 今回も、SaltyCatさんが、偶然見つけて教えて下さったものです。SaltyCatさんはPythonのスクリプトで「Jcontacts」 (注1) という、国際コード置換アプリを作って使用していらっしゃしましたが、今回たまたま「Jcontacts」を使わないで発信したら繋がったので分かった事項だと言うことでした。

  注1Jcontacts詳細:「電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト

蛇足:
 かなり過去からの流れで言うと、国内通話は今回の改訂まで 03-5555-8888 の形式のみでした。

 国際通話は
(1)かなり以前は 「0046-010-国番号...」 でした。
  (0046はSBMの場合の番号)
(2)その後、「010-国番号... 」で可能になりました。
(3)今年初めぐらいから 「+国番号...」で可能になりました。

 これで、国内外で電話する方で電話帳登録に悩んでいた方も、悩みは解決かもしれません。

 

|

« [Python S60 2.0.0] sysリロード後の注意点 | トップページ | 黄金色のイチョウ »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、SSaltyCat です。ドコモはいつからかわかりませんが、+ で国際電話、国内通話ともに可能です。

投稿: | 2010年12月 9日 (木) 08時14分

情報ありがとうございます。
今の私の周りには、国際電話をかけるような方がいないので、どうしても情報が不足します。ドコモが先行して、他が追っている感じかもしれませんね。でも、遅い歩みとはいえ、どのキャリアも改善されつつあるのは嬉しいことです。

投稿: masa | 2010年12月 9日 (木) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/50189160

この記事へのトラックバック一覧です: 国際通話、国内通話とも「+国番号..」で発信可能になった:

« [Python S60 2.0.0] sysリロード後の注意点 | トップページ | 黄金色のイチョウ »