« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2010年、今年一年ありがとうございました。

2010-12-31(金)

 今年も大晦日になりました。世の中でも色々とあったとはいえ、無事大晦日を迎えられたのは喜ばしいことです。

 こんなブログを訪れて下さった方々にお礼を申し上げます。そして、来年もよろしくお願いいたします。

E52p178a (E52 秦野駅前、まほろば大橋)

 上の写真は、秦野駅前の「まほろば大橋」を水無川の河原から撮影したところです。空気が冷たいですが、空は青空で晴れていました。大晦日が抜けるような青空でラッキー!!でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパムメールが減った

2010-12-31(金)晴れ

 今年最後に若干嬉しかったことを思い出しました。それは、、2ヶ月ぐらい?前からスパムメールが減りました。プロバイダのスパムフィルターのフォルダは1週間分のスパムメールを保存してくれます(注1)が、以前は1200通以上残っていました。2ヶ月?くらい前からは、400通ぐらいになりました。3分の1ですね。スパムフォルダの中身をチェックするのが楽になりました。

注1;以前はGメールのフィルター(30日間保存してくれる)を使用していましたが、その後は契約しているプロバイダのフィルターを使っています。理由は次の通りです。受信メールの転送設定をしている場合、Gメールのスパムフォルダーは、あるメールのスパム解除をしても転送してくれないけれど、プロバイダのメールは転送してくれるからです。

 何ヶ月か前に、ロシアで一日に何百万通もスパムメールを出すサーバを運用していた男が捕まったとか、中国でスパムメールを出しているサーバが捕まったとかのニュースを聞いたことがあります。何となく、それ以降減ったような気がするのは、こじつけでしょうか。とにかく、受けるスパムの70%位は日本語以外のスパムなので、あながちこじつけでもない、、と思っています(全体的に監視が厳しくなったのかもしれませんが)。

 来年は、もっと減ってくれるといいなあ、、と思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

プラネタリウムアプリ 「Local Sidereal Time」

2010-12-30(木)曇り、夜小雨

 昨日に引き続き天文関係のアプリですが、プラネタリウムみたいなアプリです。プラネタリウムアプリといえば「Solun'-u」というアプリが有りました。「Solun'-u」はミニプラネタリウムそのもので、なかなか面白いアプリでした。今でも、全部の携帯電話に入れています。
  「Solun'-u

 今度は「Local Sidereal Time」というアプリ(以下LSTと略す)です。
LSTは下記に有りました。

 「www.getjar.com」  「www.youpark.com

「Local Sidereal Time」は、訳すと「地方恒星時」です。「地方恒星時」は天文観測などで必要とされますので、それを求めるためのアプリです。アプリLSTは、恒星時を求めるほかに星空表示も行いますが、更に有用な機能があります。それは、太陽や惑星や主な星座の位置データを数字で求めることができるのです。その時点での方位角と高度の数字が出ますので、星空で探しやすくなります。
 「Solun'-u」でもLSTでもそうですが、星空表示だけで実際の星座の位置を求めるのは、携帯電話の画面では難しいからです。

Ssce0105a  Ssce0106a

左:太陽のデータを求めたところです。方位角(北から東回りに数えた角度)204度4分の位置の、高度27度45分の位置にあるというデータです。

右:その位置をStar Chart で探すと太陽が出てきました。

 この両方が有ると、星座も探しやすくなります。このアプリは有料ですが、試用期間が終わったら購入しようかと考えています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

Sun and Moon とか Moonphase とかのアプリ

2010-12-29(水)晴れ

 最近は、携帯電話の新しいアプリ(注:自分が今まで使っていなかったと言う意味での新しいアプリ)を探していませんでしたが、ふと欲しくなったものがあります。個別のアプリ名ではなくて、こんなアプリが欲しい、、という話です。それは、月の出や入りの時刻、月齢などが分かるアプリです。できれば、太陽の出や入りの時刻なども分かれば万全です。

 今までは、HP200LXのアプリで見ていましたが、「バッグをおろしてHP200LXを取りだして、、」とやるほどでもなく、携帯電話でさらっと見られたらなあ、、という訳です。
 過去に使った「Solun'-u」というJAVAアプリは、プラネタリウムアプリでムーンフェイズも見られるのですが、その時刻の月の形が画像で見えるのみで、月の出入り時刻とか月齢の数字(月齢何日)などは分かりませんでした。
 で、「Sun」「sun moon」などで検索して、何件かみつけました。大体JAVAアプリで、下記のところで見つけました。

http://www.getjar.com のサイトの画面で 「Moon」 とか 「sun moon」で検索すると出てきました。
   「sun moon」 「Moon

 下記のものを見つけて試してみました。簡単な印象を書いてみました。[]内はモジュール名です。題名に同じ名前のものがあるので、付加しておきました。

(1)Sun and Moon times v1.01 (実際はV3.00(2)) [SunMoon.jar]
(2)Sun and Moon times                                  [SunMdmo.jar]
(3)Sun and Moon All About it (V1.00(0))          [Luas.jar]
(3’)Moon All About it      [Luas.jar]
(4)Moon Phases             [moonphases.jar]
(5)MoonPhase               [MoonPhase.jar]

印象とスクリーンショット(テストはNokia E52で行った。)

(1)Sun and Moon times v1.01
  有料、情報は多い、表示が文章的で分かりにくい。
  購入しないと位置が設定できないので、経度、緯度が0度の例しか見られない。

Ssce0090a  Ssce0091a

(2)Sun and Moon times
  (1)の最初のバージョンらしい。
  有料、情報は(1)と同じか。表示は若干見やすい。

  表示は(1)と概ね同じだが、文章が短い分、若干見やすいかもしれない。

 

(3)Sun and Moon All About it
  太陽と月の出/入りの時刻、月の新月/半月/満月の日時表示あり。
  月齢表示(月齢何日とか%表示がない。上記から自分で計算する必要有り)。

Ssce0096a  Ssce0097a

上図は月の情報です。右は月の出、入り時刻と方角です。

Ssce0098a  Ssce0099a

上図は月の月齢を示す画像(左)と日の出、日の入り時刻と方角(右)です。

Ssce0100a  自分の位置設定画面です。


(3’)Moon All About it
  (3)の中の月の情報のみの版。
  メニューに「終了」が無かったりと使いにくいか。(3)を使う方がよい。

 

(4)Moon Phases
  月齢(何日)の表示と、月の位置(赤経、赤緯、地球からの
  距離)距離表示のみ。
  月齢日数が、他のものより一日少ないみたい。

Ssce0102a  Ssce0103a

左:普通にインストールすると、表示が若干大きいのか、日付表示の左右が表示されない。左端は曜日表示が、右端は西暦表示(2010)が切れている。
右:JADファイルの中にスクリーンサイズを記入してインストール(注1)すると、若干小さくなって全部表示される。但し、文字が小さくて読みにくいかもしれない。私は、左の画面のまま使用することにしました。

注1:画面サイズの指定の仕方はこの記事にあります。
   「E60 Lunar Calendar

 実際にJADファイルに追加した内容
--------------------------------------------
Nokia-MIDlet-Original-Display-Size: 200,266
Nokia-MIDlet-Target-Display-Size: 240,320
---------------------------------------------

(5)MoonPhase
  月齢表示、(月齢の)%表示のみ。

Ssce0104a

-------------
 (4)(5)は自分の位置設定は不要です。地球の何処から見ようと月の見える形は同じ(月齢は同じ)だからです(その時点で月が見えるかどうかは別にしてです。即ち地球を透かしてでも見えると仮定すると、その形の月が見えるはず、、ということです)。

 どれを使うかは悩ましいところですが、とりあえずは(3)(4)(5)を入れておきました。

Ssce0107a

 アイコンや名前が似ていて紛らわしいですが、仕方がないですね。

 なお、右下の「MoonP」というのは(5)のものですが、JADファイルを編集して名前を変えています。ダウンロードしたままのJADファイルだと、HelloMIDletになります。また、アイコンもJAVAのアイコンになります。

私は「MoonPhase.jad」の中の1行目を下記のように変更しました。
------------------------------------------
MIDlet-1: MoonP,/res/ico.png,Moon.MoonMIDLet
------------------------------------------

 注:(注は2011-10-20 追記)
   MoonPhase をX02NKにインストールするには注意事項があることが分かったので
   こちら「ムーンフェイズアプリ MoonPhase をX02NKにインストールするには
   をご覧ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

年賀状を投函した

2010-12-28(火)晴れ

 ようやく年賀状が出来上がって投函できました。毎年、年末ぎりぎりになってから始めるので投函するまでは気がぬけません。ようやくホッとしました。
 基本的なフォーマットは決まっているので、写真を2枚選んで、今年のトピックスを入れれば印刷用ファイルは出来るのですが、1行のコメント書きに時間がかかります。

 当市の中央郵便局は駐車場も狭いし、郵便局前の道路も狭い道路です。ですから、年賀状投函の車で混雑します。何年か前から、駐車場の通路で投函用袋を持った局員の方が、車の窓からの投函を受け取っていました。こうするとドライブスルーで良くて、駐車場に停める必要がないから混雑が緩和されます。
 今年は更に進んで、郵便局前の道路の両側に局員の方がいて、郵便局の駐車場へはいる必要もなくなっていました。車がどんどん走る道路だと危ないのですが、直ぐ手前が三叉路になっていて信号があるので、車は結構止まってしまうことが多いのです。ですから、余裕で投函できます。

 年賀状も投函したし、どうせ大掃除(注1)はしないし、後は正月中の食品の買い物だけです。が、どうせ2日くらいからスーパーも開いているので、昔ほどの買い置きは不要なので楽です。正月を迎えるだけです、、。

 注1:昔の大掃除は「すす払い」が必要だったから大変でしたが、今は薪を燃やすわけではないからすすもなく、掃除も簡単に済ますことが出来ます。楽になりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

[Python S60 2.0.0] 入力用タブレット表示が遅い件 解決

2010-12-27(月)晴れ

 以前に書いた「[Python S60 2.0.0] で入力用タブレット表示が遅い件」は、何となく解決しました。
 以前の記事
     「[Python S60 2.0.0] 今回の「概ね最終」まとめ
     「Nokia 5800 XM のファームウエアを更新、、失敗だったかな

 これは、Nokia 5800 XM のファームウエア更新後
--------
 Pythonで作成したエディタやPEDなど、Pythonが絡むエディタで、入力用タブレットが表示されるのが遅くなった。2~3画面くらいの小さなテキストでは速いですが、10KB以上のようなファイルでは、画面をタップしてから入力用タブレットが表示されるまで、6~10秒くらい待たないと表示されません。
---------
というものでした。電源オフオンしたり、Python 2.0.0関連ファイル(Python 2.0.0 RunTime/Python ScriptShell/pips)を再インストールしたら直りました。ファームウエア更新後、アプリが動いても再インストールなど、きれいにした方が良さそうです。ちょっと教訓でした。
 以前の記事にも訂正を入れました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

ICレコーダ選びも難しい

2010-12-26(日)晴れ

 先日の横浜行きの時にICレコーダを買いました。現在、持っている録音機材はカセットテープ機ですが、今ではちょっと使いにくいですね。ということで、ICレコーダです。
 行く前からWEB等をみて、いくつかの機種を選定して行ったのですが、それでも家電量販店の売り場で、ああでもない、こうでもない、、と、悩んでしまいました。

 WEBで検索すると、100機種はくだらないくらいの数があって迷います。まずは用途で絞りました。ビジネス(会議などの音声録音)か、趣味(音楽演奏録音)かでわけ、価格帯を決めて選定しました。私の場合は音楽録音がメインなので、そちらの分類のなかで、比較的安い機種を、、という感じです。

 まずは、下記あたりの機種に当たりを付けて出かけましたが、最終的には上から3機種について、現地で悩んだわけです。
  ・ソニー:PCM-M10
  ・ケンウッド:MGR-E8
  ・ローランド:R-05
  ・オリンパス:LS-10
  ・ヤマハ:POCKETRAK W24
  ・TASCAM:DR-2d

 悩んだ内容は、以下の通りです。
  ・ソニー:なかなか良いが、大きい、少し高い。(約30K¥)
  ・ケンウッド:仕様(大きさも含め)は一番気に入ったが、乾電池が使えない
        少し高い。(約30K¥)
  ・ローランド:大きさは中くらい、機能は色々多そう、少し安い。(約25K¥)

結論は、、ローランド:R-05にしました。

Dsc03236a  Dsc03237a

 写真を載せてみました。右の図は、Nokia E52との大きさ比較です。
この機種はリニアPCMレコーディングとMP3レコーディングのファイル(WAVファイルとMP3ファイル)が同時に記録できます。また、WAVファイルからMP3への変換が、この機械だけで出来ます。まあ、そんな使い方が必要か否かは不明ですが、、。
 さて、出番はいつかなあ、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

ひょ~、寒い

2010-12-25(土)晴れ/寒い

 今日は、結構寒い日でした。晴れていたので、窓から外を見ると暖かい感じがしたのですが、午後後半に散歩に出たら、、、川方向から吹き上げてくる風が冷たくて、、、寒い。日本海側とか北の方では吹雪だったりして、結構寒い天候だったようですね。
 風があたると耳当て(イヤーマッフルとでも言うんでしょうか)が欲しい冷たさでした。散歩と図書館行きを兼ねて歩き出したのですが、500Mほど歩いて挫折、戻って車で図書館へ行きました。もっとも、本来はこの位の寒さが本当なんでしょうねえ。いよいよ、正月も近くなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

毛玉取り

2010-12-24(金)晴れ

 昨日は横浜に行ったので、ついでにとヨドバシに寄って、電気毛玉取り器を買いました。

Dsc03234a

 電気毛玉取り器は、話には聴いていましたが、見るのは初めてです。最初、家電売り場でも、何処に置いてあるのか見つけることが出来ませんでした。聴こうにも、店員さんが皆、お客に捕まっていて聴けず随分探してしまいました。やっと、空いている店員さんに聴いて見つけました。見つけてみると、随分と色々なメーカーから色々な機種が出ていて、沢山並べて有るのが分かりました。今度は、どれを買うのが良いのか悩んでしまいます。私の行く前から、色々手にとって悩んでいる方がいました。
 適当な(丁度よさそうという意味での適当)価格の、適当な大きさのものを買ってきました。

Dsc03235a

 「一緒に単2電池2本をお買いください」という張り紙がありましたが、家にあるだろうと電池は買わずに来たら、、家には単2電池が1本しか有りません。多分、目覚まし時計に1本使った余りです。仕方がないので、単3電池に紙を巻き付けて単2電池と同じ大きさにしてみました。

 これで、無事動いて、セーターの小さな毛玉は取れたのですが、、、マフラーの超大きな毛玉は(カッターの穴に入らないので)取れません。う~ん、どうしたものか思案中です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

今年最後の忘年会

2010-12-23(木)晴れ

 今日は、今年最後(多分)の忘年会です。まあ、忘年会というほど改まったものではなく、東京、横浜近辺にいる同級生が集まって飲もうと、急遽決まったものです。でも、都合が合えば松本の方からも参加したい、、などと言う方もいて、結構集まりやすい仲間です。

 結果的に今回は、東京・横浜近辺の人だけでしたので、横浜駅に集まって16時半過ぎから始まりました。
 それにしても、横浜駅周辺は老いも若きも人が一杯ですね。それに今日は休日ということもあって、輪を掛けているのでしょうか。自分のペースで歩けない人混みを歩くと、本当に疲れます。

 肝心のメンバーは6名、急に決まったにしてはまずまずの人数でしょうか。飲んだり食べたりしながら、昔話に、、近況に、、と話が弾みます。年齢的に、次々と定年を迎える(迎えた)年齢なので、定年の話や年金の話などもでて、「ああ、年だなあ、、」と思うこともありますが、楽しい一時です。

 何はともあれ、今年の忘年会締めくくりにふさわしい晩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

ようやく年賀状の原稿を作成した

2010-12-22(水)雨、のち晴れ

 今年も、残すところ一週間とちょっとになりました。今まで、頭から追い出していた年賀状作りも、後がないところまで来ました。
 どうも昔から、締切に追われないとやらないという癖が出てしまいます。子どもの頃の夏休みの宿題とか、学生時代のレポートや卒論とか、会社での予算資料とか、、。卒論なんて、卒業式の日の、卒業式が終わった後に出した気がします。それまでの成績や提出レポートが良かったので、教授もきっと、「こいつは、学校から出て行く前にちゃんと出すだろう、、」と信頼してくれたのでしょう、、えへん。って、胸張るような内容じゃないなあ。

 ということで、原稿を作成して、とりあえず印刷は進めています。なんとか、締切までには出せるでしょう。

Nenga2011gazou (画像部分の原稿)

 画像を印刷した後、文面を印刷します。画像は「adobe photoshop」で、文面と宛名はMS-Wordで印刷します。だから、上図ではまだ、文面が無いわけです(葉書への印刷は終わりましたが、、)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

年の瀬の風景

2010-12-21(火)曇り、一時晴れ、のち雨

 12月にはいると、商店街ではクリスマス商戦が始まったなあ、などという雰囲気が漂います。苦します( ← 打ち間違えですが、何となく雰囲気が出ている語になりましたね(苦笑))の歌とか流しているからです。

E52p175a

 でも、身近なところにこういう風景が出てくると、(クリスマスというより)年の瀬を感じます。最近は、他に年の瀬を感じる事が少なくなってしまいました。何か、変ですね。

 そういえば今気がついたのですが、年の瀬を感じなかったのは、駅前の赤い羽根募金の騒音が聞こえなかったことです。募金そのものについては否定しないのですが、駅前に子どもを並べて、大声で叫ばせていることについては疑問を感じていました。赤い羽根募金は各戸に、税金と同じで割当で来るのですから、駅前であそこまでやる必要があるのかと思っていました。子どもだって、最後は何かやけくそで叫んでいるみたいでしたから、、。毎日、朝晩とも駅前を通る人には苦痛でしょう。大人が子どもを使って金集めしている、、といわれても仕方がない状況でした。

 そういう声が届いたのでしょうか。今年は、そういう事に出会いませんでした。だから、自治会の組長さんへの募金提出も、気持ちよく出すことが出来ました(どちらにしろ出すのですが、気持ちよく出したいですから、、)。
 小さな感想でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

コミックス 猫ものと犬もの

2010-12-20(月)晴れ

 図書館からコミックスを借りたり、古本で買ったりして読んだせいか、本棚の奥のコミックスを虫干し的に取り出したりしています。久しぶりに取り出すと、結構懐かしかったりします。
 昔のコミックスの話題を出すと、結構載ってくる方が多いですね。先日、会社時代に同じ職場だった若い女性とのメールで、少女マンガの「悪魔の花嫁」の話題を出したら、「それ全部読みました~」って返事が来ました。

 さて、猫ものとか犬ものって小説とか写真ものなんか、かなり人気がありますが、コミックスも各人毎にこだわりがあるようですね。どんなのが好みでしょうか。

 取りだした中での猫もの、犬ものはこんなのがメインでしょうかねえ。

Dsc03014a (猫ものです)

Dsc03016a (犬ものです)

 先日写真を載せた「うる星やつら」などもそうですが、これら長い連載ものは、後ろの方になると、もともとの主人公が脇に廻ってしまうことが多くなります。本来の主人公の話だけでは持たなくなるんでしょうね。そういう意味では大体、最初の2巻ぐらいが一番好きです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

寒くなってきた、、電気毛布を買った

2010-12-19(日)晴れ

 寒くなってきました。以前は、我慢できた範囲でも、年をとると寒く感じます。お年寄りになると夏でも股引をはいている、、なんてのが理解できるようになってきました。
 夜寝ていても、布団の下から忍び寄ってくる寒さがこたえます。

 ということで、電気敷き毛布を買いに行ってきました。小さいのは持っているのですが、背中に当てると足先が寒い、足先まで下げると背中が寒い、、と中途半端なので大きいのを買ってきました。

Dsc03232a

 敷き毛布です。掛け毛布にすれば掛け布団がうすいものに出来て軽くなりますが、下から来る寒さは防げません。下から来る寒さをを防いだ方が暖かく感じます。敷き毛布にしておけば、上は薄めの羽布団くらいで良くなります。

 パソコンなどは家電量販店に行きますが、一般家電は近くの個人商店へ行きます。どちらにしろ、社販制度を使うので量販店でなくても良いのです。いつも行くお店にいっておく方が、後々も行きやすいですし、近くの個人商店が無くなるのも困るからです。

 さて、説明書を読んでからだから、使うのは明日からでしょうか。今夜が余り寒くないと良いのですが、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

位置情報の取得(location またはGPS)

2010-12-18(土)晴れ

 携帯電話のGPSを使って自分の位置情報、特に緯度、経度を求めるのに、以前の記事で「Phone Locator」を使ったと書いたことがありました。

以前の記事
 第三回:「Phonelocatorその3 「Phonelocator Periodic」
 第二回:「Phonelocator Ver.0.07
 第一回:「Birkett Phonelocator (for s60 5th)

 ところが、内蔵アプリをよく調べたら、もともと緯度経度を求めるアプリは入っていることに気がつきました。日本の携帯電話のように、分厚いマニュアルがついていて、細かく書いてある、、という訳ではないので気がつかなかったのです。

Scym0138a  Ssce0084a

 左がNokia 5800 XMで「Location」というアプリ、右がE52で「GPS」というアプリです。名称は違いますが、アイコンは同じですね。

Ssce0087a_2

 GPSを起動したメニュー画面です。GPS data を選ぶと、下のような位置データ画面になります。GPSを補足して計算が終わると、下のようにデータが表示されます。

Scym0137a  Ssce0083a

 位置情報の画面です。表示速度はE52の方が速いです。その点は、Phone Locatorの時も同じでした。GPSの補足速度が速いようです。

 位置情報の数値は自分でメモして取り出すしかないですが、ランドマーク情報としては携帯電話内にセーブすることが出来ます。オプション → セーブ で記録することが出来、他のアプリでも使用することができそうです。

 

Ssce0086a  Ssce0085a

 

セーブしたランドマーク情報と、その内容を表示してみたところです。多分、Nokia Maps あたりの地図表示アプリだと、このデータを取り込めるのではないかと思っています。

 調べてみると色々なアプリが入っていることが分かって、Nokiaの携帯も、なかなか面白いですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

イヤフォン選びは難しい

2010-12-17(金)晴れ

 最近は、携帯電話(Nokia 5800 XM)で音楽をよく聴いています。特に、散歩の時に聞くようになりました。音楽に合わせて歩くと、リズム良く歩くことが出来て一石二鳥です。後は、電車の中で暇なときに聞こうかと思い、今より良さそうなイヤフォンが欲しくなりました。

 先日の元音質マイスター講座の後の飲み会の時に聞かせていただいたイヤフォンが、良い音がしていたので新しいのが欲しくなったということもあります。電車で聞くことも考えると、音漏れのしにくいインナーイヤータイプで、しかも低音が出るのが良いなと思いました。低音は、ウッドベースの音がきちんと出ると気持ちよく聴くことができます。

 ということで、家電量販店に行って、色々見比べてみたり音を聞いてみました。なかなか良いのですが、問題は自分の機器につないだときにどうか、、という点です。で、思い切って、イヤフォンケーブルの途中にあるピン・ジャック部分を抜いて、自分の使っている携帯電話につないでみました。結果は、、、う~ん、今一でした。というのは、出力電力が足りないみたいです。ボリュームをフルにして、普通に聞こえる程度で、道路を歩きながらでは苦しいかもしれません。音は良かったのですが、、。
 スピーカなどでも、小型で音を良くしたものは駆動する出力に大出力が必要というのと同じで、もう少し出力が必要なのかもしれません。多分、専用のミュージックプレーヤなどでは問題ないのでしょうが、私の携帯電話の場合は苦しいようでした。携帯電話添付のものとか、BlueTooth(ステレオ)ヘッドセット添付のイヤフォンなら問題有りませんでした。
 お店の試聴の場合は大きなアンプにつないでありますから、そういう点では問題ないわけです。

 ということで、結局は手持ちのものを活用することになりました。音漏れを考えると電車の中では使えないかもしれませんが、、。

Dsc03231a

 右から、大きなヘッドフォン、耳と同じ大きさくらいのヘッドフォン、BlueTooth(ステレオ)ヘッドセット添付のイヤフォンです。音は、右のものほど良いのですが、真ん中のものも音漏れを別にすれば、音そのものは満足できるものです。

 イヤフォン選びも、自分の機器での聞き比べが出来ないと難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

「博士と一緒にオフ会バッグ」を入手した

2010-12-16(木)曇り

 昨日の記事のブツ(香港からの荷物)は、かろうじて昨日中に到着しました。それは、、、「博士と一緒にオフ会バッグ」です。
 第一回販売の時は、その大きさがよく分からないこともあって2の足を踏んでいました。でも、11月末の「MMCubオフ会 at 松本」のときに、山根さんが使用しておられた実物を見て、購入を決めました。

Dsc03228a_2

 写真で見ると、かなり大きい感じがして手を出していなかったのですが、実物を見ると、鞄に入れるのに丁度良い大きさです。さすがに山根さんのデザインです。

 今までのブログでも、これの写真を撮るときは携帯電話を沢山入れて撮るのが、お約束のようです。ということで、携帯電話を入れて写真を撮ってみました。まあ私の場合、毎日持ち歩くことは有りませんが、オフ会の時は必須になりそうです。いずれ、携帯電話関係のオフ会の時は、これに携帯電話を入れて持って行くのがお約束になったりして、、、(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

近くまで来たが、まだ到着せず

2010-12-15(水)晴れ

 先日(5日ほど前に)香港へ注文したものが、近くまで来たようですが、まだ届きません。

Emstsuiseki01

 今夜はギターサークルの練習日なので、多分今日中には手に入らないみたいだなあ。
もっとも、直ぐ必要なものでは無いのですが、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

懐かしいコミックス その2

2010-12-14(火)雨、のち曇り

 先日の記事「懐かしいコミックス」に続く「その2」です。これも、1980年代の連載ものです。今回は図書館から借りずに購入しました。
 「うる星やつら」ワイド版、全15巻です。言ってしまえば、他愛もない短編の連続ですが、逆にどぎつくなくて、寝る前に少しずつ読むには一番です。それに、若かった頃を思い出しますし、、。

Dsc03223a

 何故買ったかというと、、、15巻有ると、図書館へは最低でも2回行かないと借りられません(1回に借りられるのは10冊まで)。しかも、他に借りている人もいて、必ず10巻借りられるとは限りません。2回行く交通費(バスと電車)で、1冊100円の古本が15冊買えます。3回行ったら、完全にオーバーです。

 ということで、ブックオフで買ったのですが、、、結構、苦労しました。それは、この版(ワイド版)では、第2巻の出物が少ないのです。お店にもWEBでも、なかなかないのです。第2巻以外は沢山あるのですが。
 結局、出歩く時を利用して、あちこちのお店を覗いてみました。当市で2店、厚木市で1店、新宿で1店、秋葉原で1店、と覗いてみました。なかなか無くて、結局、秋葉原のお店で1冊だけ見つけました。1~15までのそろいの中から、第2巻だけ抜き出して買ってきました。次の人も、このセットを見て第2巻がない~、、と思うのでしょうか。

 因みに、ブックオフでは秋葉原のお店が、一番品揃えというか量が多かったです。6Fまであるビルの、2つのフロアにまたがって置いてありました。
 あと、最近行ってないですが、中野か渋谷の「まんだらけ」あたりが、量が多いような気がします。なんか、またコミックスの棚が一杯になってきそうな予感がします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

[Python S60 2.0.0] 今回の「概ね最終」まとめ

2010-12-13(月)曇り、のち雨

 [Python S60 2.0.0] を使ってみて、色々と出た問題点を何とかごまかす方法を探ってきましたが、これは今までのまとめです。自分が忘れるので、メモとして書いておくものです。

 それぞれの内容については、今までの記事を参照して下さい。今までの記事の一覧は

  「Python スクリプト雑記」 の 「25.Python S60 2.0.0」 に記述しました。

問題点と結果
(1)(Nokia 5800 XMで使った場合)appuifwのListboxでのリスト画面でスクロールが出来ない。
  → 未解決

(2)sys.setdefaultencoding('utf-8') が実行できない。
  → sysのリロードを行うことで解決

(3)sysのリロードを行うと、以後はprint()関数で出力できない(画面に表示できない)。
  → sys.stdout の控えを取り、リロード後に再代入を行うことで解決。

(4)(Nokia 5800 XMで使った場合)Pythonでの E:メモリへのアクセスが遅い。
   (旧のファームではなかった現象で、新しいファームで発生した)
   (Python 1.4.5 ではそれほど遅くないが、Python 2.0.0 では異常に遅い)
  → 未解決

(5)(Nokia 5800 XMで使った場合) Pythonで作ったエディタなどで数キロバイト以上のファイルの編集画面では、入力タブの表示が異常に遅い。
   (旧のファームではなかった現象で、新しいファームで発生した)
  → 未解決 
  → Python 2.0.0関連ファイルを再インストールすると現象が消えた。
     (2010-12-27 追記)

(6)appuifwのListbox画面で「e32.Ao_lockの)signal()を発行するとPythonごとダウンしてしまう。
  → signal()発行前に、必ずappuifw.text() の画面にすることで解決

(7)sys.argv が使用できない。
  → sys.argvを使った処理を削除する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

まだまだ赤い木が目にとまる

2010-12-12(日)

 運動公園内を歩いていると、かなりの木は葉が落ちてしまっているのですが、よく見るとまだまだ赤い木の葉が目にとまる木もあります。

E52p174a (E52)

 これから一気に散ってゆくのでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP200LX保護用のソフトケース(ポーチ) その2

2010-12-12(日)晴れ

 先日買ってきた「HP200LX保護用のソフトケース」ですが、若干使いにくかったので手を加えました。
  先日の記事:「HP200LX保護用のソフトケース(ポーチ)

 使いにくいというのは、HP200LXの出し入れがしにくいのです。理由は、中側に折り返して縫ってある口の部分の、折り返した先が縫いつけてないからです。HP200LXを取り出そうとするときに、この部分がトラップというか、釣り針の返しのように邪魔をするわけです。

Dsc03226a (中側を外に出した時の写真)

 仕方がないので、自分で折り返しの先端を縫いつけました(上図の白い○の部分)。これで、出し入れがしやすくなりました。
 ここを縫いつけて使いやすくして欲しい、、と思ったのですが、最近の安い大量生産品では、そこまでの細やかな作りは無理でしょうね。自分で手を加えて使いやすくするしかないようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

ギターサークルの忘年会

2010-12-11(土)晴れ

 今年も残すところ3週間ほどとなりました。ギターサークルも、JGA(日本ギター合奏連盟)主催の日本ギター合奏フェスティバルでの演奏を終えて、一段落と言うところです。
 ということで、今夜は「JGA演奏打ち上げ会兼忘年会兼新人歓迎会」です。新人歓迎会は、本来なら春頃やっていないといけなかったのに、今頃になってしまいましたが。越年はまずいので、忘年会と兼用でした。

E52p170a_2

 メンバーが3つほどの市にまたがっているので、忘年会の開催は平日の夜ではなく休日の夜になりました。和やかな楽しい一時でした。
 私も、一番若手の女性の隣に座れて「ハッピハッピー」(← 味樂る クッキンまいん!のまいちゃんの口調で、、(笑)。)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

懐かしいコミックス

2010-12-10(金)

 最近ちょっと、懐かしいコミックスにはまっています。学生時代から就職して暫くの若かった時代は、いずれも寮(学生時代は寄宿舎と呼ぶ方がぴったりのイメージ)生活でしたが、その当時の時代を彷彿とさせる古いコミックスにはまっています。

 隣の市の図書館には、そういった時代のコミックスが、かなりありますので、行ったついでに借りては読んでみました。

Dsc03217a

 先日読み終わったシリーズです。1980年頃連載されたものでしょうか。ほんわかした雰囲気が好きです。
 小説でもコミックスでも、殺人事件とか出てこない、そしてハッピーエンドのものが好きです。あと、寝る前にちょっとずつ読むので、1話毎に切れ目のある方が読みやすいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

う~む、、、

2010-12-10(金)晴れ

 街を歩いていると、色々な光景に出会います。

E52p167a (E52)

 敢えて、コメントするほどではないですが、、、う~む。(左右は駐輪スペース)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

HP200LX保護用のソフトケース(ポーチ)

2010-12-09(木)晴れ

 先日のことですが、HP200LXのケースの後ろ側が一部欠けてしまい修理しました。そこで、鞄に入れているときも無理な力が加わらないように、ソフトケースを買ってきました。

Dsc03219a

 PC用のケーブルなどを入れるためのポーチがぴったりでした。こうやって、HP200LXやら携帯電話やらに、ポーチだ、ケースだ、カバーだ、、などと付けるので、持ち運ぶ荷物の容量が大きくなるのが難点です(重さは余り増えないのですが、、)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

「大人の音楽講座・オーディオ編」に行ってきた

2010-12-08(水)晴れ、のち曇り

 先日書いた「ケンウッド・ショールーム 「大人の音楽講座・オーディオ編」」に行ってきました。(先日の記事

E52p164a (E52)
 開会を待っているところです。今は空いているように見えますが、始まるときには、かなりの人数になりました。アナログ、、とかLP、、とか銘打った回は参加者が多くなるようです。

 今回は、単に音楽を聴くだけでなく、色々な試みを行いました。
 (1)古いジャズや女性ボーカルのLPを聴く。
 (2)同じレコードで、MCカートリッジとMMカートリッジを変えて聞き比べる。
 (3)同じクラシック曲のCDを、3枚ほど違う演奏者で聴いてみる。

などです。MCカートリッジはデンオンのDL103Dで、昇圧トランスは2台を、左右チャネル別々に使うという贅沢な構成でした。

E52p166a (E52)

 デンオンの昇圧トランスです。私自身が使っているのは、同じデンオンのトランスとはいえ、こんな良い機種は使っていないです。

 こうやって、きちんとしたシステムで聴くと、カートリッジの違いやCDの違いがよく分かります。
 今回は私もLPを持って行って、1枚かけて貰いました(注1)。カートリッジを変えて聞き比べましたが、私の場合は(こういう曲は)MCカートリッジが好みです。

 注1:コロンビアがPCMレコーディングを開始したときのレコードです。
    (バロック音楽、アルビノーニのアダージョ、教会で録音したもの)

 前回、LPレコード再生が今一でした。高音の伸びが良くなかったりビビル感じがしたのです。今回、その原因の説明がありました。レコード針の針先にこびりついた汚れが原因とのことで、やはり溶剤系のクリーナで掃除したそうです。。実は、私も前回の講座から帰った後に徹底チェックをしたときにこびりついたゴミを見つけて、溶剤を使って取り除きました。
 チェックしたときの記事「久しぶりに、じっくりとLPを聴いてみた
私のプレーヤも、今夜のシステムも実にすっきりとした再生になりました。LPプレーヤを持っている方は、一度要チェックです。

 終了後、元音質マイスターを中心に、知らない方と同席して一杯飲みながらオーディオについて熱く語り合いました。お会いした方のシステムの写真を見せていただきましたが、スタックスの平面スピーカを使っていらっしゃるのでビックリしました。これを本当に使っておられる方に会うのは初めてです。こんなに熱が入ったのは久しぶりです。楽しい夜でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

HP200LXの一部が欠けた

2010-12-07(火)晴れ、のち曇り

 毎日常用しているHP200LX3号機の、裏側のプラスティックの一部が欠けてしまいました。1号機か2号機に切り替えるかとも思ったのですが、内部メモリコピーが面倒だったので簡単な修理をして使うことにしました。この調子でいくと、本来一番調子の良い1号機、2号機は予備のままで出番が無くなりそうです(3号機は画面の色がうすいロットなんです)。

Dsc03215a

 こんな感じでかけてしまいました。中のテープケーブル(赤っぽいやつ)が見えてしまっています。破片は、運の良いことに鞄の中に落ちていました。

Dsc03216a

 接着剤でくっつけてみました。何とか使えそうです。接着剤でやってから気がついたのですが、「プラリペア」を使えば良かったなと思いました。プラリペアだと、溶剤でHP200LXそのもののケースの素材が溶けますので、より強固に接着することが出来ます。
 また、とれてしまったら「プラリペア」で接着することにします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

[Python S60 2.0.0] e32.Ao_lock.Signal() の問題 「とりあえず解決」

2010-12-06(月)晴れ

 [Python S60 2.0.0]を使ってみての結果で、未解決で残っていた問題がありましたが、とりあえず何とかする事が出来ました。

問題点:
 e32.Ao_lock() を使用して、e32.Ao_lock() のsignal()を発行すると、Pythonごとダウンしてしまう。
 この件の前回の記事 「[Python S60 2.0.0] e32.Ao_lock.Signal() の問題

直接的な原因:
 appuifw モジュールのListboxでリストを画面表示した状態でsignal()を発行すると、Pythonごとダウンしてしまうことが分かりました。[Python S60 2.0.0]のListboxについては、画面上でペンや指を動かして行うスクロールもうまく動作しない(注1)とか、何か動作がおかしいのですが、何かバグがあるのかもしれません。

  注1:リストのスクロールがうまく行かないというのは、Nokai のPythonフォーラムでも書かれていましたから、私の携帯電話固有の問題ではないと思います。

当面の対策:
 appuifw.Listbox を使用しているスクリプトでは、signal()を発行する前に、画面表示を リスト表示(appuifw.Listbox ) から テキスト表示(appuifw.Text())に切り替える。これは、対症療法ですが、当面は仕方ないかもしれません。

当面の対策の例:
-----------------------------------------------
    def exit_key_handler(self):
        appuifw.app.exit_key_handler = None
        appuifw.app.body = appuifw.Text()   #* <----- signal() の前にこれを実行する
        self.lock.signal()
-----------------------------------------------

 これで、signal() を実行してもダウンすることなく動くようになりました。

 今まで、何点かの対策を入れてきましたが、これで何とか、同じスクリプトでPython 1.4.5  でも Python 2.0.0 でも動くようになりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

ケンウッド・ショールーム 「大人の音楽講座・オーディオ編」

 ケンウッド・丸の内ショールームで、以前は「音質マイスター講座」として行われていたものですが、前回から上記の名称に変わりました。一ヶ月おきに開催されていますが、最近はCD以外にLPを使うことも多くなり、結構人気が出ていました。12月は以下の予定だそうです。

  「大人の音楽講座・オーディオ編」<音の日スペシャル>
  『ESULEで聴くアナログレコードの楽しみ方』
  12月8日(水)19:00-20:00(開場18:45)
  ケンウッド・丸の内ショールーム(有楽町駅から徒歩3分)
  http://www.jk-holdings.com/showroom/event/index.html

 前回、ちょっと不調だったLP再生も原因を解明したとかで、今回用意されるクラシックLPに期待して参加することにします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Python S60 2.0.0] sysリロード後の注意点 「とりあえず解決」

2010-12-05(日)晴れ

 [Python S60 2.0.0]でsys.setdefaultencoding('utf-8') を実行できるようにするため、以前の記事でsysのリロードを行ないました。が、その副作用で、リロード後は print()関数が使えなくなる現象がありましたが、何とか解決できました。
  以前の記事:「[Python S60 2.0.0] sys.setdefaultencoding('utf-8') 実行の件2
          「[Python S60 2.0.0] sysリロード後の注意点

 策としては、sysリロード前の sys.stdout を控えておいて、sysリロード後に戻すというものです。

---- 今までの駄目だった例 -----------
#-*- coding:utf-8 -*-
import sys
print 'aaaa'
reload(sys)
print 'syspath | ',sys.path
-----------------------------------

上記スクリプトの実行結果は下のように print ('aaaa')しか出力されません。リロード後のprint  'syspath | ',sys.path の出力はありません。

Ssce0081

------- 新しい処理例 --------------------
#-*- coding:utf-8 -*-
import sys
wk = sys.stdout   #<-------  バックアップを取る
print 'aaaa'
reload(sys)
sys.stdout = wk   #<-------  バックアップを代入する
print 'syspath | ',sys.path
----------------------------------------

 上記スクリプトの実行結果は下のように最後の print 'syspath | ',sys.path まで出力されました。

Ssce0082

 実際のスクリプトに使用するコーディングは以下のようにすることにしました。
これで、Python 1.4.x および Python 2.0.0 双方で動くようになります。
-------------------------------------------
import sys
if not hasattr(sys, "setdefaultencoding"):
    wk = sys.stdout
    reload(sys)
    sys.stdout = wk
sys.setdefaultencoding('utf-8')
--------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

今日もお空は日本晴れ その2

 夕方、運動公園に散歩に行ってみると、歩くには丁度良い季候でした。日がかげってくると寒くなりますが、太陽が出ているうちは歩くには丁度良いかもしれません。

E52p163a (E52)

 気持ちが良い空の色です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日もお空は日本晴れ

2010-12-04(土)晴れ

 今日は、昨日未明と夕方の激しい風雨とは変わって、朝から日本晴れの天気です。布団を干そうと2階のベランダに出たら富士山が綺麗です。

Dsc03214a (DSC-FX77)

 壁の部分が緑に見える家は建築中の家で、富士山より下の山は見えなくなりました。が、富士山部分は、かろうじて見えます。これからの時期は、毎日のように見えるはずです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

黄金色のイチョウ

2010-12-03(金)未明は大雨、曇り、のち晴れ、のち曇り一時雨

 今日は未明の大雨から始まって、めまぐるしい天気になりました。それでも、昼間は(台風一過のような)凄い晴れで、気温も上がりました。明日は、また気温が下がりそうです。
 この時期、街を歩くとあちこちで黄金色のイチョウが目につきます。大分、散り始めているとはいえ、天気の良い日は黄金色が目に眩しい感じです。

E52p160a (E52)

 渋沢駅近くにある神社の前の銀杏です。ご神木でしょうか、しめ縄が飾られています。写真に撮ると、見た感じとは違って色がくすんだ感じですが、実際に見上げると綺麗です。

E52p161a (E52)

 運動公園の体育館横です。青空と丹沢山塊を背景に綺麗な色のイチョウでした。台風のような雨と風の後の青空に、ぽっかりと雲が浮かんで、のどかな晩秋または初冬の一日です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

国際通話、国内通話とも「+国番号..」で発信可能になった

2010-12-02(木)晴れ、のち曇り

 一昨日、SaltyCatさんからの「masa's WonderLand 掲示板」へのコメントで教えて戴いたものですが、SoftBank Mobileの携帯電話では、題記の件が可能になりました(他社については知りません)。

 SaltyCatさんのブログでの記事はこちらです「塩猫の暇つぶし 国際コード変換」。

 即ち、日本国内から電話するとき、国際電話でも国内宛の国内通話でも、ダイヤルする電話番号として 「+国番号 - 相手の番号」で発信できるようになりました。
 例: 国内通話で 03-5555-8888 へ電話するとき
    +81-3-5555-8888 でかかるようになりました。(81は日本の国番号)

 これで、海外への出張が多い方や、海外勤務で日本へ出張する方など、国内外で電話をかける方は、電話帳への登録は全て「+国番号」から始まる番号にすることが出来ます(外国では以前から可能なので、、)。

 国際通話に関しては今年の初め位から「+国番号..」が可能になり、国内通話に関してはその後、可能になったようです。国際通話に関しては、SBMの国際電話のかけ方に記述が成されましたが、国内通話に関しては記述が見あたらないので、はっきりとは分かりません。

 今回も、SaltyCatさんが、偶然見つけて教えて下さったものです。SaltyCatさんはPythonのスクリプトで「Jcontacts」 (注1) という、国際コード置換アプリを作って使用していらっしゃしましたが、今回たまたま「Jcontacts」を使わないで発信したら繋がったので分かった事項だと言うことでした。

  注1Jcontacts詳細:「電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト

蛇足:
 かなり過去からの流れで言うと、国内通話は今回の改訂まで 03-5555-8888 の形式のみでした。

 国際通話は
(1)かなり以前は 「0046-010-国番号...」 でした。
  (0046はSBMの場合の番号)
(2)その後、「010-国番号... 」で可能になりました。
(3)今年初めぐらいから 「+国番号...」で可能になりました。

 これで、国内外で電話する方で電話帳登録に悩んでいた方も、悩みは解決かもしれません。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

[Python S60 2.0.0] sysリロード後の注意点

2010-12-01(水)晴れ

 今まで、[Python S60 2.0.0]で sys.setdefaultencoding('utf-8')  を実行させる方法を探ってきました。先日の記事で、 sys のリロードを行うことで、何とか実行させることが出来ました。しかし、 sys のリロードを行った場合、注意点が有ることが分かりました。

 先日の記事「[Python S60 2.0.0] sys.setdefaultencoding('utf-8') 実行の件2

注意点:
 sys のリロードを行うと、その後はprint() 関数で画面にテキストを表示させることが出来ません。これは、Python 1.4.5 、 Python 2.0.0 とも同じです。多分、何かの再設定 (例えば (sys.stdout とかそれに類する機能になにか再設定) が必要なのかもしれません。
 ちょっと勉強不足で、まだ分かりません。

 なお、ファイルへの書き込みとか、appuifw の Text() で画面に表示させることは出来ますので、実際作成するスクリプト上では問題にはなっていません。

 以下、例を挙げてみます。

---- 例1 ---------------------
# -*- coding:utf-8 -*-

import sys
print 'aa'
reload(sys)
print 'bb'
-------------------------------

 例1を実行すると、'aa'は表示されますが、'bb'は表示されません。

Ssce0078 'bb'が出力されていません。

 ちょっと見た目には、reload(sys)の実行でダウンしているように見えますが、ファイルへの書き込みをしてみると、後のステップも実行されていることが分かります。

---- 例2 ------------------
# -*- coding:utf-8 -*-

import sys
print 'aa'
reload(sys)
F=open('e:\\000test.txt', 'w')
F.write(u'bb')
F.close()
-------------------------------

Ssce0079  例2の実行結果のファイル内容です。

----- 例3 ---------------------
# -*- coding:utf-8 -*-

import sys
print 'aa'
reload(sys)
F=open('e:\\000test.txt', 'w')
for x in sys.path:
    F.write(unicode(x)+u'\n')
F.close()
-------------------------------

 例3で、リロード後のsys.pathを見てみましたが、実行前と変化はありませんでした。sys.pathに関しては考慮は不要みたいです。

Ssce0080

 とりあえず勉強した(判明した)内容でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »