« 今日は MMClub 忘年会 at 松本です。その2 | トップページ | [Python S60 2.0.0] sys.setdefaultencoding('utf-8') 実行の件2 »

2010年11月27日 (土)

松本時計博物館

2010-11-27(土)晴れ(松本)/曇り(秦野・夕方)

 昨夜のオフ会(忘年会か)も終わり、今日は帰るだけなので、今まで1回も行っていなかった「松本時計博物館」へ行って見ることにしました。「松本時計博物館」は女鳥羽川と、お城へ向かう中央通りの交わるところに有ります。なわて通りと、川、とおりを挟んで対角の場所です。入場料300円、月曜日休館(月曜日が休日の場合は次の日)です。

Dsc03187a_2  (DSC-FX77)

  時計博物館外観です。女鳥羽川のほとりから撮影しました。

Dsc03212a (DSC-FX77)

 松本時計博物館は、本田氏がコレクションを寄贈し、それを元に開館されたものだそうです。

Dsc03211a (DSC-FX77)

 会館の由来の説明文です。

Dsc03188a (DSC-FX77)

 日本の時計ですが珍しい形をしています。時計の表示部分が球形で、下には熱帯魚が泳いでいるように動き回っています。結構、古い時計です。

Dsc03190a (DSC-FX77)

 時計動力の説明と色々な時計

Dsc03195a (DSC-FX77)

 これは和時計でしょうか。和時計の展示はひとつのスペースを使っていて、かなりの数がありました。

Dsc03198a_2 (DSC-FX77)

 グランドファーザークロックです。グランドファーザークロックは、高さ2m以上の大きな時計なのだそうです。2m以下のものはグランドファーザークロックと呼ばないで、グランドマザークロックだそうです。受付の前に置いてありましたが、写真を撮るのを忘れました。

 上の写真を見て、おっと思いました。ますむらひろし作「アタゴオルは猫の森」などに出てくる猫の目時計にそっくりだったからです。猫の目時計は、こういうのをモデルにしたのかな。

Dsc03206a (DSC-FX77)

 比較的近代の時計です。なお、この博物館の展示品は、可能な限り動かして展示しています。和時計など、江戸時代のものとか、西洋の19世紀のものなども動かしていました。
 ですから、毎正時になると、あちこちで時報が聞こえます。若干、ずらしてあるので、次々になります。上記の展示の前では、家族連れの一団に館員が、次はアレがなります、今度はこれです、、と教えていました。私も、その後ろで聞いていました。

 あちらの部屋では和時計がチンチン、前からは鳩時計がポッポー、後ろではフクロウ時計がホーホー、横ではトランペット時計がパッパカパー、、グランドファーザークロックがボーーン、ボーーン、、と、楽しくなりました。

Dsc03205a (DSC-FX77)

 形や飾りに凝ったものなど、色々あります。大小様々な懐中時計とか、江戸時代の携帯日時計とか、直径20cmもある懐中時計とか、思わず笑ってしまうものもあります。

 その他、通常の(今風の)形をした時計とか、新しい時計なども展示されていますが、載せきれないので割愛しました。見に行って貰って楽しんで貰いましょうか。

 さて、博物館の一角には蓄音機のコーナーがあります。

Dsc03199a (DSC-FX77)

 蝋管蓄音機です。

Dsc03200a (DSC-FX77)

 これはSPレコードの蓄音機です。

 博物館では、SPレコードの鑑賞をしています。11時、13時、15時から15分間ほど、SPレコードをかけてくれます。

Dsc03213a (DSC-FX77)

 係員の方が真ん中の蓄音機で3曲ほどかけてくれました。
  ・ショパン 華麗なる大円舞曲(だったかな)
  ・リムスキー・コルサコフ シエラザード
  ・リスト カンパネラ

 シェラック盤の、あのシャーシャーという音は、係員の方も言っていましたが、何とも眠気を誘うというか気持ちの良い音です。1/f揺らぎのノイズなのでしょうかね。

 今回は時計博物館も見られて、楽しいMMClub忘年会、ミニ旅行でした。

 

|

« 今日は MMClub 忘年会 at 松本です。その2 | トップページ | [Python S60 2.0.0] sys.setdefaultencoding('utf-8') 実行の件2 »

オフ会」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

時計、クロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/50151970

この記事へのトラックバック一覧です: 松本時計博物館:

« 今日は MMClub 忘年会 at 松本です。その2 | トップページ | [Python S60 2.0.0] sys.setdefaultencoding('utf-8') 実行の件2 »