« 古いPDAなど、、PDA博物館展示会 | トップページ | 携帯に「キョンシー・ウイルス」 »

2010年11月 8日 (月)

携帯電話、PDAの電池保守や機種手入れは大変

 先ほどの記事で古いPDAの展示会の事を書きながら、手持ちのものの電池やら機器そのものの動作状態を、最近はチェックしていなかったことを思い出しました。携帯電話によっては、充電池を完全放電させてしまうと充電できない機種もあったりするので気を使います。
 また、HP200LXの予備機は、電池が切れたまま放置しておくとメモリ内の情報が消えるので、設定した環境が消えてしまいます。だから、直ぐ使えるようにしておくには電池が無くならないようにしなければなりません。もちろん、使うときに環境設定データを全部入れるなら、電池がない状態にしておいても良いのですが、ゼロからの設定は面倒です。

 とりあえず、手持ちの全携帯電話の電池の充電と、「HP200LX」の電池の状態と機器の動作状態を確認しました。

Dsc03144a (携帯電話の充電)

 携帯電話は3台位ずつ充電します。1台1台が時間がかかるし、とっかえひっかえでやるので全部やろうとすると結構大変です。

 

Dsc03127a (HP200LXの電源を入れてみる)

 一番手前は毎日使っている本番機です。後ろの4台が予備機で、全部電池を入れてあって、いつでも切り替えられるようにしています。
 こんなに沢山の予備機は要らなかったかな、、と思うときもありますが、この機械が無くなると使えなくなるデータもあるので、念には念を入れています。

 

|

« 古いPDAなど、、PDA博物館展示会 | トップページ | 携帯に「キョンシー・ウイルス」 »

PDA」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/49973760

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話、PDAの電池保守や機種手入れは大変:

« 古いPDAなど、、PDA博物館展示会 | トップページ | 携帯に「キョンシー・ウイルス」 »