« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ギター合奏フェスティバルに参加してきた

2010-10-31(日)曇り

 今日は、東京品川の区民会館大ホール「きゅりあん」で行われた、日本ギター合奏連盟(JGA)主催「日本ギター合奏フェスティバル」に出て、一曲演奏してきました。

 「日本ギター合奏フェスティバル」については、下記の記事を参照してください。
   「第22回 日本ギター合奏フェスティバル

Dsc03122a_2 (立て看板の出迎え)

Dsc03123a (演奏ステージの様子)

 我々は最後から2番目の演奏で、ジュ・トゥ・ヴーを演奏しました。今年も、13人も出られて良かったと思います。下手をすると、サークルの人数は減る一方ですから。
 演奏の出来は、、、、まあまあだったと言っておきましょう。自分個人的としては、ミスもなく音も綺麗で、きちんと演奏できたと思います(他人の評価は、どうかしりませんが、、(笑))。

 何はともあれ、遠くからの参加も演奏も、無事に終わって一安心です。来週は打ち上げ会の予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

Opera Mini 5.1

2010-10-30(土)雨、台風近く風強し

 昨日の記事の「Periodic」サイトを携帯電話内蔵のブラウザでみると、自分の位置をプロットした地図が見えないので、Nokia E52にOpera Mini を入れてみました(PCのブラウザからアクセスしたのと同じにするため)。

 E52用のOpera Mini は現在、下記があります。
  Opera Mini Ver.4.2 :これはJavaアプリです。
  Opera Mini Ver.5.1 beta :これはSymbian ネイティブアプリです。

ダウンロードサイトは「こちら」から落としました。(Ovi Store にはE52用としてアップされていないからです。)

 せっかくなので、「Opera Mini Ver.5.1 beta」を入れてみました。Symbian ネイティブアプリの為だともいますが、動作がきびきびして、とても快適です。未だ、色々とかけるほど細かくは使っていないので、感想はこの位ですが、、。

 さて、肝心の「Periodic」サイトをみてみましたが、残念ながら「http://phonelocator.mobi/home/download」では、地図はうまく見えませんでした。一応、ログインすると「My Map」のボタンが見えて、地図の最初の画面は表示されるのですが、そこから先には操作できませんでした。

Ssce0074a

 Opera Mini の最初のメニュー画面です。+の部分には、良く訪れるサイトを登録出来るのでしょう。

Ssce0075a

 「http://phonelocator.mobi/home/download」のMy Map をみたところです。左側に、うすいですが地図が表示されています。家が一軒ずつ分かるくらいの拡大地図ですが、そこから縮尺を変えたり、表示位置をずらしたりが出来ません。

 それ以外のWEBサイトをみるには、動作的には今までのJavaのものと同じですが、こちらの方がきびきびしていて、使いやすいと思います。暫く使ってみて、良かったら他の機種にも入れてみる予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

Phonelocatorその3 「Phonelocator Periodic」

2010-10-29(金)夜半雨、のち曇り

 さて、携帯電話で位置情報を取得するアプリ「Phonelocator」ですが、一昨日の「Phonelocator Text」、昨日の「Phonelocator Ver.0.07」に続き、その3です。名称は「Phonelocator Periodic」または単に「Periodic」と呼ばれています。
 これは、昨日の「Phonelocator Ver.0.07」の新アプリであり、新しいWEBサイトと連動させることが出来ます。

「Phonelocator Periodic」
ダウンロード、および連動のサイトは「こちら」です。無料サービスになっています。
 http://periodic.phonelocator.mobi/
(ダウンロードは、結局 ovi store からです。Phonelocatorで検索すると出てきます。)

インストールして起動すると Sign Up を求められるので登録すると、その携帯電話が My phone として登録されます。

 メニューから「Update」 を選択すると、GPSを起動します。GPSを補足してデータを取得すると、データを上記WEBサイトに転送します。

Ssce0065a

 Updateが終了したところの、「Periodic」の画面です。このアプリは、前の2つのアプリと違って、画面上では位置情報(緯度、経度)は読めません。携帯電話で位置情報(緯度、経度)を読みたい場合は、前の2つのアプリのどれかが必要になります。

Periodic01

 PCから上記WEBにアクセスしてログインすると、右上にある My Map のリンク先をクリックすることで、位置をプロットした地図を見ることが出来ます。(注:最初のアクセスでは、携帯電話での Sign up とは別に登録が求められるかもしれません。その場合は、同じID、同じパスワードでSign up します。)

 なお、携帯電話のWEBブラウザからアクセスした場合は、 My Map のボタンが見えません。携帯電話で地図を見たい場合は、内蔵のWEBブラウザ以外のブラウザをインストールする必要がありそうです。

Ssce0066a

 結局、3種類をインストールしたところです。
選択中のアイコンが「Phonelocator Ver.0.07」、次が「Periodic」、最後が「Phonelocator Text」です。
 何か、良い活用法がないか思案中です。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

Phonelocator Ver.0.07

2010-10-28(木)雨

 昨日の記事の「Phonelocator」は、記事中のサイトのものはSymbian S60 5th (Nokia 5800 XM)用のものでしたが、現在Nokia ovi store にはS60 3rd も含めた、各機種で動くバージョンが上がっていました。(名称:Phonelocator Text )昨日の記事にも追記しましたが、ここでも書いておきます。

 さて、次ぎも同じ「Phonelocator 」ですが、これは位置情報をWEBサイトのサーバにアップロードして、WEBサイトと連動して使うタイプです。ただし、本日のは若干古いバージョンで、現在はWEBサイト側と連動しなくなっています。WEBサイトと連動するのは、新しいアプリモジュールと新しいWEBサイトになっています。そちらは、まだ自分がテスト中なので明日にするとして、本日のは古いモジュールの話です。

「Phonelocator Ver.0.07」
ダウンロードはこちらです。あるいはこちらから、、。

 このアプリでは、WEBにアップロードはするもののWEBサイト側での地図閲覧は出来ないようです。では、なぜ取り上げたかたいうと、このバージョンでは位置情報(緯度、経度の数値)を画面上で見ることが出来るからです。

Ssce0062a_2 (画面の数値表示です)

 昨日の「Phonelocator Text」の数字フォーマットは 35.1234 の小数点形式ですが、こちらのは 35度xx分yy秒162 の形式です。新しいアプリの方では、画面上で数値が見えないので、この古いバージョンも使い道があるかな、、と、とりあえずインストールしたままにしてあります。ただ、数字は表示されますが、コピーで取り出せないので、書き写すのが面倒かもしれません。

Ssce0063a

 起動して、GPSが補足されるとデータをアップロードにゆくので、パケット代を使わないようにするには、設定でアクセスポイントを使えないものにしておくと良いかもしれません。私は、挿してあるSIMでは使用できないアクセスポイントにしてあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

Birkett Phonelocator (for s60 5th)

2010-10-27(水)晴れ、のち曇り/寒い

 (注:2010-10-28追記
  記事中のダウンロードサイトのものはS60 5th用でしたが、現在 ovi store には
  各機種で動くバージョンがアップロードされています(無料版)。
  名称: Phonelocator Text )

 もう、冬を感じさせるくらいに寒くなってきました。JGAの演奏会を前に風邪をひいてもいけないので、今日は散歩の代わりに携帯電話のアプリを弄りました。

 さて、題記のアプリは以前から探していたものですが、自分のいる位置情報(緯度、経度)をGPSから取得するアプリです。位置情報(緯度、経度)を含んだテキストデータはSMSで送信したり、クリップボードにコピーすることでテキストファイルにすることも出来ます。
 この緯度、経度の数値を付けたURLでlatlng.lyにアクセスすることで、地図上に位置をプロットして表示してくれます。
 このアプリは、Nokia 5800 XMなど、OSがS60 5th の携帯電話向けです。

ダウンロードはこちらでした。「Birkett Phonelocator
 ・Summary:  Birkett Phonelocator is a S60 5th edition app
  that helps you to send your GPS location via SMS.
 ・Requirements: Symbian s60 5th edition

以下、スクリーンショットなどです。

Scym0102a

 起動すると、このような画面になります。GPS補足中は色が橙色で、補足すると緑色になります。若干、時間がかかります。もう少し速いと良いのですが、、。
 accuracy は「精度」ですね、横方向は38.3m、高さ方向は26.5mまでの誤差があるということでしょうか。
 

Scym0105a

 メニューです。Send Location では、位置のテキスト情報をSMSで送信します。私の5800XMに入っているSIMではSMS送信に80円かかるので、Copy to clipboard でとりだして、テキストエディタでファイルにします。
 

Scym0103a (クリックすると大きくなります)

 テキストファイルにした内容です。アプリからは「http://latlng.ly/緯度、経度」のフォーマットで出力されます。
 例:http://latlng.ly/35.11,135.10

 この内容でWEBにアクセスすると、地図上にプロットした画面が表示されます。

Scym0104a

 上の図は5800XMのWEBアプリでアクセスした画面です。地図上にプロットされています。かなり良い精度です。
 

Brktplocate01

 こちらはPCでアクセスした画面です。

 現在位置を地図上にプロットするならgoogle mapsでも良いのですが、位置情報を直ぐにテキストで見たり記録したり出来るのが面白いかもしれません。何か、活用法がないかと思案しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

最近、電車の音が静かになった。

2010-10-26(火)曇り

 たまに東京へ出かけたり、あるいは隣の市の図書館へ行くために電車(小田急線)にのりますが、最近、ふと気がついたことがあります。それは、駅などで電車の音が静かになったことです。
 先日、海老名駅で電車を待っていて、電車がホームに入ってくるのをみて何か(昔に比べて)違和感を感じました。何だろうかと考えたら、ホームに入ってくるとき静かなんですね。以前だと、ガタンガタン、ガタンガタン、、と入ってきました。あのレールの継ぎ目で出る音がないのです。
 思わず、ホームを端から端まで歩いて継ぎ目を探してしまいました。結局、継ぎ目は見あたりませんでした。乗り心地や騒音改善のため、長尺レールを使ったり継ぎ目無しにしたりしているのでしょう。そう思って、電車に乗っているときに気をつけてみたら、音のしない区間がかなり多くあるようです。順次、改善しているのでしょうね。
 こちらに来たときには、電車にはエアコンが無くて夏は暑いものでしたが、今では全車でエアコン完備、そして今度はレールの音の改善です。ふと気がついた出来事でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

新しいsports tracker サイトを使ってみた

2010-10-25(月)小雨、のち晴れ、のち曇り

 散歩とかハイキングの時に、歩いたルートや運動量を記録するのに使うと嬉しいアプリ「sports tracker」ですが、暫く使っていませんでした。それは、Nokia beta Labs からダウンロードして使っていたアプリが期限切れになったことと、Nokia Sports Tracker beta serviceのサイトがクローズされていたからです。

 で、暫く前に、新たに独立したサイト「http://www.sports-tracker.com/」が開かれ、また新しい機種でもデータをサイトにアップロード出来るようになったらしい(注1)ので使ってみました。

 注1:前回試したときは、X02NKにインストールする古いバージョンではサイトへアップロードできましたが、E52や5800XMにインストールする新しいバージョンではアップロードできませんでした。

 携帯電話に入れるsisファイルの新しいバージョンは、Ovi Store にあり、簡単にインストールできました。

 使用する携帯電話としては、下記理由からNokia E52 を使用することにしました。
  ・電池の容量が大きい。
  ・前回のテストでは、X02NK、5800XM、E52の3機種の中で一番精度が良かった。

 新しいバージョンを、早速散歩の時に使ってみました。一度、途中でストップしてしまいましたが、ルート記録の精度は良いですね。また、前回のバージョンでは、スタート時のGPS補足が遅かったのですが、新しいバージョンではスタートと同時に補足してくれるようです。

Ssce0060 (E52の画面です)

万歩計での測定との比較は下図のとおりです。まずまずかなと思います。

Strackercmp01

さて、記録したデータを「http://www.sports-tracker.com/」にアップロードしてみました。sports-tracker.comはWEB画面からレジストすると、直ぐに使えました。

Strackercom01

Strackercom02

 地図の右上にあるタブで切り替えると、ルートを描画するベースの地図画像が、簡単に切り替えられます。
 上は衛星写真の上に描画したものです。縮尺も簡単に替えられます(マウスの真ん中の回すボタンで変えると便利です)。
 下は、通常の地図に描画したものです。
前回試したサイトの動きよりは、なかなか使いやすいかもしれません。

 アップロードしたデータは、他の方とシェア(閲覧を開放)出来ますが、地図は凄く拡大できて細かいところまで分かるので、るので、記録する場所に寄っては、あまり他人に開放(シェア)しない方が良いかもしれません。旅行やハイキングなどのルートは、シェアしても良いかもしれませんが、散歩はやめた方が良いかもしれませんね。私は、今のところシェアを許可していません。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

携帯電話X02NKの再起動現象が発生した

 SoftBnak MobileのSIMで使っているNokiaの携帯電話が再起動するという件は、私の携帯電話もプログラム書き換えをして貰い、大分前に落ち着いていました。が、久々に今朝、発生しました。図書館からの連絡メール(のMMS通知)が来ていたので、受信しようとしたらいきなり画面が真っ暗になり、再起動してしまいました。まだ、若干は起きることがあるんですね。

Sscx0654a

 再起動ログです。4時の再起動はスケジューラで発生させている再起動です。最後のものが今回の再起動です。

 まあ、急ぎの操作の時ではないから困りませんでしたが、シャッターチャンスで写真を撮ろうとしているときだと困りますね。以前、東京に行ったとき、そういうことがありましたが、、。

 ちょっと懐かしい現象でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギター合奏フェスティバル、一週間前

2010-10-24(日)曇り、のち雨

 今日も午後は、ギターサークルの練習でした。日本ギター合奏連盟主催の「ギター合奏フェスティバル」も一週間後(次の日曜日)に迫ってきました。練習も、最後の追い込みです。本番前の、先生に来ていただいての練習は今日が最後なので、みんな熱が入ります。と言いつつ、途中ではお茶会が入りますが、、。まあ、お茶会も楽しみのひとつです。お茶と、若干のお菓子と、多くのお喋り、、何よりのストレス発散でしょう。

 さて、一週間後の演奏はどうなるのでしょう。行事内容は、前回の記事の紹介をみてください。
   「第22回 日本ギター合奏フェスティバル

我々の演奏は、最後から2番目くらいだそうです。乞うご期待、、??。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

プレーヤ関係の小物(2)スタビライザ

2010-10-23(土)晴れ、のち曇り

 今日も午前中は良い天気になりました。カーテンを大きく開けて日光を入れながらレコードを聴くと、なんともいえない良い日になります。

 さて、プレーヤ関係の小物の(2)ですが、実は入手しようと思いつつ今に至るまで持っていないのが「スタビライザ」です。スタビライザというのは一種の重りで、レコードの中心部に載せて、重さでレコードを安定させると同時に、レコードの共振振動などを防止したり吸収して、音を改善しようとするものです。
 現在、買おうとすると2万円~数万円します。何で、こんなに高いんだろうと、頭をひねってしまいます。

Dsc03117a  Dsc03119a

 左はEPアダプタ(ドーナッツ版をかけるとき使うアダプタ)ですが、スタビライザの構造は、これに似ています。右の図のように、レコードの中心に載せて使います。重さは300g~1kg位ですね。これでレコードを安定させるのだそうです。
 昔はアルミ削りだしが多かったと思いますが、今は材質が色々です。アルミ削り出しの他、アルミやチタンなどの積層になったもの、木製?、焼き物で中に水を入れるものまであるようです。

 ドーナッツ版なんてかけることはないから、EPアダプタに細工してスタビライザにしようかと思いつきました。EPアダプタに、たとえばゴム粘土を付けたりして重さを増し、またゴム粘土で振動を吸収します。結構、良いアイデアかな、、なんて自画自賛しています。
 EPアダプタを使ってしまう前に、ドーナッツ版なんて持ってないよなと、確認のためレコード盤の箱を漁ってみましたら、、う~ん、何枚か出てきました。

Dsc03121a

 大した枚数では無いんですが、捨てるのも惜しい、青春の思い出の盤です。 ロックンロールとか、それに続く時代のものですね。1枚だけ傾向の違うのが混じっています。「白い花の咲く頃」(岡本敦郎)です。さすがに、これは私にも懐かしの、、という曲です。欲しかったのは、裏面の「小諸なる古城のほとり」(注1)です。

 これでは、EPアダプタも持っていた方が良さそうです。安いEPアダプタを新たに買って、細工することを検討しています。でも、私の耳と私のステレオでは、効果が分かるかどうか、、多分、分からないだろうなあ、、。

  注1:これは、島崎藤村の「千曲川旅情の歌」に曲を付けたものです。
    この歌には、藤山一郎の歌っている曲と、
    上の図にある岡本敦郎作曲・岡本敦郎歌のものと2種類あります。
    岡本敦郎のものの方が流行歌風です。藤山一郎の方はもう少し
    詩吟に近いような感じがします。
    私が中学の時、国語の先生に教わって、探していたのは藤山一郎の
    歌っているメロディの方でした。(今ではYOUTUBEで聴くことができました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

中国へ行く方は要注意?・スマートフォンの入国時課税強化

2010-10-22(金)曇り

 先ほど、中国でお仕事中のPOLYLOFTさんに教えて戴いたニュースですが、スマートフォン、特にiPhoneやiPadを持って中国に行く方は要注意なニュースです。

 入国時のスマートフォンへの課税が強化され、本人が使用する1台目から課税されるらしいです。特に、iPhone や iPad が狙い撃ちの処置らしいです、、。

 「スマートフォン1台でも課税:中国持ち込み注意、私用も対象」 とのことです。
 中国はスマートフォンの密輸に対する取り締まりを強化しており、たとえ私用目的であっても課税するケースが相次いで報告されているようです。特に米アップルの人気商品iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)が対象になっているらしいです。

以下、ニュースから、、。
----------------------------------------------------------------------
 複数の香港、本土メディアが伝えた。こうした製品を本土に持ち込む際、本土のイミグレーション施設で関税の支払いを求められたとの報告が、過去数週間で多く寄せられている。特に新品の状態だったり、1台以上を持ち込む場合に徴収の対象になるようだが、1台で課税された例もある。

 ある米国人は、羅湖検問所を通ってアイパッド1台を香港から本土に持ち込もうとしたところ、荷物検査に遭い、1,000人民元(約1万2,000円)を徴収された。商業目的ではなく私用目的だと説明したが、免れなかったという。
 「コンピューターの中には資料や写真がたくさん入っていて、個人で使用しているのは明らか。ただ1,000元を払うまで解放してもらえなかった」。

 ある税関担当者は「私用目的だったら課税が免除されるとの認識がそもそも間違い」と話しており、たとえ1台でも対象になると強調している。
-------------------------------------------------------------------------

 10~20%位の関税だそうですが、仕事で10回入国すると、10回課税されるよな状況に聞こえました。香港から、ちょっとシンセンまで遊びに行くときも課税されるようで大変です。

 今度ゆくときは、あまり最新版携帯電話を持ってゆくのはやめようと思います。

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

プレーヤ関係の小物(1)豚皮シート

2010-10-21(木)小雨

 LPをよく聴くようになったので、プレーヤ関係の小物や備品を机やがらくた入れから引っ張り出して整備したり、新しいものが入手できるか調べたりしています。

 放り込んであった箱から出して整備したもの第1号がこれです。

Dsc03113a

 これだけでは分からないですよね。

Dsc03114a

 LPジャケットとと並べた写真です。こういう大きさです。即ち、ターンテーブルのゴムシートの上に敷くための、薄い豚皮のシートです。ターンテーブルの上に敷いてレコードを載せることで、レコードの余計な振動を押さえて音質を改善しようとするものです。
 若干しわが寄っていたのでアイロンをかけてみましたが、あまり改善しませんでした。でも、レコードを載せて回転させてみても、レコード面の上下動作は少ないので使えそうです。

Dsc03115a

 こんな感じになります。

 ん十年前ですが、ある評論家の方がステレオ関係の雑誌に試聴結果の評論を書いたところ、結構人気になったことがある代物です。当時、オーディオに力を入れていた近くの電気店で何人も購入したもので、私も、その時に入手して持っていました。早速、再度使ってみましたが、改善されるのか否かは私のシステムと耳では余り分かりませんでした。まあ、気は心、、今後は載せたままにしておきましょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

隣の市の図書館に登録してみた

2010-10-20(水)小雨、のち曇り

 先日のことになりますが、隣の市の図書館へ行ったときに利用者登録をしてみました。これで、当市の図書館と2カ所の登録となりました。

Dsc03111a_2 利用者カード

 上が当市の、下が隣の市の利用者カードです。どちらも、資料検索は登録者でなくてもWEB上で出来ますが、利用者登録とWEB用のパスワードを登録すると、オンライン予約などが出来るようになります。
 図書館システムなどは、同じようなアプリ(図書館システムとか)を使用しているのかもしれません。検索画面などが同じようなフォーマットです。ログインの速度とか、携帯電話からアクセスするページがある点では当市の方が使いやすかったように思います。検索とか予約状況確認が携帯電話で出来るからです。規模としては、隣の市の方が大きいですね。

 さて、なぜ登録したかというと、コミックの棚に行ったときに当市のコミックの棚より随分と多かったからです。小説の類は、まだまだ自分の市のものが全然読めていないので隣まで行く必要は少ないですが、、。

 登録した後、思わずこんなのを借りて読んでしまいました。

Dsc03096a

 小中学生向けくらいの感じですが、ギャグマンガとして読むと、意外と明るい笑いがこみ上げてきます。「サザエさん」とか「ちびまるこちゃん」をみるような感じでしょうか(傾向は大分違いますが、、)。1巻、2巻はあったのですが、後日出た3巻がなかったので、アマゾンで1円で買ってしまいました。読み終わったら寄贈するかなあ、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

プリペイドSIMカードのリチャージをした

2010-10-19(火)曇り、のち小雨

 香港の電話会社(Three)のプリペイドSIMカードの期限が来たので、100HKDずつリチャージしました。大分前はリチャージ用のバウチャー(リチャージ用のカード)を買っておかないといけなかったので大変でしたが(香港から買って、買い置きしないといけないので)、今ではWEB上で出来るので楽になりました。

 現在は香港の回線は3回線あるのですが、今回は2回線の期限が来ました。6ヶ月に1回、100HKDずつリチャージします。1回線、1ヶ月あたり200円くらいの費用になります。

Dsc03109a

(1)左:3G International Roaming Rechargeable SIM
(2)中:HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM (98HKD)
(3)右:HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM (68HKD)
  右のはHSDPA USB Modem Kitで、USB Modemと一緒に買ったものです。

 香港に行ったとき使うだけなら、香港に行ったときに新たに買って、期限が切れたら捨てるのが安上がりです。香港では、プリペイドSIMなら、何処でも簡単に買えます。また、98HKDで買えば98HKD分、68HKDで買えば68HKD分使えますし、更に使うなら、そのときリチャージすれば良いわけです。期限延長のために6ヶ月に1回100HKDかけるよりは安いわけです。

 では、なぜリチャージするかというと、、、

(1)は通話/SMS用ですが、番号を教えていたり名刺に入れているので、番号保持のためリチャージします。

(2)と(3)は主に通信用(香港内だと、このSIMではパケット代が安いし、沢山使っても定額になります)です。番号保持の必要性はないのですが、国内にいるときもサブの携帯電話(E52、5800XM)で、ちょっとしたパケット通信が使えるようにと、リチャージして挿入しています。また、(2)はSIM下駄が使えるように角を切り欠いてあります。香港で買って、新たに切り欠くのも面倒なので、いつでも使えるようにリチャージして保持しています。

 ということで、3枚のSIMが期限切れにならないように気をつけてリチャージしています。いずれにしても、国内のSIMカードを保持するよりは格段に安いので出来ることですね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

秋の風景

2010-10-18(月)晴れ

 夕方の散歩には、丁度良い季節になりました。じっとしていると寒いくらいでも、長時間歩くには丁度良いのではないでしょうか。
 そうやって歩いていると、小さな風景が目にとまります。

E52p140a (E52)

 いつも歩いている運動公園の片隅にある、小さな林です。これから木々が色づいて来ると綺麗になって、中を歩くと気持ちがよいと思います。夏も涼しいし、冬は木の葉が落ちた木の風景も好きです。年中、行っている気がします。

E52p139a (E52)

 その林の片隅に、雑草に埋もれてひっそりと咲いているコスモス(ですよね)です。雑草に養分をとられたのか背丈も花も小さいですが、近づいてみると綺麗です、頑張って咲いています。
「わすれられたこすもすが、いっぽんにほんなど、ひっそりとさいているのも、いとゆかしけれでも、またあわれなり、、。」なんてね。
 (注:言葉とか文法とか言わないでね。理科、科学とか電気関係以外の知識は、卒業証書と引き替えに学校に返納してきましたから、、(笑)。)

Dscx1034a (X02NK)

 散歩道の途中には、またドングリが落ちているようになりました。時々、子供とか子ども連れの方が拾っています。でも、例年に比べて何となく量が少ない気がします。不作なんでしょうかね。
 そういえば、読売新聞の4コママンガ「コボちゃん」に、おじいさんが山にゆくと聞いて、ドングリが少なくて熊が困っているらしいから、拾ったこのドングリを渡して、、というのがありました。また、東京にも熊が出た、、とかいうのは、食べ物に困っての事でしょうね。やはり、天候に関係で不作なのかな。

 段々、涼しく寒くなり、冬が近づいていると実感する今日この頃です。先週末から、夜寝るときの夜具に、毛布が一枚プラスになりました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

ステレオの整備・スピーカの清掃

2010-10-17(日)晴れ

 ここのところ、音楽を聴くのによい秋を迎えて、ステレオの整備が続いています。今回はスピーカの清掃でした。スピーカは、ボックスを分解して、、と言うわけにもいかないので、外面的な清掃だけです。

Dsc03103a

 スピーカも三十数年前のものです。やることは、アンプからの線を接続する端子の清掃とか、コーンの清掃ぐらいです。でも、きちんと清掃しないと、スピーカのコーン紙にカビが生えたりします。大分前ですが、カビが生えそうになって慌てました(少し出ていたので慌てたのですが、清掃して事なきを得ました)。

Dsc03107a

 スピーカはLo-D(日立)のHS-500です。Lo-Dも当時、注目を浴びたのは、この機種だけでしたかね。何故注目されたかというと、どでかドームとギャザードエッジのコーンスピーカ、アルミ削りだしのホーンツイータが、結構性能が良かったからです。

どでかドーム:中心のドーム部分が極端に大きいスピーカでした。
ギャザードエッジ:コーン紙のエッジ部分が、他のものと違って折り紙のような構造になっていました。

Dsc03108a

 エッジ部分です。折り紙をたたんだような構造です。折り紙をたたんだような構造というのは、最近では宇宙開発とか、色々なところで使用されていますが、当時スピーカに使ったのは斬新だったかもしれません。

 このスピーカは、ジャズのピアノを聞くのに使うよりは弦楽器の音楽を聴くのに良いかもしれません。バイオリンとか、小編成の弦楽曲を聴くと、とても綺麗です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

レコードプレーヤの整備とテスト

2010-10-16(土)晴れ

 先日来、レコードプレーヤの音がおかしいのか?とか、気になっていたので整備とテストを行いました。
 気になっていたのが、カートリッジ(プレーヤアームの先についているレコード針の部分です)の傾きです。カートリッジはレコード面に対して垂直についていないと、左右チャネルのクロストークやノイズの原因になります。

 デンオンのカートリッジDL-103は先端に白い線が垂直に書かれています。これをレコード面に対して垂直にします。

Dl103chk03

 この線は反時計方向に1.5度傾いています。どうも、カートリッジがこの位傾いているように見えるのです。人間の目は垂直の線がどちらかに回転しているのは、よく分かるようです。

Dsc03102a

カートリッジの傾きのテストは、レコードを置く面に平らな鏡を置いて、カートリッジを映して行います。

Dsc03101a

 カートリッジ先端の真正面からみると、カートリッジの線と鏡に映った線が見えます。これが真っ直ぐになれば良いわけです。結構、よく分かります。アームヘッドの横にあるネジをゆるめて回転させて調整します。
 実際のところ、かなり曲がっていて、やっと修正出来ました。

 次は、昔買ってあった調整用のLPがあったので聞いてみました。

Dsc03099a

 これはステレオ装置テスト用のレコードです。左右のバランステスト、無音テスト、ホワイトノイズテスト、左右チャネルのクロストークテストなどの他に、色々な音源が入っていてテストできます。
 例えば、

(1)遠くから坂を登ってくる蒸気機関車です。かすかなシューシュー、ポッポッという音が近づいてきて、真正面で汽笛を鳴らし、遠ざかっていきます。動輪クランクのカチャンカチャンという音、蒸気の音、などかすかな音から汽笛の音までのダイナミックレンジの広い音です。
(2)女性コーラスのソプラノ部の音
(3)フル編成のオーケストラの管楽器の高い音のある部分
(4)現代音楽に近い音楽のピアノ
(5)ロック系の音楽

などと結構、ステレオ/LPには厳しい条件の音源です。聞いてみましたが、きちんと再生できているようです。装置的には(レコードプレーヤからスピーカまで)特に問題なさそうなことが分かりました。

 今日も何枚か聞きましたが、これから暫くはLPを沢山聞く、芸術の秋になりそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

OUTLOOK・予定表の使いにくいところ

2010-10-15(金)曇り/晴れ

--------ここから追記---------------------------------------
2010-10-16追記

ざうちゃん さんのコメントで教えていただいて、土・日を普通の日と同じ大きさに表示することが出来ました。従って、下記記事のなかの 「土・日曜日が、普通の日の1日分を上下に分けて表示していて、変更できないので見にくい」 という点は間違いと分かりました。ここで訂正します。
---------追記はここまで--------------------------------------

 PC上で使う予定表は、持ち歩くのに不便なうえ、使いたいときに開くにも(若干)時間がかかるという点から、メインでは使っていません。メインの予定表はHP200LXのApointment、サブとして携帯電話の予定表です。
 PC上の予定表の唯一の使い道としては、Nokia 携帯電話との同期(Nokia PC Suite での同期)の為に使います。沢山ある予定は、携帯電話で入力するよりPCで入力してから、Nokia PC Suiteで同期させて携帯電話に入れるのが速いからです。

 その程度ですから、別なアプリを調達することもなくOUTLOOKを使用しています。機能としては不満はないのですが、一点だけ使いにくい(というか、表示が見にくい)点があります。それは、月刊表示の時の土・日曜日が、普通の日の1日分を上下に分けて表示していることです。

OUTLOOK・予定表の月刊表示
Outlook01 

 月~金まで横に並んでいて、土・日が上下になっています。このため、土・日を入れた連続の予定や、土曜日或いは日曜日に定期的にある予定を入れたときに見にくいんです。なぜ、こうしたんでしょうね。素直に月~日を横に並べれば良かったのに。
 MSの設計部門では土・日は休日で、休日出勤もないからこれで充分という意識がこびりついていたのでしょうかねえ(これは皮肉です。実際は開発で超多忙でしょうが、、)。このフォーマットでは、例えば土・日は仕事で、水曜日が休日なんて人にも使いにくいでしょうね。

 HP200LXやNokia 携帯電話の予定表は、ごく素直に月~日が横に並んでいますから、余計なことを気にせずに使うことが出来ます。

HP200LXのappointment画面
Dsc03098a

 仕様を考えるのは難しいものですね。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

「シモンズ」のLPを買った

2010-10-14(木)晴れ/曇り

 何日か前の「フォークグループ、シモンズ」の記事で、シモンズの歌を携帯電話に入れたい、、と書いたのですが、その音源として1枚のLPを入手しました。

Dsc03095a若葉の頃  若草のころ」 タイトルが間違っていましたので修正しました。 2013-10-05

 シモンズの2枚目のアルバムです。オークションで安く落札できました。
カセットに録音したものは、アルバムの2~4枚目が残っているのですが、何十年か前のものでは、やはり音が若干物足りないところがあります。その点、LPの方がましでした。

 3枚目のアルバム「風のことづて」は出品が殆どなく、買えるような値段ではありませんでした。3枚目のアルバムは買えそうもありませんが、2枚目のアルバムには、一番好きな曲「春を待つ少女」が入っているので良しとしています。この「春を待つ少女」は、ヒットコレクションなどのLPやCDにも入っていないので貴重です。(YOUTUBEには載っているので、聞くことはできますが、、。)

 レコードプレーヤの出番が多くなったこの頃です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

奥歯を抜いた、、(涙)

2010-10-13(水)曇り/晴れ、一時小雨

 だましだまし使ってきた奥歯ですが、、とうとう一本抜きました。根本のポケット部分に穴があいていて、毎日内側から一番細い歯間ブラシを通して掃除していました。それでも、痛みと言うほどではないのですが、歯茎に熱があるような気持ちが悪いような感じでした。ふと、気がついて外側から歯間ブラシを通したら、太いのがとおり、血がついていました。やはり、歯茎がやられていたようです。3日ほどすると大分回復して、血もつかなくなったのですが、それでも気持ちが悪く、歯がぐらつくのも今まで通りです。

 で、歯医者でへ行ってレントゲンで見て貰ったら、歯の根元が、もはや手のつけようがないくらいやられていました。このままでは、両隣の歯も危ないので、抜いて治療することになりました。ということで、抜いてきました。根本がやられてぐらぐらしていたから、ちょっと力を入れただけで抜けてしまいました。
 歯医者さんも、「随分簡単に抜けちゃいましたね、かなりやられてましたね」と行ってました。後は、きちんと通って入れて貰わないといけないです。今は、口の中が違和感で一杯です。奥歯一本の存在って大きいことが実感されました。

 4年くらい前からは、歯間ブラシも使って掃除していますが、もっと前からやっていれば良かった、、と思います。「後悔、先に立たず」ですね。

Dsc03093a (持ち歩く4本セットです)

 4年前に始めたとき、歯を磨いた後に歯間ブラシを使うのですが、磨いた後でもこんなに汚れているのか、と思うほど食べ物のかすが取れました。特に、年をとってきて歯の間に隙間が出来ると、一層そうなります。
 最初は歯間ブラシを通すと血が出たり、ブラシに血がついたりします。結局、それだけ歯茎が痛んでいる(厳しい言い方をすると、腐っている)わけですね。でも、4日もすると血がつかなくなってきます。昔は、時々歯茎が熱っぽかったり、鈍い痛みがあったものが、歯間ブラシで掃除を始めてからは無くなりました。掃除の大切さを実感しました。
 こういう話をすると、「やってみたが血が出て大変だったからやめた」、とか、
そこまでやらなくても大丈夫、痛くないよ」という方がいます。でも、私と一緒で、大切さに気がついたときは「後悔、先に立たず」となりかねません。

 「後悔、先に立たず」とか「親孝行、したいときに親は無し」とか、後になって気がついて「あ~あ、、、」と言っている昨今です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

睡眠導入器をPythonで作る

2010-10-12(火)曇り、のち晴れ

 四十数年前の子供向け(中学生向けくらいかな)の科学雑誌に、睡眠導入器なるものの製作記事が載ったことがありました(名称は記憶にないので、今回付けたものです)。睡眠導入器とは、、夜、なかなか眠りに入れないときに使うもので、ヒツジが一匹、ヒツジが二匹、、的なものです。

 具体的に言うと、ポツっ、ポツっ、という雨だれに近い音を、ぼんやりと聴いていると眠くなるので、そういう音を出す電気回路を作る記事でした。
機能:「ポツっ、ポツっ、という音を出し、徐々に間隔が長くなり、徐々に音が小さくなります。ある時間経つと音が出なくなります。この間に、眠りにつこうというものです。」

 正確な回路図は覚えていないのですが、作ったときの記憶や、動作原理から考えた回路図が下の図です(正確とは言えないが、、)。
 当時は、子供にはトランジスタなんて高嶺の花ですから、トランジスタを使った回路なんて作れません。何とか手に入りそうな部品を使った製作記事でした。

Dsc03058a

 コンセントを短時間、100Vにつなぎ大容量のC1を充電します(以後は、コンセントをはずします)。C1から小容量のC2に充電し、一定電圧に達するとネオン管が放電し、C2の電圧が下がります。またC2が充電され、一定電圧に達するとネオン管が放電し、、と繰り返されます。ネオン管が放電したとき、クリスタルイヤフォンからポツっという音が出ます。
 C1の電気が少なくなるにつれ、C2の充電時間が長くなり、音の間隔が長く、音が小さくなります。C1の電気が少なくなると、動作は停止します。

 製作して、何とか動作しましたが、効果があったかどうかは不明です。なぜなら、子供の頃は、こんなものが無くても眠れたからです(笑)。

 さて、今更同じ回路で作ることは無いと思いますが、携帯電話に入れたpythonで作れば、同じような動作が出来るな、、と思い作ってみました。

「雨だれ(単発)の音を、間隔をおいて再生します。段々、間隔を長くし、音を小さくし、一定時間後に終了させます。」 ただ、それだけの動作です。
 で、名称はPyRainDropです。

 使ってみました。終了するところまで聴いていた記憶がないので、それ以前に眠りについているようです。が、、効果があったかどうかは不明です。なぜなら、無くても眠りにつけているからです(笑)。いつか、役に立つときがあるかもしれません(ない方が良いけど、、)。

Scym0100a (使っているところの画面です)

--------------------------------------------------------
モジュール
  「PyRainDrop_1_00_0.zip」

 説明は、同梱のテキストファイルをご覧ください。
--------------------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

Python: PyMusicSP を0.02(0) に更新してみました

2010-10-11(月)晴れ

 PyTaskServerで起動させることで、目覚まし用の音楽再生に使っている「PyMusicSP」を更新してみました。
 変更内容は下記のとおりです。
 (1)音楽ファイルリストに、ギャラリーで使うプレイリストを直接指定することが
    出来るようにしました。
 (2)音楽ファイルリストで、実際に音楽ファイルがないファイル名の行は使用しない
   ようにしました(エラーにしないため)。

(1)は、専用にリストファイルを作るのが面倒なので、ギャラリーのミュージックプレーヤのプレイリストを、そのまま指定できるようにしたものです。

(2)は、実際にはフォルダ内にない音楽ファイルを音楽ファイルリストに記述してあってもエラーにしないためです。目覚ましに使っていますから、ならないのは一番困るわけです。

モジュールは例によって
Python スクリプト 雑記」 の 「1.5 目覚まし PyMusicSp」 に載せました。

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

ギターサークルの合宿練習(2日め)

2010-10-10(月)曇り、のち晴れ

 合宿練習も2日めです。昨日は夕食前まで、みっちりと練習した後、楽しい夕食会、2次会を経て就寝です。合宿所の宿泊施設も、この時期は宿泊が少なくて、我々以外には1組だけでした。我々としては静かで良いのですが、施設の方は大変ですね。

 昼頃には、指先の痛みがひどくなり満足に弾けなくなりましたが、更に続けたら少し回復してきました。全員の練習結果としては、まずまずの出来になったように思います。

Dsc03087a (DSC-FX77)

 全員の練習風景です。普段は集まれないメンバーも集まってくるので、結構な人数になります。

 

Dsc03091a (DSC-FX77)

 懺悔の図??、、実は演奏を録音したものを聴いてみています。音量の関係で、こんな構図になります。別に、失敗したところを懺悔しているとか、うまくなれ、、とお祈りしているところではありません(笑)。
 演奏的には、やはり2日間かけて練習すると、格段に上達します。普段から、この位やれば良いのでしょうが、、、(汗)。

 合宿所の様子を載せてみました。
Dsc03089a (DSC-FX77)

 旅館の入口付近の様子です。雨上がりなので、しっとりと落ち着いた色、雰囲気です。

Dsc03090a (DSC-FX77)

 入口へのアクセス路です。木立の中にある旅館(合宿所)です。まだ、木の葉の色は変わっていませんでした。

 練習的にも、気分転換の旅行としても、なかなか楽しめた2日間でした。

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

ギターサークルの合宿練習(初日)

2010-10-08(土)雨(秦野)/大雨(山中湖)
(写真は帰宅後の予定)
ギター合奏フェスティバルの本番が迫ってきたので、例年どおり一泊での合宿練習に入りました。昼前に、山中湖にある合宿用の旅館に入り、体育館を借りて午後から練習を開始です。夕方まで弾いたら、左手の指先が痛くなってきました。明日が心配です。
さあ、ビールを飲んで夕食です。これが楽しみなんですよね。夜中には、二次会もあるし、、、(笑)。
外は大雨です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

久しぶりに、じっくりとLPを聴いてみた

2010-10-08(金)晴れ、のち曇り

 先日、ケンウッド・ショールームの「大人の音楽講座」に行ってきて、何となくLPを聴きたくなって、久しぶりにLPを聴きました。とはいえ、最初は故障というか不具合がでて大変でした。

 LPの棚を引っかき回して取りだしたのが2種類のLPです。昔、アンプの自作が趣味だった頃、色々な音源をと考えて買ったものです。

(1)ダイレクトカッティングのLP--これはマスタテープに録音することなく、演奏をリアルタイムに原盤に刻んでゆくものですね。

(2)コロンビアが、デジタルレコーディングを始めたときのLPです。アナログでのマスタテープへの録音をしなくなったものですね。

Dsc03086a  ダイレクトカッティングのLP

Dsc03085a PCMレコーディングのLP

Dsc03083a PCMレコーディングのLP

 最初聴いたら、片チャネルから音が出ません。調べたら、プレーヤから(正確には昇圧トランスから)アンプへの接続ケーブルの接触不良でした。定期的に使っていないと駄目ですね。さて、音は出るようになったのですが、やはり音がおかしい感じがします。高音の大きな音の部分がすっきりとしないのです。あちこち、若干弄ってみたのですが変わらない感じがします。

 で、真面目に大幅な対策、チェックをしました。

(1)カートリッジの針の部分を掃除しました。通常はブラシで埃を払うのですが、20倍の拡大鏡で見たら、タールがこびりついたような状態で、ブラシでは取れないゴミがついていました。長い間、使ったままで放置してあったからでしょう。イソプロピルアルコールをしませた綿棒で、長い時間かけてゴミを溶かして取り除きました。使ったら掃除しておく、、が原則でしょうか。

(2)プレーヤの、アームのついている台版をはずし、カートリッジ取り付け部分、アームから出るケーブルの接続部分を掃除、抜き差しして接触を改善しました。

(3)プレーヤからのケーブル、昇圧トランス、プリアンプの接続部分(のピンプラグ、ピンジャック)を、イソプロピルアルコールをしませた布や綿棒で徹底的に掃除して、つなぎ直しました。昔のアンプではコネクタ部分に金メッキを使っていないので、結構錆びた状態というか酸化した膜が出来ているようです。布や綿棒が真っ黒になりました。

(4)プリアンプそのものが大丈夫かどうか、いつものとは違うプリアンプにしてみました。アンプそのものは大丈夫でした。

Dsc03082a  久々に取りだした自作真空管プリアンプです。

 ということで、徹底的に掃除したことで、分かるほどの問題はなくなったようです。これからはよく使うこと、定期的に保守すること、を心がけたいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

ケンウッド・ショールーム「大人の音楽講座」(旧・音質マイスター講座)

2010-10-06(水)晴れ

 有楽町にあるケンウッド・ショールームで2ヶ月に1回行われている催しに、今夜も行ってきました。題して「大人の音楽講座」です。
 この催しは、前回までは「音質マイスター講座」として行われていたものです。ケンウッド音質マイスターの萩原氏が定年退職されたので、名称を変えて、趣向も段々変化させていこうと言うものだそうです。萩原氏は引き続いて、この催しには出るそうです。従って、「旧・音質マイスター講座」というか、「元・音質マイスターの講座」という位置づけですね。

 

E52p137a

 今回も萩原氏や参加者2名が持ち寄ったCDやLPを聞きました。最初に、写真の中央のコンポと黒いスピーカーのシステム(K-Series K-521)と、メインの(K-Series Esule)を聞き比べました。(K-Series K-521)は4万円くらい、(K-Series Esule)は30万円くらいのシステムですね。
 比べれば違うのは分かる、しかし単独で聞けばどちらも良いね、単独で聞かされたら俺にはどちらでも良い、、といったら、お前の耳は大丈夫かい??と、萩原氏に言われてしまいました(昔の仲間なので、、)。

 ここに参加すると、自分では持っていないCD、LPや、自分では聞いていなかったジャンルの名盤が聴かれるので楽しみです。

 次回は 12月8日(水)19:00開始です。
 於・ケンウッドショールーム (有楽町駅から歩いて3分)

 終了後は、昔の仲間も集まって忘年会になるんだろうなあ、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路開通

2010-10-07(木)晴れ
 電車の駅前から家の横のところまで、真っ直ぐ伸びてきていた道路は、家の直ぐ先のところで一軒だけ残っていた家の部分が工事中で、まだ開通していませんでした。
 しかし、ようやく出来上がり、カバーがかかっていた信号機も、昨夜0時過ぎに帰ってきたときは、既に動いていました。先日聞いた話では、7日が開通の日とか言っていましたから、7日午前12時から動き始めたのでしょう。

 そして、本日(7日)午前中に開通式が行われました。

Dsc03067a (DSC-FX77)

 ここから前方の先端までが工事中で通行止めになっていた区間です。前方のところに人が集まっているのが開通式の会場です。左の止まっている車はパトカーを先頭にして、走り初めのために待機している車です。

Dsc03069a (DSC-FX77)

 いよいよテープカットです。あちこち入り込んで写真を撮ってきました。開通式ですから近隣の人が観覧に来て、写真を撮って廻るのは問題有りませんでした。

Dsc03073a (DSC-FX77)

 開通式場の椅子を片付けた後で記念写真をとる時間です。色々な人が看板のところに来て写真を撮っていました。市役所の人が、カメラのシャッター押し役をしていました。道路開通式なんて一生に1回立ち会うか否かですから、子供を入れて写真を撮っていました。良い記念になるでしょう。

Dsc03074a (DSC-FX77)

 横断歩道渡り初めです。予め頼まれた近隣の親子連れが渡っています。子供は、何だかよく分からないけどお母さんと一緒で、みんなに見られているから嬉しそうです。

Dsc03079a (DSC-FX77)

 車の走り初めです。向こうからこちら方向へは白バイ先導で、こちらから向こうへの方向はパトカー先導で走っていました。

 夜、帰ってくるときに走ってみました。信号がついているから、それほど危なくはないのですが、広い道路で微妙な坂になっていたり、クロスする道路との関係で、夜は走りにくい感じがします。目印になるものが少ないから、気がついたら右左折する交差点を過ぎてしまったとかの走りにくさもあります。まあ、事故の無いように願いたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

携帯電話に疎くなってきた

2010-10-05(火)晴れ

 今までは、携帯電話については比較的に先端をなぞってきた、、とか、まずまず携帯電話には(世の中のおっさんよりは)詳しい、、などと思ってきました。が、ここに来て、何となく取り残されつつあるような状況です。

 何故か、、というと、日本のキャリアの新しい携帯電話を使っていないとか、最近の携帯電話(iPhoneとか、Windoows Mobile OSの携帯電話とか、Andoroid OSの携帯電話とか)を使っていないというのが、その理由かもしれません。結局、かなり旧機種のNokia端末を使い続けている状況です。
 友人から、docomoの携帯で云々、、とかauの携帯で云々、、とかiPhoneでは云々、、とか聞かれても答えられません。

 別に、他の携帯電話を毛嫌いしているわけではありません。なぜ、使わないのか、、と考えてみたら、2つの理由が浮かびました。

(1)iPhoneなどでは、その得意分野の使い方を、自分が使っていないというのが大きな理由でしょうか。それぞれに得意分野があるようで、それに合致しないと使いにくいようです。

(2)自分が便利に使用しているアプリが有るか、、という点です。特に、Pythonで作って利用している自分のアプリが動くか否かは、大きな問題です。

 結局、HP200LXがお払い箱にならないのと一緒で、ソフトの資産が無視できないのです。C++とかJAVAでアプリを作ることを覚えないと、機種は現状から更新はないのかな??などと首をかしげています。どうなるのかなあ、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

フォークグループ、シモンズ

2010-10-04(月)小雨、のち曇り

 古い音源(カセットとか)、古い曲を取りだしては聴いていますが、昔気に入ってよく聞いていたカセットが出てきました。ん十年前のカセットです。このグループのカセットは1本しか記憶になかったのですが、2本出てきました。ラッキー、、。
 それが、女性2人組のフォーク歌手「シモンズ」です。曲はもっぱら、青春歌謡(恋とか失恋とか出会いとか別れとか、、)ですが、声が綺麗で、秋の静かな夜に聞いていると、なかなか良いと思います。

 流行っていた当時、自分では知らなくて、友人に借りたカセットテープに入っていて知ったグループでした。友人にカセットテープを貰って、車で聞いていたものが本棚の奥に残っていたものです。LPとかCDとか無いかなと、WEBで探してみました。シモンズが出したアルバムは四枚で、一枚目「恋人もいないのに」はCDでも出ていますが、2~4枚目は出ていません。各アルバムから集めたベストヒット集は出ていますが、私が一番好きな曲が入っていません。その曲とは「春を待つ少女」です。「高石ともや」の歌でしょうか。YOUTUBU には両方のビデオがアップされていました。
 私が持っているカセットは、2~4枚目のアルバムを録音したものなので、今となっては貴重な音源になりました。何とか、デジタル化する手段を模索しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

地区ごとの「ふれ合い祭り」

2010-10-03(日)晴れ、のち曇り

 たばこ祭りも終わり、この時期になると市内地区ごとに「ふれ合い祭り」が、日をずらして公民館の周りで開催されます。地区というのは、市内がいくつかの地域(西地区とか北地区とか本町地区とか、、)に分かれていて、地区毎に西中学校とか北中学校とかが有るような地区割りです。公民館も、それぞれにあります。

 今日は、私の住んでいる地区でふれ合い祭りが行われました。公民館の前の広場での開会式(来賓の挨拶が多くて、暑くて参りました)に続いて、いくつかの出し物があり、後はバザーやら模擬店やら、その他の行事があります。スイミングスクール仲間がでる出し物が有ったので開会式の後半から1時間半ほど見てきました。

Dsc03041a (DSC-FX77) 開会式

 公民館前での開会式です。晴れて暑いのに、来賓の挨拶が多くて参りました。右の方の黒い集団は、セーラー服姿の中学生です。一人、暑さで具合が悪くなって日陰に来ました。

 

Dsc03046a (DSC-FX77) 丹沢アルプホルンクラブ

 「丹沢アルプホルンクラブ」の演奏です。スイミングスクール仲間が出るので写真を取ってきました。アルプホルンも曲をふけるんですね。初めて知りました。こんなでかい(長い)ホルンも、分解すると肩に提げたバッグに入れて持ち運ぶことが出来ます。

 アルプホルンの演奏の一部です。参考に貼り付けてみました。(X02NKで収録)
  アルプホルンの演奏ビデオ(一部)4MB

 

Dsc03050a (DSC-FX77) 中学校吹奏楽部

 公民館の近くにある中学校の吹奏楽部です。最初は「AKB48」だそうです。前に出て踊っているメンバーも、何となく恥ずかしそうでした。親御さんかな、多くの方がビデオを撮っていました。

 

Dsc03051a (DSC-FX77) 中学校吹奏楽部

 全員での演奏です。中学校といえども、最近はレベルは高いですね。昔のイメージで行ったから、良い意味で期待とは違いました。最近の吹奏楽部にはドラムスも入っているんですね、女性メンバーがたたいていましたが、うまいものでした。「サザエさん」のテーマソングが出てきたら、みんな喜んでいました。

 

Dsc03053a (DSC-FX77) 

 丹沢方面に望む小学校と中学校の風景です。のどかですね。

 

Dsc03056a(DSC-FX77)落花生畑

 取り入れが始まりました。手前側は緑ですが、向こう側は引き抜いて逆にしてあるので、土色が見えています。そろそろ新豆が出回り始めます。茹で落花生(枝豆みたいに茹でて食べる)も出はじめます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

カセットデッキの調子が悪い

2010-10-02(土)晴れ

 ここのところ、よく古いカセットを取りだして聴いてみていますが、カセットデッキの調子が悪くなってきました。テープを入れたときノーマルテープ/クロームテープ/メタルテープの区別を検出するところが、時々ふらついてノイズが出るようになりました。テープをセットし直したり、紙を挟んだりして、騙して使っています。音そのものはおかしくないので、買い換えるのもしゃくですしね。
 テープしか持っていない、そしてLPやCDで入手するのが難しい(注1)、、というのも有るので、当分はデッキもなくせません。

  注1:WEBで探すと有るのですが、LPで2万円とか、、入手は難しいです。

 先日は、VHSのビデオテープレコーダの調子がおかしくなったし、あまり使っていない機器は気をつけないと故障しやすくなるようです。確かに、よく使っているものは故障していません。使っていないと、スイッチ類の接点とか、部品などが湿気でやられることが多いようです。使わなくても、時々は電源を入れて湿気を抜いた方が良いようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

PP&MのCDを聞いてみた

2010-10-01(金)曇り

 届いたPP&MのCDを、早速聞いてみました。なかなか良いですね。ただ、持っていたLPと、曲目はかなり一緒なのですが、それでも若干は異なっています。そのせいなのか、LPをカセットに録音したものとCDとの違いのせいなのか、何となく印象が違います。LP時のマスタをそのままCDにしているのではなく、CD化の際はリマスタリングをしているらしいので、そういった違いも印象の違いになるかもしれません(それが分かるほど、自分の機材や耳が大丈夫かは不明ですが、、(笑))
 あるいは、曲目の違いや曲順の違いが大きいのかもしれません。好みとしては、LPの方のものが好みです。個人的には、そのままデジタル化して貰っても良かったような気がしています。

 曲の印象の違いといえば、歌っている人の違いは大きいですね。「悲しみのジェットプレーン」を、ジョン・デンバーでも聞いてみました。ジョン・デンバーの歌は、何を歌っても、良きカントリーソングという感じになります。だから、「悲しみのジェットプレーン」も、「故郷へ帰りたい」とか「緑の風のアニー」とかと同じ、懐かしきカントリーソングに聞こえます。あまり悲しい歌には聞こえず、懐かしい素朴な歌に聞こえます。ジョン・デンバーの場合は、それが特徴で好きなのですが、、。
 ジョーン・バエズ、PP&Mのマリー、森山良子、など、女性の声は悲しみを出しやすいのかもしれません。

 ということで、持っているLPやカセットテープの音源をデジタル化する事を考えています。本来のLPやカセットテープで聞くより音は劣化するかもしれませんが、携帯電話に入れて聞く分には問題ないかな、、と思うのです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »