« Nokia の新機種 | トップページ | Python: 時刻読み上げPyTalkTime 更新(V1.01.0) »

2010年9月17日 (金)

地上波デジタル放送への対応をどうするか、、

2010-09-17(金)晴れ、のち曇り

 アンテナであるスカイツリーの進行状況も話題になっていますので、一度は見に行かないといけないですが、出来上がってからでいいかな。単なる見物客としては、工事中より出来上がりを見た方が面白そうです。

 さて、(実際に予定通りやるとして)地上波デジタル放送への全面切替まで1年を切り(注1)、ユーザー側対応についても賑やかになってきました。放送も既に多くが対応後の画面比になって、今までのテレビですと上下に余白が出来ています。この余白に、切替を促す字幕が出たままになりますね。

 注1:切替は来年7月ですが、一説によると4月からは画面一杯に文字が
    表示されて、視聴には耐えないそうです。

 自分としての対応をどうするか思案中です。現在は21インチ・ブラウン管方式のテレビです。私はブラウン管方式のテレビやモニタが好きです。PCのモニタも17インチブラウン管方式を使用しています。ブラウン管のものは、何となく色が穏やかで、画面のどぎつさが少ないように思います。逆に液晶だと一見、ブラウン管方式より綺麗ですが、ちょっとどぎつい感じがしてしまいます。
 もっとも、設定の問題かもしれませんね。販売店の店頭では、ぱっと見たときに綺麗に見せるため、どぎつくしているのかもしれません。

 ブラウン管方式のテレビも活用して、今までのレコーダやプレーヤも残す(今まで録画したものがあるから)とすると、結局はアダプタ方式しかないようです。そろそろアダプタの検討をするか、来年7月を越えて売れ残ったものを(安く)買えないか検討するか、、考えどころです。

 あとひとつの対応策は、テレビ放送視聴はやめてラジオだけにするという手もあります。今だって、テレビは余り見ていないし、新聞のテレビ欄を見ても、見たい!!なんて思う番組は殆どないですから。とはいえ、そこまで毛嫌いしなくてもいいかな。それに、いずれにしても民放の視聴料はカットできないわけだし、、。

 

|

« Nokia の新機種 | トップページ | Python: 時刻読み上げPyTalkTime 更新(V1.01.0) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/49483139

この記事へのトラックバック一覧です: 地上波デジタル放送への対応をどうするか、、:

« Nokia の新機種 | トップページ | Python: 時刻読み上げPyTalkTime 更新(V1.01.0) »