« 野菜の価格 | トップページ | エネループの充電はどうやるのがよいか »

2010年8月18日 (水)

久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた)

2010-08-18(水)晴れ、ときどき薄曇り、のち曇り、夕方雷雨

 今日は変化のある天候でした。夕方は、いきなり凄い雷でビックリしました。ビシッ、ドカーンです。ギターサークルの練習に行ったとき聞いたら、雷注意報が出ていたとか言ってました。
 そんな中で久しぶりにPythonのアプリを弄ってみました。かなりPythonを忘れていて、ちょっと焦りました。やはり覚えるより忘れる方が早いようです。

 さて、何のアプリを弄ったかというと、、時刻読み上げ「PyTalkTime.py」です。(PyTalkTimeの記事はこちらです。) 問題点は、読み上げが間違っていないか?と、まれに思うことがあるからです。時刻読み上げを何気なく聴いたときに、「あれ、今の読み上げ正しかった??」と思うことが、まれに有ったからです。11時なのに「イレブン サーティって言わなかったか?」と言うわけですね。
 意識して聴いていたときには間違っていたことはないのですが、何気なくふっと聴いたときに何回かありました。聞き間違い、、という可能性もあるのですが、気になってアプリのリストを調べました。トレース処理も入れて、毎回の読み上げファイルのログもとってみました。いずれも、今のところ問題は発見されていません。あとは、毎回の読み上げ時に自動録音して、音声を確認するしか有りません。自動録音のアプリって作れるのかな?、、と、マニュアルを読んでいます。

 リストをチェックするついでに、INIファイルの中身の文字列操作(正規表現での置き換えとか、改行や文字での行きりだし)の前に、ユニコードに変換する処理を入れました。INIファイル内の音声ファイル名などに日本語が使われている場合の誤動作防止です。いずれ、レビジョンアップで「Python スクリプト雑記」に貼り付けようと思います(まあ、使っているのは自分くらいですが、、、)。

 久しぶりに頭を使った日でした(笑)。

 

|

« 野菜の価格 | トップページ | エネループの充電はどうやるのがよいか »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/49187927

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた):

« 野菜の価格 | トップページ | エネループの充電はどうやるのがよいか »