« 麦茶の出番 | トップページ | 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた)その2 »

2010年8月21日 (土)

隣の市の図書館に行ってみた

2010-08-21(土)曇り

 市内の図書館での貸出は、古くは市内の住民だけ(注1)でしたが、最近では隣接の18市町村間で協定があり、相互利用が出来るようになっています。即ち、18市町村の住民は、別の市町村の図書館からも借りることが出来ます。
 注1:入って見る分には自由です。

 ただし、自分の市の図書館だと市内の公民館や、その他いくつかの場所でも受け取りや返却が出来るのですが、別の市町村の図書館を利用しようとすると、そこまで行かないといけません。相互連絡便はないようです。
 本の検索については図書館内の検索機の他に、WEB上でも検索できるので予め検索してから行くことが出来ます。
 いずれにしても相互利用協定は、別の市町村の図書館にしかない本を借りたいケースなどでは便利です。

 ということで、隣の市の中央図書館に行ってみました。隣の市は、当方の市より大きな市で、中央図書館も規模が大きい図書館でした。この図書館でないと見られない本があるから、、ということで行ったわけではなく、様子見で行ってみたわけです。(あと、どういう感じのものかと、中を見てみたいコミックがあったのです。ブックオフにもなかったのですが、WEB検索で、この図書館にあることが分かりました。)
 難しい本のコーナーはさておいて、軽い本のコーナーを見てみました。軽い小説系の文庫とか、コミックのコーナーが当方の図書館より充実していました。軽い小説系の文庫は、古本屋にも出てこないケースが多かったりする(多分、捨てられちゃうんでしょうね)ので、便利かもしれません。結局、当方の図書館にはないコミックを2時間ほど読んでしまいました。

 わざわざゆくには交通費がかかりすぎるけど、そちら方面に用事があるときには、また行っても良いかなと思いながら帰ってきました。

 

|

« 麦茶の出番 | トップページ | 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた)その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

漫画・マンガ・コミック」カテゴリの記事

コメント

隣の市の図書館が当方の市の図書館と相互乗り入れ的に利用券を作れるシステムになってたので本を借りたことがあります
今時ですからPCによる検索システムも当然ありますが当該市の他館にあっても市外の者は予約して借りるということができません
貸してくれるだけ有難いと思うことにしました
[594]

投稿: | 2010年8月25日 (水) 20時10分

今日は。
予約については確認したことはありませんが、当方では出来そうな感じもします。でも、そこまでする必要がないので、今は借りたり利用できるだけで良いかなと思っています。ただ、遠いのが難点ですね。
出来れば、定期連絡便があって近く(市内の図書館)まで取り寄せられれば良いのですが、費用対効果の面から、税金でやるのは難しそうですね。

投稿: masa | 2010年8月26日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/49216472

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の市の図書館に行ってみた:

« 麦茶の出番 | トップページ | 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた)その2 »