« 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた) | トップページ | 麦茶の出番 »

2010年8月19日 (木)

エネループの充電はどうやるのがよいか

2010-08-19(木)晴れ

 一番良く使っているPCというかPDAのHP200LXでは、単3タイプのエネループを2本使っています。2組のエネループを交互に使っています。この場合、交換直前に予備側を充電、、というのは難しいので、どうしても予め充電しておくことになります。場合によっては充電して1ヶ月後に交換、、なんていうこともありますが、何とかなってはいるようです。

 しかし最近は、交換して使い始めた電池の持ち時間が、何となく短いような気がします。まだ、寿命回数にはほど遠いと思うのですが弱ってきたのでしょうか。リフレッシュ充電とか、きちんとした充電が必要なのかもしれません。皆さんは、どうされているのでしょう。私は、2本用の充電器で、まとめて充電しています。

 最近の充電器(4本用)ではリフレッシュ充電機能もついてますし、電池1個ずつの充電状態表示もついています(ランプが4ヶある)。さて、実際の充電制御は一本ずつ個別に、最適化制御になっているのでしょうか、そこのところが分かりません。また、2本用は表示が1個なので、更によく分かりません。

Dsc03004a

 ということで先日からは1個ずつ、個別に充電してみています。まだ、2組を使っていませんし、充分な比較も出来ていないのですが、結果としては何となく良い感じです。今までより、粘り強く使えているような気がします(気がするだけかもしれませんが、、)。少なくとも、精神衛生上は良いかもしれません(笑)。

Dsc03002a

 HP200LXの電池状況のログをとるアプリでの表示です。まだ、使用途中ですが、何処まで伸びてくれるか興味があります。

 

|

« 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた) | トップページ | 麦茶の出番 »

雑貨、小物、日用品」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
僕はeneloopの4本充電器で充電しています。
個別にLEDが付いていて、充電制御も個別の
電池状態見ながらやっているように見えます。
いちおうeneloopはリフレッシュ充電などは
不要で、継ぎ足し充電可能がうたいだったと
記憶していますが、実際どうなんでしょうかね。

投稿: Tsuru | 2010年8月20日 (金) 23時33分

Tsuru さん、どもです。

4本版は個別に見ているから大丈夫かなと思っています。
それにしても、リフレッシュ機能付きが出ているんだから、やはりリフレッシュした方が多少は良いんじゃないでしょうかねえ。もっとも、何十回か使えば、電池に比べても元が取れるからいいかなとも思います。

投稿: masa | 2010年8月21日 (土) 10時19分

当方もHP200LXをeneloopで運用しています
・大抵26時間程度で時々20時間程度の場合もありますが打鍵が多かったり少なかったり文字列検索が多かったり少なかったりなど使い方の違いもあるので大して気にしていません
・ミニミニラジカセ2台やCDプレーヤーやデジタルカメラやデジタルレコーダーなどもeneloopで運用しているので電池は巡り巡っていて電池を使い切るタイプの機械もあれば左程使わないうちに電池電圧低下警告を出す機械もありますから基本的に電池を傷めるリフレッシュは行なっていません
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2010年8月22日 (日) 20時10分

伍玖肆 さん、今日は。
基本的には、あまり気にせずどんどん使うのがいいのでしょうね。私もリフレッシュ無しで使い続けています。

リフレッシュの効果を感じたのは、コードレス電話(の子機の)ニッカド電池だけです。コードレス電話の電池は常時充電で使っているので、年数が経ったら数分しか通話できなくなりましたが、リフレッシュ(抵抗をつないで一晩かけて使い切った状態-満充電、、を3回ほど繰り返す)をして数十分まで伸びました。もともとニッカド電池は記憶効果が宣伝されていましたから、ニッカド電池については、なるほどと思いました。

投稿: masa | 2010年8月23日 (月) 08時57分

そうですよね
明らかにメモリ効果が出たらリフレッシュすればいいんであって症状も出てないのに気にしてリフレッシュするのは寿命を縮めます

ちなみに三洋の4本用充電器NC-TG1はコスト低減のためLEDが1個ですが1本単位で電圧を監視して個別充電しています

コードレス子機の充電池をニッケル水素のに交換したことがあります(ニッカド電池からコードを外して半田付け)一般にニッケル水素の方がニッカドより容量が大きいため過充電にはなりません

[594]

投稿: 伍玖肆 | 2010年8月23日 (月) 21時54分

その後のeneloopですが
1,000回充電している筈はないのに
純正充電器NC-TG1で充電エラーが出るものが出現

充電エラー検知が甘いNC-M58を使うと
充電できるようになりますが
そういう電池はそれでもやっぱりそのうちに
NC-M58で充電しても数分で充電終了してしまうようになります

こうなると棄てるしかありません
ここ1年位で6本くらい棄てました....
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2011年1月 3日 (月) 19時20分

伍玖肆 さん、今日は。

まあ、有る程度納得できる回数使用できたら、割り切って新しくしてしてゆくしかないかもしれませんね。それでも、アルカリ電池使用よりは節約できたはずですし、、、と思っています。HP200LXでしか使用していない(使用本数と充電回数が少ない)ので、まだ、エラーになるのは出てきていません。

投稿: masa | 2011年1月 4日 (火) 09時40分

アルカリ単三形乾電池は
そこらの店では1本約26円
トライアルという店では1本約14円

単三形のeneloopは秋葉原の某店で4本1,000円

充電に要する電気代とか充電器の減価償却とか
を無視すると十数回使えればOKという計算なので損はしていないし
乾電池を買いに行く手間がない
というのは大きいです

しかし所謂寿命とは容量が半分になってしまう
充電回数ですので
数拾回で充電エラーになってしまう電池とは
製造時の品質管理問題だと思われます(残念)

[594]

投稿: 伍玖肆 | 2011年1月 4日 (火) 11時57分

確かに、一部のものだけが仕様上の繰り返し回数に大幅に満たないとすると、そう言わざるを得ないですね。

投稿: masa | 2011年1月 4日 (火) 20時39分

NC-TG1では充電エラーが出るeneloopのその後

つい最近
ふと思いついてNC-TG1に入れてみたら充電エラーにならず充電完了してしまいました
二本ともです
NC-M58で性根を叩き直されたのかも...

[594]

投稿: 伍玖肆 | 2011年4月23日 (土) 21時18分

どこら辺で、駄目と判断するか難しいですね。
私も、NGにしようかと思った2本ですが、買い増しの時に買った充電器も使って、一本ずつ充電したりしたら、問題なく使えているようです。

投稿: masa | 2011年4月23日 (土) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/49197874

この記事へのトラックバック一覧です: エネループの充電はどうやるのがよいか:

» ゆっくりと過ごしたい夏の夜 [まったりライフに挑戦ッ]
忙しく日々過ごしてきました。人生ってなんだ・・・・とまじめに考えたらもっとまったりペースでいいんじゃないかとそう思えてきたのです [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 22時29分

« 久しぶりのPython (PyTalkTimeを弄ってみた) | トップページ | 麦茶の出番 »