« 携帯電話カメラの室内夜景 | トップページ | エレメント・ハンターを見終わった »

2010年7月10日 (土)

評価の方法

2010-07-10(土)晴れ

 最近は携帯電話のトピックスが減りつつありますが、それだけ携帯電話の環境は、(3G携帯電話が出はじめた頃に比べれば)良くなったということだと良い方に考えています。
 さて、ということで今日も携帯電話の話ではなくて、今朝の新聞を読んでいて感じた雑感です。

 今朝の新聞に、神奈川県では「レジ袋削減、2億2000万枚」という記事がありました。マイバッグなどにより、スーパーなどのレジ袋削減が(685店舗の削減数から推定して)前記枚数になり、二酸化炭素削減がこれこれになります、、とありました。二酸化炭素削減の量の推定は本当でしょうか。これは、評価の方法が若干抜けていないか?と思ったわけです。

 私もマイバッグやマイバスケットを使っていて、レジ袋を貰わないことが多いです。しかし、以前は貰ったレジ袋が、ゴミ捨て日のゴミ袋になっていました。今はレジ袋がないので、ゴミ袋をスーパーで購入して使用しています。こういう人は多いと思います。何故かというと、ある程度決まった規格(透明度など)の袋を使わないといけないからです。考えてみるに、貰わなかったレジ袋の代わりに買ったゴミ袋を使っているから、廃棄している枚数は変わらないように思います。

 この評価は、レジ袋削減実行委員会が評価しているから削減分の評価だけになるのでしょう。即ち、二酸化炭素削減量で言えば、減ったものだけカウントしても駄目で、その為に増えたものを考慮しないと、正しい評価にはならないんではないでしょうか。こういう評価とか統計って多いように思います。
 大分前に、統計の嘘、、なんていう本もありましたね。これは、統計も見方、やり方によって違う結論が出せる、、というような内容だった気がします。

 私も、表面的な記事で喜んでいる口ではありますが、よく考えてみないといけないなあ、、なんて反省しています。

 

|

« 携帯電話カメラの室内夜景 | トップページ | エレメント・ハンターを見終わった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/48844383

この記事へのトラックバック一覧です: 評価の方法:

« 携帯電話カメラの室内夜景 | トップページ | エレメント・ハンターを見終わった »