« 評価の方法 | トップページ | しろいたんぽぽ »

2010年7月11日 (日)

エレメント・ハンターを見終わった

2010-07-11(日)曇り、のち雨

 今年の正月から3月にかけてNHK教育テレビで放送された「エレメント・ハンター」(後半)を録画してあったのですが、今まで放置してありました。しかしながら、先日から少年少女向けのコミックやアニメを見始めた勢いを借りて、ようやく見終わりました。

 少年少女向けアニメとはいうものの、結構楽しめました。ひどい殺し合いとか残虐シーンはなく、良質なアニメといえるでしょう。安心して子供に見せられます。まあ、考えてみたらNHK教育テレビで放映されているんですから、、。

 で、無理矢理記事にする点としては、、2点ほど。
 ひとつは、やはり録画漏れがありました。3月いっぱいで完了にするためか、最後の2週間は一日に2話放送されたようです。最初のほうは気がついて録画したのですが、最終日は1話が録画漏れになりました。即ち、一番肝心な最終回が録画漏れです。半分涙目でWEBを検索したら、動画がアップされていました。ここは背に腹は代えられず、PCで見たり、その画面をビデオカメラで撮影したりしました。無いよりはましでしょうか。

Dsc02926a

 二つ目は、、、結論というか解決の最終回がなんとも、、、と。何とか、ここまではサイエンティフィック・ストーリーで持ってきたのに、最後はファンタスティック・ストーリーというか、神秘主義的ストーリーというか、何となく魔道師が出てきそうなストーリーというか、そんな内容で解決してしまったのが辛かったです。

 5才の少女の、たった一言が原因で、、そして、その少女とは、、、、(この辺はこれ以上書きませんが)。この「一言が云々」辺は、言霊信仰、あるいは現在世界第一の宗教にも見られる原理のような気がします。「光あれ、と言った、そして光が出来て、6日かけてこの世が作られた、、」的な、即ちすべての前に、言葉があった、、言葉によって実現される、、という考え方でしょうか。「その少女とは、、」あたりは、若干ご都合主義的なところがありますが、まあ、これも仕方がないかもしれません。

 いずれにしても、1話(或いは2話)で大団円に持って行くためには、これしかないかもしれないですね。この点を容認すれば、楽しめると思います。

 

|

« 評価の方法 | トップページ | しろいたんぽぽ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/48858213

この記事へのトラックバック一覧です: エレメント・ハンターを見終わった:

« 評価の方法 | トップページ | しろいたんぽぽ »