« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

わたらせ渓谷鉄道 追伸

2010-06-30(水)朝強い雨、のち曇り

 28日、29日と、兄弟会で行ってきたわたらせ渓谷や桐生ですが、この時期は湿っぽくて、暑くて、移動が大変です。わたらせ渓谷鉄道もエアコンは入っていますが、窓側は暑い場所もあります。一緒に乗っていた生徒さんグループが運転手さんに、暑くて足が溶けかかってますよ~、なんて冗談を言ってました(笑)← 運転中ではなくて、駅に止まって運転手さんが車内を廻っているときですよ、為念。
 トロッコ列車は大間々駅に格納してあるのを見ました。長い編成で、客車部分は窓が吹き抜けです。格納時は窓に白いシートがかかっていました。

Dsc02895a (DSC-FX77)

 通常運転の1両編成の電車ですが、2名の添乗員が乗っています。切符販売や記念品販売を行っています。出発前に図々しく写真を撮らせていただきました。電車は凄く和やかな雰囲気で良かったです。

Dsc02896a (DSC-FX77)

 片側は崖が切り立っています。反対側は、ご覧のように、ずっと下を川が流れています。この辺は駅の近くなので穏やかな感じですが、もう少し渓谷らしい流れのところもあります。

Dsc02897a (DSC-FX77)

 神戸(ごうど)とか足尾あたりまで行くと時間はかかります。桐生から近い水沼駅には駅に温泉センターがあります。たしか500円くらいでゆったり出来ます。この辺でゆっくりして戻るのも良いかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

わたらせ渓谷で兄弟会 続

2010-06-29(火)曇り(桐生、高崎)/曇り(秦野)

 昨日はわたらせ渓谷鉄道で相老へ戻り、近くの藪塚温泉のホテルで宴会です。宴会と言うほどの人数ではないのですが、、。
 ホテルの泊まり客は我々を含めて2~3グループ(各グループとも3~4人)でした。一番、客の少ない時期と曜日でした。

 今日は帰路につく前に若干の時間で桐生市内を歩いてみました。

Dsc02910a (DSC-FX77)

Dsc02912a (DSC-FX77)

 有隣館(隣の字は、上の写真のとおり実際は偏と旁が逆の字です)に寄ってみました。からくり人形館とか色々な倉のあるところです。今日はからくりの実演がなかったり、見学は出来ない日なので、敷地内を歩き回ってきました。

 後は高崎で昼食にして解散となりました。兄弟会も、昨年は諸事情で休会だったので、今年は無事開催出来て、ほっとしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

わたらせ渓谷で兄弟会

2010-06-28(月)雨、曇り(秦野)、曇り(群馬)

 今日は、年に1回の兄弟会でわたらせ渓谷に来ました。兄弟会といっても、集まってお酒を呑むだけみたいなものですが。高崎集合で、桐生から「わたらせ渓谷 鉄道に乗りました。トロッコ電車ではないですが、いかにも鉱山鉄道の電車という感じです。トロッコ電車は休日に1往復限定で運転されます。通常の電車は1両編成ですが、トロッコ電車はかなり長い編成です。

わたらせ渓谷で兄弟会(DSC-FX77)

 渓谷鉄道の電車です。いや、なかなか風情があります。若い女性の添乗員も2名乗車しています。(切符販売や記念品販売をしています。)

わたらせ渓谷で兄弟会(DSC-FX77)

 神戸(ごうど)駅で降りてバスで10分くらい、ダム湖の草木湖です。富弘美術館の散策路から眺めています。

 電車とかバスの本数が限られるので、あちこち見るには自動車で来ていないと難しいかもしれません。ともあれ、暑くて参りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

採れたてのキュウリとインゲン

2010-06-27(日)雨、ときどき曇り

 趣味で畑をやっている近所の方から、新鮮な野菜のお裾分けを戴きました。キュウリとインゲンです。

Dsc02892a

 沢山とれたとかで、直ぐ食べるだけの量を戴きました。やはり、畑から直送の野菜はおいしいですね。
 キュウリは薄く切って、ドレッシングをかけるだけで、おいしくいただけます。ドレッシングなんて言ってますが、実際は黒酢とだしをかけます。場合によってはマリネ用のものをかけます。インゲンは茹でて、ポン酢で戴きました。茹でてニンニク醤油でもおいしいそうです。

 そういえば、庭は小さな畑か花壇にしようと思って二十数年、そのままになっています。キュウリくらいは植えてみようと思いつつ、結局は雑草の生育用になっています。何とかしないと、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

やっと読み終わった

2010-06-26(土)曇り、雨

 図書館から借りて、はや2週間になりそうな本ですが、やっと読み終わって返却してきました。読み始めると早いのですが、何冊も借りてしまうと読み始めるまでに時間がかかりますね。
 1冊ずつ借りればいいのでしょうが、置いてある場所が中央図書館や各公民館に分散しているので、こまめに借りにいくのも面倒なときは、目についたときに借りてしまいます。

Dsc02887a_2

 レイン レイン・ボウ(加納朋子・作)

 なぜレインボウか、、きっと7話の短編からなっているからでしょう。高校の、9人しかいなかった弱小ソフトボールチームのメンバーをめぐる短編をあつめた長編という作りです。
 そのソフトボールチームのメンバーの中で卒業後に若くして亡くなった1名のメンバー、そしてその亡くなったメンバーともっとも仲が良かった1名のメンバーの事を縦糸に、残りのメンバー(7名)各々を中心にした短編です。で、7話、いわば7色の話で紡ぐのでレインボウ、、でしょう、きっと。

 各短編は結構楽しいのに、トータルとしては、ちょっぴり寂しさが忍び寄ってくる感想です。最後(7話目)では、この亡くなったメンバーと仲が良かったメンバーのことが出てきてきて完結に向かうところで終わるのですが、ハッピーエンドの完結ではなく、ちょっぴり寂しさが残ります。まあ、余韻が残って良いのでしょうが、あまり秋の夜には読まない方が良いかも、、なんて考えています。寂しさが募って、布団に入っても眠れないかも、、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

携帯電話や小物をいれるポーチ 続

2010-06-25(金)曇り/晴れ(曇りに近い)

 昨日書いた、携帯電話や雑貨を入れるためのポーチですが、腰に付けるためのベルトを作成してみました。丁度、ウエストポーチみたいな感じにするためです。

Dsc02885a

 ベルトにするための布ベルト(25mm幅、こころもち厚手の綿が入った布ベルト、1.2m位)、ベルトの先端につける金具1式(プラスティック製で、両方からカチンと挿して止まるタイプ)、ベルトの途中を押さえる金具1式(プラスティック製)を手芸店で買ってきました。
 これらを組み合わせてみたら、特別なことをしなくても使えるようになりました。あえて手を加えたのは、組み合わせたのち布ベルトの先端を、ほどけないように折り返して縫ったことだけです。

Dsc02886a

 裏側は、ポーチのベルトで止めるループ部分に、軽く縫いつけました。白く×印に見えているところがそうです。

 これで、これからの季節、ポケットにものが入らなくても大丈夫です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

携帯電話や小物をいれるポーチ

2010-06-24(木)曇り、時々晴れ

 先日X02NKにカバーを付けたので、腰に付けるケースにいれてベルトに付けることが出来なくなりました(サイズが大きくなったためです)。また、夏で軽装になるとティッシュやバスカードなどを入れるポケットが少なくなります。携帯電話なんて、とても入りません。

 そこで、それらをまとめて入れることが出来て、かつ比較的小振りに見えるポーチを探してみました。

Dsc02884a (右が購入したポーチ、左はX02NKです)

 色々探した結果、右のような布製のソフトなポーチを買ってきました。これなら、携帯電話とかティッシュとかカードが入ります。

 添付のベルトは肩にかけると都合の良いタイプなので、腰に付けるためのベルトを自作しようと考えました。スーパーの手芸コーナーに入って、若い女性スタッフに色々聴きながら、布のベルトや金具(プラスティックか)を買ってきました。
 ひとつ変えると、芋づる式に色々と変えないといけなくなりますね。ベルトがどんな出来になるか楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

X02NK の塗装がはげてきた

2010-06-23(水)雨、のち曇り

 2年間愛用してきたX02NKの塗装がはげてきました。

Dsc02879a

 毎日毎日素手で使っているから、何となくベタベタした感じになっているなあと思っていたのですが、腰に付けるケースからとりだしたときにぺろっと来ました。携帯電話の使用には差し支えないとはいえ、これ以上にはげるのは勘弁して欲しい、、。

 ということで、今年3月に先達広場で買ってきたカバーを付けてみました。

Dsc02880a

Dsc02881a

 カバーを付けると、かなり大柄になってしまうのが嫌で使っていませんでした。が、これ以上はげて見栄えが悪くなるのは嫌なので、思い切って使うことにしました。使い勝手は悪くはありませんし、カバーの出来もなかなかいいようです。ただ、これでケースに入れて腰に付けることは出来なくなりました(今まで買ったケースには入らない)。携帯(持ち歩く方の意味)方法を考える必要があります。とにかく、X02NKは大事に使っていこうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

挿絵も大事、、

2010-06-22(火)曇り、のち一時晴れ

 最初は、ふと目にとめただけなところから始まって結構はまるものに、新聞の連載小説があります。全部というわけではなくて、たまたま自分に合ったものに当たるとラッキー!という感じでしょうか。
 1~2年単位に新聞を変えることがあるので、途中からだったりもします。そういうときは、図書館の縮刷版などで最初の方を読んだり、あるいは単行本になって出るのを待ってから読み直したりします。
 縮刷版とか単行本の場合で残念なのは挿絵です。連載時は毎日の小説と共に挿絵があるわけです。この小説と挿絵がマッチしているところが楽しいわけです。

 縮刷版では挿絵も当然ありますが、元がカラーでも縮刷版はモノクロです。そして、単行本になると、挿絵は殆ど収録されていません。この点が残念です。
 ですから、気に入った小説は新聞もとっておくようにしています。ただ、前述の理由で、全部そろわないのが難点ですが。

 Dsc02878a
(朝日新聞2009年5月27日夕刊 より 勝手に引用ひらにご容赦)

 上図のものは、前半を読んでなかった連載小説を、先日図書館から借りて読んだものですが、この挿絵があるのと無いのでは雰囲気が全く違います。後半は単行本と新聞を並べて読みました。単行本化の際は、小説も挿絵も全部収録した版が出ると嬉しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

Nokia X5 が面白そう

2010-06-21(月)曇り、のち一時晴れ

 最近は、携帯電話の入手熱も若干冷めています。何故かなあ、、と考えてみたら、ある程度のタイプが手元にそろってきたので、3G携帯電話が出はじめた頃のような熱意が持てないのかもしれません。あと、それほど色々な使い方はしていないので、どんどん新しい機種に変えたいと言うほどでもありません。

 で、NokiaのWEBサイトもご無沙汰していたのですが、久しぶりにみたら、若干気になる機種が載っていました。それが、X5です。

Nokiax5_01  Nokiax5_02

 スライドさせるとQWERTYキーボードがありますが、閉じたときは、何となくNokia 7600に似た雰囲気があります。即ち、あまり携帯電話らしくないわけです。
無線LANがあるのか無いのか、WEBサイトによって情報が違ったりするので、まだ何とも言えませんが、次はこれを狙っても良いかな、、なんて考えています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

オルゴール音楽のCDを携帯で聴く

2010-06-20(日)曇り

 先日、図書館からオルゴール音楽のCDを借りて聴いてから気に入って、いくつか借りてみました。オルゴールのCDには下記2種類あると書きましたが、図書館に置いてあるのは
(2)のタイプが多いようです。

(1)第1は、オルゴールを演奏させて、そのまま録音したものです。従って、ゼンマイの音とか色々な機械部分の稼働音(言うなればノイズ)も 入っています。

(2)第2は、音源はオルゴールの振動弁ですが、音楽そのものはオルゴールではないです。即ち、オルゴールの振動弁の1枚1枚の音をデジタル 録音しておいて、オルゴールのピンの楽譜にあわせてデジタル演奏させて録音したものです。

 今日借りてきた2枚の音源(振動弁の音源)は、三協精機のオルゴールの振動弁から録音したもののようです。

 この、(2)のタイプは、ノイズが無くて非常にきれいな音です。ちょっときれいすぎる気もしますが、BGMとして流しておくには良いかもしれません。そこで、携帯電話に入れておいて、夜に本を読むときに、こうやって流しています。

Dsc02877a_2

X02NKと LD-4W    MD-4 を使っています。ステレオを使っていないのは、この方が何処でも簡単に聴くことができるから、、というのと、ステレオは10本の真空管があって、電熱器と同じで、この時期には長時間使用は辛い、、という理由です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

夏も近い??

2010-06-19(土)雨、のち曇り、一時晴れ

 降ったり晴れたり曇ったり、はっきりしない天気ですが、暑いことは暑いですね。

E52p094a (E52)

 運動公園のプール脇にはアジサイの花が多く、沢山花が開いています。ただ、白い花が多いです。私は青が好きなので探したのですが、この場所では少ないようです。それでも梅雨の時期だなあ、、と思いながら見てきました。

 

E52p093a (E52)

 そしてプールは掃除が始まっています。緑色の藻ばっかりだった水も排水されて、きれいに掃除が行われています。プールサイドの清掃はこれからですが、プールというか夏の支度は着々と進んでいるようです。今年は、何十年ぶりかで市営屋外プールへも入ってみようかと思っています。でも、水が冷たいだろうなあ(例年は、夏でも屋内温水プールですからねえ)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

雨の一日

2010-06-18(金)曇り、のち雨

 午前中は何とか持ちこたえた天気も、午後はかなりの雨となりました。それでも、毎日降り続くという天気ではないので、何となくしっとりとした雨の一日、、という風情です。もっとも、これから毎日降り続くと、嫌な長雨、、となるのでしょうけれど。この辺は身勝手な人間の言いぐさになるのでしょう。

E52p092a (E52)

 本を返しに図書館に寄ったときに窓からのぞくと、しっとりとした良い雰囲気です。中も外も静かですし、雨に洗われた木々の緑がきれいです。図書館は森の中、、みたいで素敵です。

Dscx1013a (X02NK)

 久しぶりに家の近くを散歩したら、、麦畑の収穫はとっくに終わっていました。考えてみれば、水田の田植えは随分前に終わっているのですから当たり前です。最近、家の近くの散歩が少ないのに気がつきました。

 

Dscx1011a (X02NK)

 電車の駅前から真っ直ぐ家の横まで伸びてきた道路も、家の先でちょん切れていました。見たら、最後まで残っていた一軒も引っ越して、道路工事がかなり進んでいます。これで、もう少し先までつながるようです。もっとも、私としてはちょん切れたところまでで良かったので、つながっても嬉しいことはないのですが、、。

 久々に家の近所を歩いて、色々気がついた日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

もう夏?

2010-06-17(木)晴れ/暑い

 今日は暑い一日になりました。外を歩いていると、真夏のような感じで汗が流れてきます。それはそれで気持ちよいというか、汗を流すのは健康には良いので、水分補給さえ気をつければ問題はない一日でした。それにしても、つい先日までは時々、冬用のジャンパーとか春物のジャンパーが必要だったのに、、、変化が激しいものです。
 ちょっと変化が激しいかなとは思いますが、年をとって変化に対応しにくいから感じるだけなのかなのか、最近の天候が変わりつつあるのか、どちらなのかはサダかではありません。

 昼間は暑かったですが、それでも夜になると、明けはなった窓からふいてくる風は涼しさがあります。本当の真夏だと、こうはいかないですね。あまりじめっとしていないので、秋の風情を感じてしまうところもあります。普段だと沢山聞こえてくる蛙の声が少ないせいかもしれません。

 季節は巡る、、知らず知らずのうちに季節は巡る、、廻る廻るメリーゴーラウンドのように、、だったかな。多少の変化はあるとしても、今はまだ、春が来て夏が来て秋が来て冬が来て、また春が来て、、、廻る廻る、、訳ですが。いつかは、廻らなくなり一方向への変化だけ、、そして、、、いつかは赤色巨星、、なんてね。

 今日は暑さで頭の中がクリームシチューです。頭の中には、なんか取り留めもない文章の断片が舞い散っています(もっとも、友達に言うと、いつものことだろ、、と言われそうですが)。

 暑いとか寒いとか言いながらも、季節が巡り、毎日毎日新しい朝が来ます。

------------------------------------------------------
きょうは/きのうの続きだけれど/朝毎に/目覚めるように
いちにちは/日々に新しい
  (中略)
窓を開けて/きのうとは違う/新しい季節の顔に/挨拶を送ろう
雨でもよし/風でもよし/曇りでも、嵐でもよし

わたしのきょうは/これからはじまる

         「小さな恋のものがたり」(みつはしちかこ作)より
-------------------------------------------------------

元気に、新しい朝を迎えられるのが一番の幸せです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

読む予定の本や図書館から借りる本の管理 その3

2010-06-16(水)雨、のち曇り、のち晴れ/暑い

 相変わらず、「題名」のバッチファイルを弄っています。読む本、図書館からの借りだし、返却の管理に使っているからです。
 結構便利で、これを手直ししてブログネタのメモと管理にも使っています。思いついた時にメモして、ブログに書いたら「済み」にして行きます。

 さて、今回は下記の変更を加えてみました。

 ・行番号を3桁に対応させた。
 ・完了分(読み終わったもの)のみを表示させるオプション追加

詳細は過去の記事を参照ください。特に、バッチファイルの動作環境などは(1)、メモファイルの記法は(2)のとおりです(記述を手抜きしてます)。

(1)読む予定の本や図書館から借りる本の管理
(2)読む予定の本や図書館から借りる本の管理 その2

1.バッチファイルの起動
 ・BOOK.BAT     オプション無しだと管理用リストの出力(通常の使い方)

 ・BOOK.BAT 1      オプション1をつけると、項目名のみの表示

 ・BOOK.BAT 2    オプション2を付けると完了したもののリストを出力

 

2.画面例
  オプション無しで起動した場合の管理リスト出力です。book.txt の行番号が3桁までは桁をそろえて表示します。

Book21

 

オプション2で起動した場合の画面です。完了した本だけの一覧を表示します。

Book22

-------バッチファイルモジュール-----------------------

   「BOOK_R2.BAT」

最新版の記事、モジュールは下記です。(2010-07-04 追記)
  読む予定の本や図書館から借りる本の管理 その4

---------------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

携帯電話の鳴き比べ

2010-06-15(火)晴れ、のち曇り、のち小雨

 鳴き比べというと、オーディオではよく、スピーカーとかアンプなどの比較試聴などを行いました。アンプではトランジスタと真空管、真空管だと3極管、5極管の3極管接続、UL接続とか、トランジスタではA級動作とかかB級動作とか。
 或いはレコードプレーヤとか、そのカートリッジなどもそうで、ベルトドライブ(中には糸ドライブなんてのもあったようです、試聴したことはないけど)やダイレクトドライブ、カートリッジではMM型とかMC型とかですね。
 一番、音に影響するのはスピーカーでしょうか。

 どれも明らかに音が違いますが、いちがいに、どちらが良いとかいうことでもなく、音楽によってはそれぞれの特徴が生きるものがあるので難しいところです。

Dsc02870a

 で、話がそれましたが、先日借りてきたオルゴールのCDを携帯電話に入れたので、どの携帯電話で聞くのが良さそうか比較してみました。これは、あくまで携帯電話のスピーカーでの試聴です。外部接続のイヤフォンとかヘッドフォンを使うと、大きく変わってくるのは明かです。通常の音楽でも、内蔵スピーカーよりイヤフォン、イヤフォンよりは、大きなヘッドフォンがよいのは経験済みです。

 上の画像の4機種で言うと、結論としては
   (1) Nokia 5700 XM
   (2) X02NK (N95)
   (3) Nokia 5800XM
   (4) E52
の順でした。素直に、内蔵スピーカーとその穴の大きさのとおりでした。ただ、高音だけで言うと E52 がきれいな音かもしれません。

 あとは、オルゴールを携帯電話で録音してみたのですが、X02NKの内蔵の録音機能は、若干苦しいものがありました(レベルコントロールが効き過ぎてしまうのか、音がうねってしまう)。E52はきれいに取れました。
 それぞれ、得手不得手があるようです。うまく使い分けるのが良さそうです。

因みに現在の使い分けは
 X02NK  :メインの携帯 電話やメール、地図など
 5800XM :Pythonアプリのソースファイル閲覧など
 5700XM :香港での通話メイン携帯、あとは音楽用
 E52      :青空文庫の読書、写真、sports Tracker

 まあ、こんなに分ける必要はないのですが、無理矢理使い分けているような気もします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

お、今日は誕生日、、

2010-06-14(月)雨、のち曇り

 お、今日は誕生日でした。携帯電話の Calendar に入っていて表示されていました。まあ、今更、誕生日がどうの、というのも気がひけるような回数ですけど(笑)。とはいえ、考えてみたら、人生の節目、、(大げさ)の回数ですなあ。どういう節目かは書きませんが、、、。

 ということで、ビールを飲んだら面倒になってしまい、PC関係のネタは次回持ち越しになってしまいました。まあ、のんべんだらりと、緩やかに続けるのが特徴のブログです(はい)。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

小さな恋のものがたり

2010-06-13(日)晴れ、のち曇り

 最近、20~40年くらい前のコミックにはまっています。要は、幼い頃というか若い頃というか、昔読んだ/または目にしたことがあるコミックに興味がわいているわけです。1世代上の方が、「さざえさん」の本を手にするようなものでしょうか(かな?)。

 図書館の蔵書にあり、遠くの公民館の書棚にあることは分かっているのに、中央図書館の棚では長いこと見かけなかった(いつも貸し出し中)のですが、今日見たら珍しく第1巻が置いてありました。思わず、借りてしまいました。

Dsc02868a

 子供(或いは生徒のころ)の心を無くした目で見れば、他愛もないというかちょっとした話の積み重ねですが、登場人物と同じ頃の年代で見れば、なかなか心に迫るものはあるでしょう。また、話と話の間にあるイラストとポエムは、なかなか心にしみます。こんな詩が書けたら嬉しいなあ。

 この本は、図書館版となっていて、たしか10巻くらいまであるはずです。(今、WEBから図書館の蔵書を検索したら、10巻までありました。)
 暫くちょろちょろと読んでみましょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

CDのオルゴール2

2010-06-12(土)晴れ

 昨日のオルゴールCDを聞きながら解説を読んだら、オルゴールCDにも種類があるんですね。昨日の2枚は、それぞれ種類が違いました。

 第1(1枚目)は、オルゴールを演奏させて、そのまま録音したものです。従って、ゼンマイの音とか色々な機械部分の稼働音(言うなればノイズ)も入っています。しかも、振動弁の音だけでなく、オルゴールに使われている色々な音(太鼓とかラッパとか)も入っています。

 第2(2枚目)は、音源はオルゴールの振動弁ですが、音楽そのものはオルゴールではないです。即ち、オルゴールの振動弁の1枚1枚の音をデジタル録音しておいて、オルゴールのピンの楽譜にあわせてデジタル演奏させて録音したものです。従って、ノイズが無くて非常にきれいな音です。ただ、ちょっと味気なくて、昨日書いたように、ガラス棒音楽に似て聞こえます。

 とはいえ、2枚目はBGMとして流しておくには良いかもしれません。夜、お酒を飲むときなどには良いでしょう。家のステレオで聴くと低音、高音も出て良いのですが、手軽に聞くことができるように携帯電話にも入れました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

CDのオルゴール

2010-06-11(金)雨、曇り

 CDのオルゴール、、というのも変ですね。オルゴールのCDを借りてみました。図書館にはCDも数多く置いてあります。一度に借りられるのは2枚ですが、無料ですから、今後は利用してみようと思います。ジャズのCDを検索しているときに、オルゴールのCDが目にとまったので借りてみました。

Dsc02867a

 響きもよく、オルゴールの音楽の雰囲気もよく出ています。なかなか良いのですが、、、何となくもの足りません。何故かなあ、、と考えてみましたが、やはりオルゴールというのは実物を聞くのが良いみたいです。たとえ、どんな小さなオルゴールでも、目の前で実物がなっているのがいいのでしょう。

 何曲も聴いていたら段々、ガラスをならして奏でる音楽と区別がつかなくなってきました。難しいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

google.co.jp にがっかり、、

2010-06-10(木)晴れ

 う~ん、夜PCを立ち上げて、ブラウザを起動したらホームの画面(google.co.jp)の画面が変わっています。

Google01

 何か、余計な画像が表示されて文字も見にくいです。また、画面に表示されていたサービス一覧もでません。そして、何より表示速度が遅くなりました。以前の、すっきりした画面は何処へ行ったのでしょう。しかも、画像は選べるけど、画像無しは選べません。
 すっきりした画面への戻し方が分からなかったので、ヘルプのアンケートで、「この情報は役に立たない、なぜなら以前のすっきりした画面への戻し方が分からないから、、」と送信してしまいました。

 ホーム画面に(他の検索画面ではなく)googleを使っていたのは、あのすっきりした画面が良かったからです。色々やったけど画像から逃げられないので、これだったらYahooの方が見やすいかもしれません。

 とりあえずは、beta の https://www.google.com を使うことにしました。

Google02

 全く、「小さな親切、大きなお世話」的な変更(やっている人たちは、機能拡張とかサービスの拡充とかいうんですが)が多くて嫌になります。

 ただ、ひとつ役に立ったのは、今夜はブログのネタに苦しんでいたのですが、この記事が書けたのだけが救いです(苦笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

音質マイスター講座 LP、EPレコード編

2010-06-09(水)曇り  (次の日のアップです)

 今夜は定例のギターサークルの練習をさぼって、ケンウッド有楽町ショールームで行われる「音質マイスター講座」に行ってきました。「音質マイスター講座」は2ヶ月に一度、行われています(催し物案内は、ケンウッドのWEBサイトに載っています)。

 最近の内容は、今回で4回ぐらい「アナログレコードを聴く」シリーズになっています。過去3回はLPレコード(33回転)を聞きました(注1)が、今回はLP(33回転)とEP(45回転)のレコードを聞き比べてみようというものです。

 注1:前回だったか、1枚だけ30cm盤で45回転のレコードを聴いたことが
    ありましたが、後はLP(33回転板だけです)。

 まず、スイングジャーナル誌推薦のCDを聞きました。なお、スイングジャーナル誌は今夏で休刊だそうです。通常、復刊と言うことは難しく、休刊と言うことは、出版業界で言えば、これでなくなるということでしょうか。ちょっと寂しいですね。

 次ぎにジャズレコードコレクターの方からお借りしたLPレコード、EPレコードで、同じ音楽を二つのレコードで聞き比べてみます。そのコレクターの方が、レコードを出しながら紹介してくれます。

Dscx1006a

 視聴中の一こまです。中央右寄りに、大きさの違うジャケットが並べてありますが、左がLP盤、右がEP盤です。いくつものレコードを聴きました。聞き比べると若干違うかな、どうかな??と思うのですが、残念ながら私の耳では、しかとは分かりません(注2)。ただ、どのレコード、どの音楽でも、こちら側がいい(例えば45回転の方が必ず良い)、、とは一概に言えないようです。この辺が難しいところです。

 注2:私の耳の場合、音質より曲の好みに引きずられてしまうようです。好きな曲なら
    トランジスタラジオで鳴っているのでもOKという、、、。

 今回のアンプの電源ケーブルには、特殊銅に金メッキや特殊表面処理をした、凄く太いケーブルを使っていました。新製品で、電源ケーブル(3~5m)で7万円とか言っていました。開発・販売している会社の方も来ており、そこから借りて試用しているようです。
 「一般家庭やいい加減なビルでは、コンセントまでの電源配線がプアーだから、これほどのケーブルが要りますかね(売れますかね)」と、音質マイスターに聞くと、効果があるのはケーブル部分だけではなく、アンプとケーブルのコネクタ部分がしっかりしているものは、その部分の共振が無くなるから、効果はあるのだそうです。奥が深いものです。

 次回は8月4日だそうです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

読む予定の本や図書館から借りる本の管理 その2

2010-06-08(火)曇り、のち一時雨

 読みたいと思った本、次回借りようと思った本、図書館から借りた本の返却期限、などを管理するのに使い始めたバッチファイル「BOOK.BAT」を修正してみました。バッチファイル方式だと、こうしたい、ああしたいと言うときに、手軽に変更できるのが便利です。

 前回の大元の記事はこちらです。「読む予定の本や図書館から借りる本の管理
 使用法や環境の詳細は前回の記事のとおりです。

 今回弄ったのは、コメントにしたい行の記法と、項目行のみ表示する機能を設けてみました。

管理用の元データとなるテキストファイル例です。

Book11

記法は以下の通りです。
(1)これから読む本は、先頭を"#"にします。
(2)図書館から借りて、返却期限が決まったものは、"#" の後に年月日を記入します。
   2010-06-01 のフォーマット
(3)項目名などにしたい行は先頭を"■"または"-■"にします。
   これらの行は項目行として、若干特別に処理されます(下記の(7)などです)。
(4)見やすくするため挿入する行や単なるコメントにしたい行は、先頭を"-"にします。
(5)先頭が"-"の行は、先頭の"-"を削除して表示します。
(6)完了した本は先頭を"v"にします(実際は"#"、"■"、"-"以外なら何でも可)。
   この行は、出力リストに出ないように処理されます。
(7)項目行のみ表示する機能を設けました。
   「BOOK.BAT 1」と、バッチファイル起動時にオプション"1"を付けて起動します。

 これを「BOOK.BAT」をラン(オプション無しで起動)させて処理すると、次のようになります(この処理の出力は、以前と同じです)。

Book12

 「BOOK.BAT 1」と、バッチファイル起動時にオプション"1"を付けて起動すると、次のような出力になります。

Book13

 項目行のみの表示になります。「目的の項目」の本を重点的に見たい場合に便利です。

---------  バッチファイル ----------------------

「BOOK_R1.BAT」

最新版の記事、モジュールは下記です。(2010-07-04 追記)
  読む予定の本や図書館から借りる本の管理 その4

---------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

懐かしいコミックス

2010-06-07(月)晴れ

 図書館へ本を借りに行ったとき、棚からコミックスを見つけては読む癖がついたからか、最近ちょっとコミックスを読んでいます。そういえば、家の中にも隠れたコミックスがあるよなあ、、と引っ張り出してみました。

 隠れた、、と言うのは、昔々本棚が足りなかったため、本の裏側にも本を入れたので、目につかない本やコミックスがあるはずなのです。家の年数とを考え合わせると、15~20年くらい隠れているはずです。一番手近の本棚の本を、ごそっと取りだしてみたら、後ろ側から、こんなのが出てきました。

Dsc02864a

 題名が見えないですね。拡大すると、、

Dsc02865a

 懐かしい、青春スポーツもの??それとも、学園ものですかねえ。これより後のものに多い、戦うとか殺し合う、、なんてところがないのが良いですね。穏やかな、ふんわりしたところが良いのでしょう。連載時に読んだのですが、所々抜けて曖昧なところがあったので、まとめて買ったような気がします。

 ただ、連載時とコミックスになったものでは、若干違うところもあるような気がします。同じ時期に両方あるわけではないので定かではありませんが。多分、コミックスにするとき、若干手直しが入ったのでしょうか。

Dsc02866a

 こんなのも並んでいました。さすがに、このあたりまで来ると、ちょっとおとなしすぎますかねえ。多分、読み直さないなあ。

 と言うことで、図書館の棚や家の本棚を漁っては懐かしがっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

最近は「さらし」を売っていない店もあるなあ

2010-06-06(日)晴れ

 と、あるものを作ってみようと「さらし(さらし木綿)」を買いに、生地や糸やボタンを売っている店に行ってみました。一軒目では置いてありませんでした。最近では使い道が減って売れないから置いてないんですね。プリントものというか、染めたのはあるんですけど。昔は、「さらし」はよく使われたから、何処でもあったように思います。(一番の消費はおむつでしょうね。最近は紙おむつになったからなあ、、。)

 スーパーの中にある、比較的大きめのショップに行ったら置いてありました。でも、売れる事は殆どないのか、店員さんも置いてあるところを忘れていて、一緒に探してしまいました。でも、何とか探して買ってきました。置いてあるのは5m巻きのものですと言われて、高かったら困るなあ、、と思ったら、意外と安くてほっとしました。

Dsc02863a

 切れる裁ちばさみも裁ち包丁もないので、使わなくなったまな板と良く切れる包丁で切ってみました。代用できるものは、何でも使う、、。ま、昔風の生活が染みついています。

 ということで、無事入手できました。後は作るだけ、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

駅前から弘法山の登り口までうろうろ

2010-06-05(土)曇り

 出かけるのが遅くなったので遠出も出来ず、駅前あたりをうろうろしたウオーキングです。歩くには丁度良い位の陽気です。あまり暑くもなく、寒くもなく、、。

E52p088a (E52)

 駅前の「まほろば大橋」では、何やら賑やかな音がしていました。橋を渡っていって見ると音楽教室のデモ(生徒募集ですね)でした。他のパートは機械で流して、ドラムス部分を賑やかに演奏しています。お祭りなどの時にも数名で演奏していますが、今日は先生一名のドラムスだけです。でも、聞いているとなかなかの腕前です、先生だけあるなあ。もう一名の方が、さっとパンフレットを渡してくれましたので、パンフレットを戴きましたが、残念ながら参加は出来そうもありません。とりあえず、ギターサークルで手一杯かな。

E52p089a (E52)

 もう少し歩くと、弘法山の登り口です。こちらからは、2年くらい登ったことがありません。結構急な階段状の登り道なんですよね。山は、深い緑に覆われています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

家の手入れ--シロアリ対策消毒

2010-06-04(金)晴れ

 ずっと、延ばし延ばしにしてきたシロアリ対策の消毒を、やっとやりました。5~7年に一度くらいやった方が良いとか言われますが、費用も結構高いので、ついつい延ばして来ましたが、さすがにやらざるを得なくなりました。

 前回は、シロアリ被害が見つかったので、即日に来てやって貰いました。被害は、玄関の柱の上に被せている化粧板(柔らかい板)が、地面から入ったシロアリに食われていました。夜、静かなときに聞いたらシュワシュワと音がするので気がつきました。凄いものです。

 それから12年、いくら何でも前回の効力は切れています。先日、裏の2軒のお宅が実施しました。もし、近所にシロアリがいたら、消毒していない我が家に飛んでくる恐れがありますので、やっと重い腰(お尻か)をあげました。

 何とか、立て替え無しで逃げ切りたい(即ち、一生、この家だけですませたい、、)と思っています。友人も同じようなことを言っていました。こまめに手入れしないといけませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

柔らかなオルゴールの響き

2010-06-03(木)晴れ

 たまーに出してきて聞くものがあります。それはオルゴールの子守歌です。昨日、携帯電話のケースを格納している引き出しを整理したときに、下の引き出しに入れてあるオルゴールを出して見ました。
 すると丁度、読売新聞、夕刊にオルゴールの記事が出ていましたので、それを読みながら何回も聞いてみました。

Dsc02862a

 オルゴールの記事(読売新聞 6月2日 夕刊)です。世の中には色々なオルゴールがありますが、あまり大層なものは入手は出来ないので、こういう記事でみて楽しむだけです。

Dsc02861a

 唯一持っているオルゴールです。35年前くらいでしょうか、結構気合いを入れて購入した記憶があります(当時としては値段が高かったので、、)。

Dsc02860a

 中は、こんな感じです。弁(振動して音を出す、櫛の歯のようなもの)が80枚くらいです。この位になると、かなり複雑な演奏が出来ます。昨日の合奏の話ではないですが、ぐっと下の低音から高音までありますし、音の数から言うと独奏ではなく合奏のような趣です。

 曲は子守歌が3曲です。ブラームスの子守歌、眠りの精、あとひとつは、、、う~ん、子供の頃よく聞いた曲だけど題名が出てこない、、。

 最近は電子的な音の音楽も多いですが、オルゴールの素朴な音は、聞いていてほっとする感じがします。床におくと音が響いて、部屋中に響き渡ります。また、小さなものを買ってみようかなあ、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとまってきたギター合奏

2010-06-02(水)晴れ

 毎週1回、練習にゆくギター合奏ですが、前回までは、仕事の関係で参加できていなかったパートのメンバーがいました。今夜は、やっと全パートがそろいました。

   課題曲:ジュ・トゥ・ヴー(エリック・サティ)

 今までいなかったのが、最低音のコントラバスとアルト・ソロ パートです。やはりコントラバスが入ると、ベースがぐっと引き締まります。

 メインのメロディはアルト ファーストやアルト セカンドにありますが、所々に修飾的に入るメロディがアルト・ソロ パートにあります。オブリガートでしょうか。これが入ると、音楽が楽しく聞こえるようになります。もっとも、始めの頃は、思わずオブリガート パートに引きずられたりしてしまいました。

 ところで、今回の曲から参加した新人(女性2人)は、なかなか上達が早くて、どんどん弾いています。私が時々こけても、メロディが切れないのは新人のおかげです。
 まだまだ、練習が足りないようで、、、(汗)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

読む予定の本や図書館から借りる本の管理

2010-06-01(火)曇り、のち晴れ

 新聞の広告で見て、読みたいと思った本/図書館で見つけて、次回借りようと思った本/図書館から借りた本の返却期限、などを管理するのに、タグスケ(注1)の方法を利用してみました。

 注1:タグスケとは、あかべこさん作の、スケジュール管理の方法というかアプリです。
    詳細は下記にあります。

      

あかべこさんのタグスケページ

      私のタグスケページ

 今までは、小さなメモ用紙に書いて管理していましたが、色々と不都合がありました。長いこと持っている紙片はボロボロになったり、再整理のために書き写したりと面倒です。
 そこで、HP200LX を使い、タグスケの方法で管理してみました。
 まあ、DOSで動かすことを基本に考えていますから、いまさら使う方はいない方法ですが自分のメモとして書いてみました。

管理方法:
(1)BOOK.TXT というテキストファイルに、借りたい本や読みたい本のメモをVZエディター
  で記入する。
(2)BOOK.TXT をBOOK.BATで処理して、見やすいリストを出力します。

以下は、例の画像です。

Book01

BOOK.TXT は上図のように、一冊1行で本の題名などを記入します。これは、必ずしも1行でなくても構いません。先頭が"#"、"■"、"-"以外なら出力されないので、メモとして記入できます。

記法は以下の通りです。
(1)これから読む本は、先頭を"#"にします。
(2)図書館から借りて、返却期限が決まったものは、"#" の後に年月日を記入します。
   2010-06-01 のフォーマット
(3)項目名などにしたい行は先頭を"■"にします。
(4)見やすくするため挿入する行は、先頭を"-"にします。
(5)完了した本は先頭を"v"にします(実際は"#"、"■"、"-"以外なら何でも可)。
  この行は、出力リストに出ないように処理されます。

このファイルをBOOK.BAT で処理すると下図のようなリストが出力され、VZエディタで表示されます。

Book02

 返却期限が入っているものは先頭に集め、年月日順にソートして表示します。完了したもの(先頭が"#■-"でないもの)はリストに出ないようにします。編集したい本の行にカーソルを移動して、シフト+F10を押すと、BOOK.TXTを開いて、その行に移動します。これで、簡単に編集ができます。

 

処理のためのバッチファイル「BOOK.BAT」はこれです。 「BOOK.BAT」

  (注:最新版の記事、モジュールは下記です。(2010-07-04 追記))
  (   読む予定の本や図書館から借りる本の管理 その4    )

このバッチファイルは以下の環境を前提としています。
(1)「BOOK.TXT」を作成して C:\BOOK ディレクトリにを入れる。
(2)パスの通ったディレクトリ、またはC:\BOOK に下記ファイルをいれる。
   BOOK.BAT
   SED.EXE
   IZGREP.EXE
   SORTF.EXE
   VZエディタ

  SED.EXE/IZGREP.EXE/SORTF.EXE の入手先は、先頭に書いた「あかべこさんのページ」を参照して下さい。

 暫く使ってみていますが、紙片よりは便利かなと思っています。簡単に記入、編集できたり、バッチファイルも使いやすいように改造できるのが便利です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »