« 第61回全国植樹祭 | トップページ | 似て非なる音楽 »

2010年5月24日 (月)

図書館のコミックス

2010-05-24(月)雨

 コミックスの雑談です。下に出てくる作品、両方読んでいる人にしか分からないローカルな話題ですが、、、。

 図書館では、普通の本を借りるついでにコミックスなども借りて読んでいました。最初は、なんでコミックスなんかあるのかなと思ったのですが、手塚治虫あたりだと違和感はないですね。

 とはいえ、そんなに沢山/色々な作者の本があるわけではないので、段々選択範囲が狭くなってきます。で、こういうのを借りてみました。

Dsc02838a

 まあ、収録作品の元々の掲載雑誌からいうと少女向け漫画ということになるのでしょうか。ただ、我々の子供の頃の感覚からいうと、必ずしも少女向けとは言い難いところがあります。20~30年前くらいに、少年向けというと「おんどりゃ~、ドワー、、、、」というような路線になりましたが、それ以前でいえば「手塚治虫、石森章太郎、ちばてつや、、、」氏達の作品は、かなりおとなしいものが少年向けにありましたから、、(いつ頃のこと??と言われそうですが)。

 さて、この本を読んで思い出した本があります。

Dsc02839a_2

 ポーの一族です。何故か、、、というと、両方とも「バラや時間」が縦糸に近い感じででて来るからです。(ポーの方は、バラを縦糸とはいいにくいですが、重要な位置を占めています。)

アレックス..:バラを縦糸に、タイムマシンによる話の展開
ポーの一族 :不老の吸血鬼一族の長い生涯と、頻繁にでてくるバラ

というところでしょうか。

アレックス、、、の下図の場面などは、ポーの一族の「ポーの村」や「グレンスミスの日記」を思い出しました。

Dsc02840a

 ところで、どちらもアンハッピーエンドな話の流れで、何となく物寂しさが胸の中に残ります。それが余韻を残すといえば言えますが、ベタベタなハッピーエンドが好きな私としては、ちょっと寂しさが辛い、、。物思う秋には読まないで、活動的な夏に読む方が良いかもしれません。

 

|

« 第61回全国植樹祭 | トップページ | 似て非なる音楽 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

漫画・マンガ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/48448978

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館のコミックス:

« 第61回全国植樹祭 | トップページ | 似て非なる音楽 »