« 久々の古道、善波峠 | トップページ | 改編版 ミュータント・サブ (コミック) »

2010年5月 4日 (火)

5800XM で WFvirtualKeyboard_0.9.4.mod その3

2010-05-04(火)晴れ

 先日2回にわたって書いた、5800XM用WFvirtualKeyboardのキー設定を弄る件の続きです。キーの色とか表示とかを若干弄りました。概ね、これで終了かなと思います。

モジュールは、記事の最後に貼り付けました。

 前回の記事 5800XM で WFvirtualKeyboard_0.9.4.mod その1
         5800XM で WFvirtualKeyboard_0.9.4.mod その2

 弄った内容の概要としては、下記(1)~(4)のとおりです。元となる「V_K_v2_m4 (English)」の仕様は前回の記事(第2回)を参照して下さい。なお、以下ではサフィックスの部分(m4等)の部分だけの表記で書きます。

(1)キーの種類としては、全てm4と同じです。

(2)左右矢印キーの表示を全キーパッドについて「◄ ►」のものと「←→」のものに
  分けました。 Nokia 携帯のフォントやその他のフォントでも、「◄ ►」が入っていない
  フォントが多く文字化けするためです。

(3)IM_Keysの高さを若干高くしました。本来の左右ソフトキー部分が余り露出しない
  ようにして、誤操作を防ぐためです。幅がありすぎると思う場合は、ドラッグ可能
  版で下へ寄せることで対応すればいいかなと思いました。

(4)バックグラウンドの色を濃く、透過度を下げた版を設けました(m6シリーズ)。
  オリジナルのものは透過度が高く、アプリの画面によっては見えにくいときが
  あるためです。

以上の内容を表にしてみました。(表はクリックすれば大きくなります)

V_k_v2_m_spec1

 自分自身としては m6 か m6m の併用で良いかなと思っています。

以下に、いくつかのスクリーンショット比較を載せてみます。その他のスクリーンショットは、前回の記事も参考にして下さい。

 まずメニュー画面です。左が、オリジナルやm4、m5シリーズの画面です。右がm6シリーズです。黒い画面では右の方が見やすいと思います。

Scym0084  Scym0087

 次はエディタ画面でのキーです。左がm4、m5シリーズで右がm6シリーズです。

Scym0085  Scym0088

Scym0086  Scym0089

 今日も図書館で5800XMを使って設定ファイルのリストを見るときに、このキーボードを使いましたが見やすくて、外付けキーボードが無くても簡単に操作できるので重宝しています。

-------- モジュール ---------------------------------------

 「V_K_v2_m1_m6_set.zip」

使用法:
 解凍した v_k_v2_m1 ~ m6ma フォルダのうち使用したいものを、そのまま
 c:\System\App\WF_VirtualKey\skin フォルダに入れて下さい。
 (これは WFvirtualKeyboardを C: にインストールした場合です。E:\のほうに
  あるかもしれません。)
 複数のフォルダを入れておくことが出来ます。
 WFvirtualKeyboardを起動して設定メニューを選ぶと、全てのフォルダが一覧に
 出てきます。

------- フォーラムなど -----------------------------------------

 Virtual Keyboardダウンロード(フォーラム)
 Virtual Keyboard 0.9.4 Mod.Unsigned
 v_k v2が出てくるスレッド

----------------------------------------------------------------

|

« 久々の古道、善波峠 | トップページ | 改編版 ミュータント・サブ (コミック) »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/48267756

この記事へのトラックバック一覧です: 5800XM で WFvirtualKeyboard_0.9.4.mod その3:

« 久々の古道、善波峠 | トップページ | 改編版 ミュータント・サブ (コミック) »