« PyAoMobi 青空文庫ルビタグ処理スクリプト (3) | トップページ | 真冬並みの陽気 »

2010年4月14日 (水)

鋭い新人

2010-04-14(水)晴れ/曇り

 先週はさぼったので、2週間ぶりのギター合奏の練習に参加しました。先月末でしたか、今年の新曲の楽譜が来たので、その練習に入りました。

Dsc02820a

 ジュ・トゥ・ヴー (エリック・サティ)です。私は、新人の女性、あと準若手(私よりは若いけど、世間的にはどうか、、という意味です(笑))と、一番上のパートです。メロディが目立つパートです。

Dsc02819a

 弾く場所(弦と押さえるフレット)を合わせるために、楽譜に運指を書き入れて同じパートの人に配りました。で、練習です。新人に教えて、その後みんなと合わせます。

 新人は、まだ指がついていかないので途中で弾けなくなるのですが、その場合咄嗟に歌って、楽譜を追っています。と、その時、、、そこ、音がずれてます!!と言われてしまいました。私も慣れてないから弾き間違いだろうなと思ったのですが、何回弾いても言われます。で、チェックしたら、、、運指を書いたときに、途中から#が無くなっているのを見落として、数小節間、いくつかの音がずれていました。

いや~、鋭い新人だ。小さい頃ピアノをやっていたというから、楽譜と音には敏感みたい。それに、私も弾き損じて曲から外れたときに、新人の歌でパートに戻れたりして、ちょっと冷や汗ものでした。う~ん、練習していかないと、毎回冷や汗だな(笑)。

 

|

« PyAoMobi 青空文庫ルビタグ処理スクリプト (3) | トップページ | 真冬並みの陽気 »

ギター」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/48091270

この記事へのトラックバック一覧です: 鋭い新人:

« PyAoMobi 青空文庫ルビタグ処理スクリプト (3) | トップページ | 真冬並みの陽気 »