« PyAoMobi 青空文庫ルビタグ処理スクリプト (4) | トップページ | 分からん、、ファイルの順番 »

2010年4月19日 (月)

枕の調整

2010-04-19(月)晴れ

 先日テレビを見ていたら、枕の問題を扱っていました。枕外来だか睡眠外来だかは忘れましたが、枕を調整して睡眠を改善するものです。その放送での実例、全てそんなにうまく行くかどうかは別にしても、あの凄い無呼吸症候群が改善したのは、見ていてほっとしました。なんか、見ているこちらが同情してしまうほどひどかったですから。

 以前も、どこかでみて自分の枕の改善を図ったことがあります。まずは、何種類も購入しました。羽根枕風ふわふわ/平べったい堅いやつ/丸くて長いやつ/普通の枕などなど、、。どれも、いまいちでした。

 どれもしっくり来なくて、自作したのもあります。枕は平べったくて、少し堅めが良いとか聞きました。古い枕を壊してそば殻を取りだし、平べったい袋を作り、枕にしました。高さは座布団で調整したのですが、うまく行きませんでした。で、今回見ていて気がつきました。自作枕のとき、高さの調整に座布団を使ったのがまずかったようです。

 それは、(1)高さの微妙な調整が難しい/(2)柔らかすぎて頭が沈み、寝返りが打ちにくい、、の理由によるものらしいです。

 そこで、テレビでやっていたように堅めのタオルケットとかバスタオルで調整してみました。

Dsc02821a(下が自作の平らな枕、上にタオルなど重ねる)

(1)バスタオルなどの折り方で、1枚とか2枚の単位で高さを調節する。
(2)寝返りしたとき、頭が無理なくごろごろと転がって寝返りが打ちやすいこと。
(3)高さは、横に寝たときに顔の中心線が水平で、身体の中心線と一直線になること。

が重要だそうです。で、やってみました。最初の夜はバスタオル4枚折りで、ちょっと低かったようです。で、次の日は6枚折りにしたら、なかなか具合が良くなりました。あとは、布団を変えたら(身体の沈み具合などに応じて)再調整すれば、快適な睡眠がまっている、、と信じています。冗談抜きで、今までの中で一番良さそうです。

 

|

« PyAoMobi 青空文庫ルビタグ処理スクリプト (4) | トップページ | 分からん、、ファイルの順番 »

健康関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/48129792

この記事へのトラックバック一覧です: 枕の調整:

« PyAoMobi 青空文庫ルビタグ処理スクリプト (4) | トップページ | 分からん、、ファイルの順番 »