« Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その4 PyDMViewer | トップページ | 5700XMのAllFiles化とiSMSのインストール »

2010年2月 5日 (金)

SMSをスレッド表示 Free-iSMS

2010-02-05(金)晴れ

 ちょっと(大分?)遅い話題ですが、偶然面白いアプリを見つけました。それが、題名の Free-iSMS SMSをスレッド表示するアプリです。色々のアプリを出しているjunnikokuki氏(?)のアプリです。

 ダウンロードはここから入って1.02を落としました。他サイトには、もっと後のバージョンもありますが、ライセンスが云々、、といわれて機能は制限した内容でしか動かないようでした。

 http://www.symbian-freeware.com/download-free-isms.html
 

Sscx0598_2 Sscx0599

 以前から、SMSの受信箱と送信済み箱の内容を会話形式に表示してくれる、簡単なアプリがないかな、、と思っていました。
 E-Mialですと、CCで自分にも送っておけば、受信箱に順番にはいるので(題名をキーに)順番に読むことが出来ます。しかし、SMSですと題名がないので、色々な人のものがごちゃ混ぜになって読むしかなくなります。Pythonで簡単なアプリを作ろうかな、、と思っていました。

 アイフォーンではスレッド形式で表示ししてくれるアプリがあって良いなあ、、と思っていたら、このアプリに行き当たりました。見かけはアイフォーンのと全く同じ感じです。

 なお、いずれも unsigned のモジュールのようです。UIDの関係でopen sign もできないので、いまのところゴニョゴニョした携帯電話でないとインストール出来ないみたいです。

 インストール後、同期しますか?と聞かれるのでYesで応えるとメールボックスの内容を読み込みます。一番上の左の画像は、それを相手毎のリスト形式で表示した ところです。相手を選ぶと、右のように内容がスレッド形式で表示されます。

 なお、読み込んだメールは、意図的に消さない限りFree-iSMS内には残ります(メールボックス側で消しても、こちらには残っている)。即ち、過去のメールを保存して行かれるわけです。Free-iSMSで消すと、メールボックス側も消えます。

 従って、最初に同期してからのメールの管理はFree-iSMS側で行えばよいと思います。(SMSを受信すれば、即座にFree-iSMSにはいります。)

 

|

« Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その4 PyDMViewer | トップページ | 5700XMのAllFiles化とiSMSのインストール »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

使ってます、これ。
表示が面白いですよね。
Nokia謹製のConversationもSMSが電話帳に
統合されるので便利ですけれど。
SMSの保存にはSMSExportを使ってます。

投稿: POLYLOFT | 2010年2月 6日 (土) 11時28分

どもです。開発時期から言うと、大分遅い発見になってしまいました。が、面白いですね、これは。
ただ、それほどSMSを使っていない、、というのが現状です。日本ではSMSは冷遇されたますよね。
以前考えていた、Pythonでの表示に取りかかかりました。実用性がないのに頑張る、、悪い癖がでました。

投稿: masa | 2010年2月 6日 (土) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/47485946

この記事へのトラックバック一覧です: SMSをスレッド表示 Free-iSMS:

« Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その4 PyDMViewer | トップページ | 5700XMのAllFiles化とiSMSのインストール »