« PySMSViewer 「SMSをスレッド表示で読む」 (2) | トップページ | PySMSViewer 「SMSをスレッド表示で読む」 (3) »

2010年2月28日 (日)

タッチパッドの誤動作

2010-02-28(日)雨、曇り、時々晴れ

 最近では、図書館へネットブックのEee PC 900を持って行くのですが、困っていることがありました。よく、テキストを入力中に、カーソルが勝手なところへ飛んでしまうのです。だから、(書いた内容が変なところに入ってしまって)文章がおかしくなるのです。

 多分、これはタッチパッドのせいだろうと思って、厚紙を載せたりして使用していましたが、多少の改善程度でした。で、本気になってタッチパッドの無効化をするべく、コントロールパネルの中を探し回りました。

 結論としては、タッチパッド何とかのプログラムを見つけて開き、中でタッチパッド無効の設定をしました。もちろん、マウスを持たないで出かける前には設定を戻さないといけないんでしょうね。

 これでテキスト入力中に、いらいらすることは無くなりました。この記事を書く前にWEBを検索したら、結構同じ悩みを持った方がいるんですね。物事は便利なのか、不便なのかは紙一重のところにあることを知りました(大げさ、、、)。

 

|

« PySMSViewer 「SMSをスレッド表示で読む」 (2) | トップページ | PySMSViewer 「SMSをスレッド表示で読む」 (3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/47690051

この記事へのトラックバック一覧です: タッチパッドの誤動作:

« PySMSViewer 「SMSをスレッド表示で読む」 (2) | トップページ | PySMSViewer 「SMSをスレッド表示で読む」 (3) »